ゲッティンゲン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Landkreis Göttingen.svg Locator map GÖ in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡庁所在地: ゲッティンゲン
面積: 1,117.47 km²
人口:

247,988人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 222 人/km²
ナンバープレート:
自治体コード: 03 1 52
郡の構成: 29 市町村
郡庁舎の住所: Reinhäuser Landstraße 4
37083 Göttingen
ウェブサイト: www.landkreis-goettingen.de
郡長: ベルンハルト・ロイター (Bernhard Reuter)
州内の位置
Lower Saxony GÖ.svg

ゲッティンゲン郡 (Landkreis Göttingen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州で最も南に位置する郡で、ゲッティンゲンの周囲を取り囲んでいる。本郡は西をヘッセン州カッセル郡、北をノルトハイム郡およびオステローデ・アム・ハルツ郡、東をテューリンゲン州アイヒスフェルト郡、南をヘッセン州ヴェラ=マイスナー郡と境を接している。

地理[編集]

位置[編集]

ニーダーザクセン州の最も南に位置する本郡は、東部にハルツ山地の前山地方、西部にヴェーザーベルクラントを含んでいる。最も高度が高い土地は海抜 420 m から 580 m 程度に位置している。主な川はライネ川で、郡庁所在地ゲッティンゲンの中央を流れている。ヴェラ川は、本郡がヘッセン州に突き出したハン・ミュンデン付近をかすめている。郡域の長軸である東西の最大幅は約 60 km、南北軸は 15 km から 25 km である。

自然保護区[編集]

ゲッティンゲン郡には保護すべき、価値の高い、危機に瀕している生物生息圏である自然保護区 (NSG) が6つある[2]

  • NSG ヒューナーフェルト
  • NSG ルーメアウエ/エラーニーデルング/ギラースハイマー・バッハタール
  • NSG ゼーブルガー・ゼー
  • NSG トーテンベルク
  • NSG オッセンベルク=フェーレンブッシュ
  • NSG グローサー・ライネブッシュ

景観保護区[編集]

さらに郡議会が指定した3つの景観保護区 (LSG) がある。

  • LSG ライネベルクラント
  • LSG ウンテレス・アイヒスフェルト
  • LSG ヴェーザーベルクラント

郡南部の近郊レクリエーション地周辺にある保護すべき種類の多様性、ビオトープの多様性は1959年(当時はミュンデン郡)にすでにミュンデン自然公園に指定されていた。

歴史[編集]

この新しい郡は、1885年に創設されたプロイセンのゲッティンゲン郡(1964年以後はそれまで郡独立市であったゲッティンゲンがこの郡に含まれた)、ドゥーダーシュタット郡、ミュンデン郡および、ノルトハイム郡の一部であったアーデレプゼンから設立された。当時のドゥーダーシュタット郡は41,000人、旧ゲッティンゲン郡は65,000人(ゲッティンゲン市を除く)であった。現在の形のゲッティンゲン郡は、1973年1月1日の自治体再編により成立した[3]

行政[編集]

郡長[編集]

  • ヴィリ・デーリング (CDU)(1973年 - 1976年、1981年から)
  • ハインリヒ・レーバイン (SPD)(1998年 - 2003年)
  • ラインハルト・シェルマン (CDU)(2003年 - 2011年)
  • ベルンハルト・ロイター (SPD)(2011年 - 現職)

郡議会[編集]

SPD CDU GRÜNE FWG Linke FDP PIRATEN
2006年 25 24 8 1 2 4 - 64 議席
2011年 23 21 13 3 2 1 1 64 議席

紋章[編集]

図柄: 頂部は赤地で、その中に歩く青い爪と舌を見せる金の獅子。その下の主部は金地で、銀の逆Y字が描かれた赤い盾と白い円形の上に描かれた6本スポークの赤い輪が壁の留め具で上下に留められている。

姉妹自治体[編集]

プレッセ城趾

文化と見所[編集]

ゲッティンゲン郡内、ボーヴェンデンの高台に中世の城趾であるプレッセ城がある。文化財保護のため、南ニーダーザクセン地方連盟が設立された。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

地形上の制約から、ゲッティンゲン郡の主な交通路は南北方向にある。

鉄道[編集]

重要な南北の交通軸はライネ川の渓谷沿いに郡と郡庁所在都市を貫いている。ここには新旧2つの鉄道が並行して通っている。

宮廷所在地のハノーファーからゲッティンゲンへの連絡はハノーファー王立国営鉄道によって1854年にすでに設けられていた。この路線は1856年にドランスフェルト - ハン・ミュンデンを経由してカッセルにまで達した(ハノーファー南鉄道)。これとほぼ同じルートをドイツ鉄道の高速路線ハノーファー - ヴュルツブルク線が通っている。この路線は1991年から営業運転を行っている。

1867年に鉄道ゲッティンゲン - フリートラント - アーレンスハウゼン(- ハレ)線が開通した。1872年にアーレンハウゼン - ハン・ミュンデン間がアイヒェンベルクとヘーデミュンデン経由で結ばれ(ハレ - カッセル鉄道)、1876年にはフリートラント - アイヒェンベルク - エシュヴェーゲ(- ベーブラ - フランクフルト、旧南北線)が続いた。しかし早くも1884年にはすでにアーレンハウゼン - フリートラント間が営業を停止した。

分岐点のゲッティンゲンには、20世紀に入る頃にさらに2本の鉄道が接続した。1910年にプロイセン国営鉄道はヴェーザーベルクラントへのゲッティンゲン - ボーデンフェルデ線(オーバーヴェーザー鉄道)が営業を開始した。ゲッティンゲン軽便鉄道AG(後のガルテタール鉄道)が東の周辺部にあたるアイクスフェルト地方までを狭軌鉄道で結んだ。すなわち、1897年にリットマールスハウゼン(グライヒェン)まで、1907年にドゥーダーシュタットまで開通した。ドゥーダーシュタットからは、プロイセン鉄道が1889年にすでにヴルフテンまで、1897年にライネフェルデまで営業していた。1911年からはさらにブライヒェンローデ - ヘルツベルク線が郡東部を通っていた。

2006年から2つの南北軸を結ぶ鉄道およびハレ - ミュンデン - カッセル線、オーバーヴェーザー鉄道が運行している。

本郡にはミンデナー・トンネル(10,525 m、ドイツで2番目に長いトンネル)とラウエベルクトンネル(5,210 m)のニーダーザクセン州で最も長い2つのトンネルがある。

バス[編集]

ゲッティンゲン郡は南ニーダーザクセン交通連盟 (VSN) の一部である。ゲッティンゲン市内とそこからボーヴェンデンやロスドルフへは、ゲッティンゲン交通会社GmbH (GöVB) のバスが運行している。ハン・ミュンデンではバス会社 rbb の市内バスが運行している。郡内の都市以外では VSN に加盟する様々なバス会社のローカルバス網がある。

カッセル指向の町村シュタウフェンベルクとハン・ミュンデンは、北ヘッセン交通連盟 (NVV) への移行地域にあたる。この地域内ではVSN料金だが、カッセルやヴィッツェンハウゼン行きについてはNVV料金が適用される。

道路[編集]

郡内を南北に連邦アウトバーンA7号ハノーファー - カッセル線が通っている。ドランメタール・インターチェンジから連邦アウトバーンA38号線がハレ (ザーレ) に向かって分岐する。さらに連邦道B3号線とB27号線が、ほぼ郡内の南北軸および東西軸となっている。B27号線は東に位置するアイクスフェルトから来てゲッティンゲンで南へ進路を取る。B3号線は北から真っ直ぐにやって来てゲッティンゲンで南西に進路を変える。

経済[編集]

ゲッティンゲン郡内の経済振興は、ゲッティンゲン地方経済振興団GmbH が担っている。この機関は、郡および南ニーダーザクセン地方の経済、文化、社会全体の発展と成長を奨励する南ニーダーザクセン基金を運用している。

メディア[編集]

出版[編集]

ゲッティンゲン郡内には3紙の日刊紙があり、その購読地域は1972年のニーダーザクセン州の市町村再編以前にあった旧郡に対応している。旧ゲッティンゲン郡ではゲッティンガー・ターゲブラット (GT)、旧ドゥーダーシュタット郡ではアイクスフェルダー・ターゲブラット (ET)、旧ハン・ミュンデン郡ではミュンデナー・アルゲマイネ (HMA) が刊行されている。

GTとETは、ハノーフェルシェ・アルゲマイネ・ツァイトゥング (HAZ) やノイエ・プレッセを刊行しているマドザック・グループに属している。全国面はHAZによって短縮され、新たな紙面に構成される。GTとETの地方面は協力しており、それぞれの地域での興味に応じて、それぞれ異なる紙面となる。ETの読者には、郡全体に関わる上級中心都市ゲッティンゲンに関するGTの地方面の要約縮刷版が定期的に送られる。

一方、HMAはイッペン出版(ミュンヒナー・メルクールの出版社)に属すカッセルのヘッシシュ=ニーダーゼクジッシェ・アルゲマイネ (HNA) の地方版である。全国面はカッセルでまとめて編集される。ニーダーザクセン州およびゲッティンゲン郡に関する報道はゲッティンゲンとハノーファーの編集部で構成される。地方面が異なる新聞はこの他に、ノルトハイム郡ウスラーのゾリンガー・アルゲマイネ、同郡の郡庁所在地ノルトハイムのノルトハイマー・ノイエステン・ナハリヒト、オステローデ・アム・ハルツ郡ヘルツベルクオステローデバート・ラウターベルクで刊行されているハルツ・クリーアがある。

ラジオとテレビ[編集]

ニーダーザクセン州に属すゲッティンゲン郡はNDRの放送地域である。NDRはゲッティンゲンにスタジオを有しているにもかかわらず、本郡向けのNDRプログラムへの定期的な切り替えはない。ブラウンシュヴァイクのNDRスタジオからの、ニーダーザクセン州東部および南部に関する定期的な報道番組では、この郡のニュースが少なからぬ部分を占める。

旧ゲッティンゲン郡および旧ドゥーダーシュタット郡の一部、旧ハン・ミュンデン郡の周辺部のごく一部では、詳しいローカルニュースを放送している非商用のローカルラジオ「シュタットラジオ・ゲッティンゲン」が聴取可能である。

全国的な商用のラジオ放送 ffn とヒット=ラジオ・アンテネがニーダーザクセンの郷土紹介番組を放送しており、そのてめにゲッティンゲンにスタジオを運営している。

市町村[編集]

Municipalities in GÖ.svg

アインハイツゲマインデ

  1. アーデレプゼン (Adelebsen, フレッケン 6,541)
  2. ボーヴェンデン (Bovenden, フレッケン 13,166)
  3. ドゥーダーシュタット (Duderstadt, 市 21,040)
  4. フリートラント (Friedland 7,655)
  5. グライヒェン (Gleichen 9,063)
  6. ゲッティンゲン (Göttingen, 特別市 116,650)
  7. ハン・ミュンデン (Hann. Münden, 市 23,738)
  8. ロスドルフ (Rosdorf 11,671)
  9. シュタウフェンベルク (Staufenberg 7,889)

ザムトゲマインデとその市町村

  1. ビューレン (Bühren 557)
  2. ドランスフェルト (Dransfeld, 市 * 4,328)
  3. ユーンデ (Jühnde 1,023)
  4. ニーメタール (Niemetal 1,495)
  5. シェーデン (Scheden 1,926)
  1. ビルスハウゼン (Bilshausen 2,317)
  2. ボーデンゼー (Bodensee 829)
  3. ギーボルデハウゼン (Gieboldehausen, フレッケン * 4,109)
  4. クレーベック (Krebeck 1,086)
  5. オーベルンフェルト (Obernfeld 954)
  6. ルームシュプリンゲ (Rhumspringe 1,869)
  7. ロルスハウゼン (Rollshausen 846)
  8. リューダースハウゼン (Rüdershausen 841)
  9. ヴォルブランツハウゼン (Wollbrandshausen 640)
  10. ヴォラースハウゼン (Wollershausen 458)
  1. エーバーゲッツェン (Ebergötzen * 1,911)
  2. ランドルフスハウゼン (Landolfshausen 1,084)
  3. ゼーブルク (Seeburg 1,610)
  4. ゾイリンゲン (Seulingen 1,378)
  5. ヴァーケ (Waake 1,314)

* は、各ザムトゲマインデの本部所在地を示す。
フレッケンは古くから市場開催権など自治権の一部を認められた町村である。
人口は、2012年12月31日現在の数値である[1]

引用[編集]

参考文献[編集]

  • Alexander Engelhardt, Horst Henze [Hrsg.]: Der Landkreis Göttingen : Jubiläumsausgabe aus Anlaß des 100jährigen Bestehens des Landkreises Göttingen. Verlag Kommunikation u. Wirtschaft, Oldenburg, 1985. ISBN 3-88363-043-8
  • Rudi Ronge: Der Landkreis Göttingen : Geschichte, Landschaft, Wirtschaft. Stalling, Oldenburg, 1974.
  • Otto Fahlbusch: Der Landkreis Göttingen : in seiner geschichtlichen, rechtlichen und wirtschaftlichen Entwicklung. Reise, Göttingen, 1960.
  • Erwin Steinmetz: Geschichte des Landkreises Göttingen von 1807 bis zur Gegenwart im Überblick. In: Göttinger Jahrbuch, Bd. 34. 1986, Goltze, Göttingen, 1986. pp. 145-182.

外部リンク[編集]