ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング
NZZ Erstausgabe Titelseite.jpg
チュルヒャー・ツァイトゥング 第1号 (1780年)
種類 日刊紙
サイズ ベルリナー判

事業者 NZZグループ (スイス)
本社 チューリッヒスイス
創刊 1780年1月12日 (1821年)
前身 チュルヒャー・ツァイトゥング (創刊時)
言語 ドイツ語
発行数 約33万部
ウェブサイト www.nzz.ch, www.nzzglobal.ch
テンプレートを表示

ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング (ドイツ語: Neue Zürcher Zeitung、略称 NZZ) はスイスのチューリッヒに本拠を置く主要ドイツ語日刊新聞の一つである。

1780年1月12日にチュルヒャー・ツァイトゥング (ドイツ語: Zürcher Zeitung) の名でザロモン・ゲスナー (Salomon Gessner)によって創刊され、1821年に現在の紙名に変更された。長い歴史を持つ有数の老舗である。国際関連ニュースと株式市場動向の詳細な解説で知られ、踏み込んだ内容の知的な記事を特徴としている。政治的にはスイス自由民主党に近い。

同紙の発行数は33万と少ないながらも、スイスを代表する高品位で影響力のある新聞として知られている。読者層の平均年齢が50歳を超え、発行数が緩やかな減少傾向にある。1946年にブラックレター書体の使用をやめた以外には、1930年代から大きな変更を紙面に加えていない。カラー写真を掲載しはじめたのも、主力紙としては珍しくここ2、3年のことである。紙面は国際ニュース、ビジネス、金融、文化に力を入れており、特集記事やライフスタイル関連はおさえ気味としている。

2002年に専任編集スタッフによる NZZ日曜版 (ドイツ語: NZZ am Sonntag) を創刊し、他紙の週末版と同様、平日版よりもエンターテインメントやライフスタイルを充実させた構成としている。

2005年には創刊してから225年分の全紙面がスキャンされ、マイクロフィルムに収められた。ブラックレターを含んだ総ページ数2百万、データ容量70テラバイトのOCRに要した費用は60万ユーロ (マイクロフィルム画像一枚あたり 0.30€)にのぼった。スキャンされたデジタルアーカイブは全文検索が可能となったが、現地でのみ利用可能となっている。デジタル化はスイスのザンクト・アウグスティンにあるフラウンホーファー協会のIAIS: 知的解析・情報システム研究所 (前 IMK: メディア通信研究所)によって行われた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]