ブラウンシュヴァイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Braunschweiger Stadtwappen Lage der kreisfreien Stadt Braunschweig in Deutschland
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: 郡独立市
緯度経度: 北緯 52度16分09秒
東経 10度31分16秒
標高: 海抜 75 m
面積: 192.13 km²
人口:

245,798人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,279 人/km²
郵便番号: 38100 - 38126 (旧: 3300)
市外局番: 0531, 05307, 05309
ナンバープレート: BS
自治体コード: 03 1 01 000
市の構成: 20 市区
ウェブサイト: www.braunschweig.de
行政
上級市長: ゲルト・ホフマン (Dr. Gert Hoffmann) (CDU)
多数派政党: CDU、FDP
市庁舎
ハインリヒ獅子公

ブラウンシュヴァイク: Braunschweig, : Brunswick)は、ドイツの都市。ニーダーザクセン州の代表的都市であり、約24万5千人ほどの人口を有する。これは、同州においては州都ハノーファーにつづく規模にあたる。「Brunoの村」の意味(Brunoはブルン1世を指す)。「ブラウンシュヴァイヒ」とも綴られ、英語の発音ではブランズウィック(Brunswick)。


地勢[編集]

ハルツ山地の北方に位置する。土地は肥沃であり農業が盛ん。交通の要所でもあり、商工業も発展している。近隣の都市としては、約25キロほど北東に位置するヴォルフスブルク、40キロほど南西に位置するヒルデスハイム、55キロほど北西に位置するハノーファーなどが挙げられる。

歴史[編集]

中世においては、神聖ローマ皇帝と争ったハインリヒ獅子公の拠点であった。ハインリヒ獅子公の子孫が治めたブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国ではリューネブルクと並ぶ主要都市であり、17世紀よりブラウンシュヴァイク公国の都となり、第一次世界大戦後はブラウンシュヴァイク州の州都であった。第二次世界大戦後、イギリスの占領統治を経てニーダーザクセン州に属することとなった。

文化[編集]

数学者カール・フリードリヒ・ガウスの出身地としても知られる(ちなみに1989年数学オリンピック《日本が選手団を初めて派遣した1990年の北京大会の前年》は、ここブラウンシュヴァイクで開催された)。また、ドイツ最古かつ、ヨーロッパで2番目に古い名門であるブラウンシュヴァイク工科大学 (TU Braunschweig) を擁する。

スポーツ[編集]

Eintracht Braunschweigアイントラハト・ブラウンシュヴァイク)が、ブラウンシュヴァイクを本拠地とするサッカークラブである。1967年には、鉄壁の守備陣の活躍でサッカー・ブンデスリーガ優勝を成し遂げた(この際、当時の最小失点記録を樹立した)。しかし、その後は低迷を続けており、現在はブンデスリーガ2部と地域リーグ(3部)の間で昇降格を繰り広げている。2004年から2005年の地域リーグでは好成績を維持し、同州のオスナブリュックなどとの昇格争いを経て2部への復帰を果たした。 1988年には元サッカー日本代表風間八宏も在籍していた。

バスケットボール・ブンデスリーガ(ドイツプロバスケットボールリーグの1部)、ニューヨーカー・ファントムズ・ブラウンシュヴァイク(New Yorker Phantoms Braunschweig)の本拠地でもある。

姉妹都市[編集]

当地に因む地名[編集]

共に「新ブラウンシュヴァイク」の意味。

引用[編集]

外部リンク[編集]