ゴットホルト・エフライム・レッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴットホルト・エフライム・レッシング
Gotthold Ephraim Lessing.PNG
レッシングの肖像
誕生 1729年1月22日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国カメンツドイツ語版
死没 1781年2月15日(満62歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ブラウンシュヴァイク
職業 詩人劇作家思想家批評家
言語 ドイツ語
国籍 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
代表作 賢者ナータン
処女作 『若い学者』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ゴットホルト・エフライム・レッシングGotthold Ephraim Lessing, 1729年1月22日 - 1781年 2月15日)は、ドイツ詩人劇作家思想家批評家。ドイツ啓蒙思想の代表的な人物であり、フランス古典主義からの解放を目指し、ドイツ文学のその後のあり方を決めた人物である。その活動は、ゲーテシラーカントヤコービハーマンヘルダーメンデルスゾーンなど当時のドイツ文学・思想に多大な影響を及ぼした。また彼の死後、文学・哲学界でいわゆる「スピノザ論争」がおきた。

生涯[編集]

ザクセン州カメンツドイツ語版と言う小さな町の聖職者の息子として生まれる。ライプツィヒ大学で、医学と神学を学び、その後に著作・創作活動とともにさまざまな職を歴任。まずはベルリンとライプツィヒとで、1748-1760年までには著述家、編集者として働く。18歳にして処女作「若い学者」を上演。1760-1765年にはタウエンツィーエン将軍の秘書として働き、後にドイツ国民劇場で脚本家、指導者として働く。

1766年の著書『ラオコオン』でギリシア美術を論じ、後の美術思想に大きな影響を及ぼす「ラオコオン論争」を起こした。晩年には図書館の司書も勤めた。この図書館司書在任中、知人の牧師ゲーツェ(Johann Melchior Goeze[1])とドイツ文学史上屈指の激しい宗教論争を巻き起こし、代表作でもある「賢者ナータン」の上演のきっかけをつくる。また、生涯を通じて各地へ旅行をし、様々な見聞し、劇作・詩の下地を得る。

1781年に客死。ドイツにおいて、劇作を専門職とした最初の人物でもあった。

作品 (劇作・著作)[編集]

  • 「若い学者」(Der junge Gelehre)(1747) - 独善的な死んだ学問に固執している学者を描く喜劇。レッシングの啓蒙思想のはしりとも解せる。
  • 「ユダヤ人」(Die Juden)(1749)
  • 「フライガイスト」(Der Freigeist)(1749)
  • 「フィロータス」(Philotas)(1759)
  • 「ミス=サラ=サンプソン」(Miß Sara Sampson」(1755)
  • 「寓話集」(Fabeln)(1759}
  • ラオコオン」(Laokoon)(1766)
  • 「ミンナ・フォン・バルンヘルム」(Minna von Barnhelm)(1767)
  • 「ハンブルク演劇論」(Hamburgische Dramaturgie)(1767-1769)著作。
  • 「エミリア・ガロッティ」(Emilia Galotti)(1772)
  • 「反ゲーツェ」(Anti-Goeze)(1778)
  • 賢者ナータン」(Nathan der Weise)(1779)
  • 「エルンストとファルク」(Ernst und Falk)(1778)著作。
  • 「人類の教育」(Die Erziehung des Menschengeschlechts)(1780)著作。

日本語訳[編集]

  • 賢者ナータン 附・人類の教育 大庭米治郎訳.岩波書店,1920. のち文庫 
    • 賢人ナータン 浅井真男訳.日本評論社,1948.世界古典文庫
    • 賢人ナータン 篠田英雄訳.1958.岩波文庫
  • ラオコオン 柳田泉訳.杜翁全集刊行会,1922.
    • ラオコオン 高橋義孝,呉茂一訳.筑摩書房,1942.
    • ラオコオン 絵画と詩歌の限界について 桜井和市訳.生活社,1948
    • ラオコオン 絵画と文学との限界について 斎藤栄治訳.1970 岩波文庫
  • エミーリア・ガロツテイ 悲劇 野村行一訳.岩波書店,1924.
    • エミリア・ガロッティ 他2篇 野島正城 等訳.日本評論社,1949.世界古典文庫
    • 『エミーリア・ガロッティ、ミス・サラ・サンプソン』田邊玲子訳.2006.12.岩波文庫
  • ミスサラサムプソン 悲劇 野村行一訳.岩波書店,1924
  • レッシング名作集 ミス・サーラー・サンプソン(有川貫太郎訳) ミンナ・フォン・バルンヘルム,賢者ナータン(浜川祥枝訳)エミーリア・ガロッティ(南大路振一訳)白水社,1972.
  • ミンナ・フォン・バルンヘルム 喜劇 野村行一訳.岩波書店,1926.独逸文学叢書
    • ミンナ・フォン・バルンヘルム、エミリア・ガロッティ 関口存男訳 世界戯曲全集 第12巻(独墺篇 2) 近代社,1928
    • ミンナ・フオン・バルンヘルム 井上正蔵訳.日本評論社,1949.世界古典文庫
    • ミンナ・フォン・バルンヘルム 小宮曠三訳.1962.岩波文庫
  • 教育と啓示 人類の教育 清水清訳.玉川学園出版部,1932.玉川文庫
  • 寓話と寓話論 中川良夫訳.八雲書店,1947.
  • 寓話 山下肇訳.日本評論社,1949.世界古典文庫
  • 人類の教育 西村貞二訳.創元社,1949.哲学叢書
  • ハンブルク演劇論 奥住綱男訳.玄海出版社,1953 のち現代思潮社.
    • ハンブルク演劇論 南大路振一訳.鳥影社・ロゴス企画部,2003.10.
  • エルンストとファルク 人類の教育 ヨハネのテスタメント(有川貫太郎訳) 世界文学全集 17 講談社,1976.
  • 理性とキリスト教 レッシング哲学・神学論文集 谷口郁夫訳.新地書房,1987.1.

日本語研究書[編集]

  • レッシング 仁科武光 弘文堂書房,1940.教養文庫
  • レッシング伝説 第1-2部 F.メーリング 小森潔,富田弘,戸谷修共訳.風媒社,1968-71
  • 啓蒙時代のドイツ演劇 レッシングとその時代 永野藤夫 東洋出版,1978.6
  • 市民悲劇「エミーリア・ガロッティ」の周辺 奥住綱男 近代文芸社 1993.3.
  • 安酸敏真『レッシングとドイツ啓蒙 : レッシング宗教哲学の研究』(創文社、1998)
  • 渡邉直樹『レッシング 啓蒙精神の文芸と批評』(同学社、2002)
  • 南大路振一ほか『ドイツ市民劇研究』(三修社)

脚注[編集]

  1. ^ なお混同しやすいがドイツ屈指の文豪ヨハン・ヴォルフガンク・フォン・ゲーテとはまったくの別人である。