フラウンホーファー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラウンホーファー協会: Fraunhofer-Gesellschaft, FhG)は、ドイツ全土に56の研究所を持つ研究機関。フラウンホーファー研究機構とも。各研究所は科学の様々な応用を研究テーマとしている(マックス・プランク研究所は基礎研究中心である点が異なる)。12,500人以上の科学者技術者を抱え、年間研究予算は約12億ユーロである[1]。費用の一部はドイツ各州(およびそれを経由して政府)から提供されているが、3分の2は政府や産業界からの研究委託で賄われている。

名称の由来は、科学者であり技術者であり起業家でもあったヨゼフ・フォン・フラウンホーファーに由来する。

本部はドイツ・ミュンヘンに置かれている。アメリカ合衆国に6つの研究センターを持ち、アジアに3つの研究センターがある。日本にはフラウンホーファー日本代表部がある[2]

なお正式名称は Fraunhofer-Gesellschaft zur Förderung der angewandten Forschung e. V(直訳すると「応用研究推進のためのフラウンホーファー協会」)である。

例えば、以下のようなプロジェクトが行われたことがある。

  • MP3圧縮アルゴリズムはフラウンホーファーIIS(集積回路研究所)で発明され、特許が取得されている。その特許権収入は2005年現在で約1億ユーロであった。[1]
  • イケアの店舗で使用するプログラムを開発した。これは、客が自宅の部屋の写真を持ち込むと、それをデジタイズし、家具を配置したときの様子を事前に確認できるもの。

フラウンホーファーモデル[編集]

1973年以降、同協会はフラウンホーファーモデルと呼ばれるものによって継続的な成長を成し遂げてきた。このモデルでは、協会が産業界や政府の特定プロジェクトとの契約を通して約60%の収入を得る。残り40%は 9:1 の比率で連邦政府と州政府からの予算で賄い、それを予備的研究にあてる。

従って、収入を増やすにはより多くの契約を獲得しなくてはならない。このモデルは協会に適用されるだけでなく、個々の研究所にも適用される。これにより、フラウンホーファー協会が応用研究の分野でリーダーになるという戦略的方向性を明確化し、同時に研究の優先順位を柔軟かつ自律的にし、起業家的な取り組みを奨励することにつながっている。

研究所[編集]

以下のような研究所がある。

歴史[編集]

フラウンホーファー協会は1949年3月26日、産業界、学界、バイエルン州政府、ドイツ政府の代表者らによってミュンヘンで創設された。

1952年、ドイツ経済技術省はフラウンホーファー協会を、ドイツ研究協会(DFG)およびマックス・プランク研究所に続く第三の(大学以外の)研究機関として認めた。同協会が応用研究中心で運営されていることの是非については、ドイツ国内でも長い間議論されている。1954年、最初の研究施設が完成。1956年までドイツ防衛省の協力のもとに施設の拡充が行われた。1959年には、9つの研究所を持ち、135人の研究者/技術者を抱え、予算規模は360万ドイツマルクとなっていた。

1965年には、応用研究のための組織として認識されるようになった。1968年、軍事研究における役割が批判されることになった。1969年には、1,200人以上を抱え、19の研究所を持つようになった。予算規模は3300万ドイツマルク。この年に今後の計画に関する委員会が設立され、後にフラウンホーファーモデルと呼ばれるようになる運営モデルが作られた。このモデルは1973年に連邦政府によって承認された。1977年、政治的な管轄は、防衛大臣と教育研究大臣が共有する形となった。

1984年には、3,500人を抱え、33の研究所を持ち、予算規模は3億6000万ドイツマルクとなった。1988年には防衛関係の研究は全体の約10%にまで低下した。1989年には、6,400人を抱え、37の研究所を持ち、予算規模は7億ドイツマルクになっている。

1991年のドイツ統一にあたって、フラウンホーファー協会は旧東ドイツのいくつかの研究機関を統合し、既存の研究所の支所という形にした。1993年には、予算規模が10億ドイツマルクを超えた。

2000年から2001年にかけて、ドイツ教育研究省の指導により、フラウンホーファー協会は GMD (Gesellschaft für Mathematik und Datenverarbeitung -- Society for Mathematics and Information technology) のIT研究センターや研究所を統合した。また、このころIIS(集積回路研究所)でMP3が開発された。

歴代の会長[編集]

  • Walther Gerlach (1949年–1951年)
  • Wilhelm Roelen (1951年–1955年)
  • Hermann von Siemens (1955年–1964年)
  • Franz Kollmann (1964年–1968年)
  • Christian Otto Mohr (1968年–1973年)
  • Heinz Keller (1973年–1982年)
  • Max Syrbe (1982年–1993年)
  • Hans-Jürgen Warnecke (1993年–2002年)
  • Hans-Jörg Bullinger (2002年 -)

脚注[編集]

  1. ^ Staff (2006年3月). “Fraunhofer-Gesellschaft: About Us”. Fraunhofer-Gesellschaft organisational web site. 2006年6月6日閲覧。
  2. ^ Staff (2006年3月). “Fraunhofer-Gesellschaft: International Locations”. Fraunhofer-Gesellschaft organisational web site. 2006年6月6日閲覧。

外部リンク[編集]