ヒルデスハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Hildesheims Lage in Deutschland
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ヒルデスハイム郡
行政区分: 大規模独立市
緯度経度: 北緯 52度09分
東経 09度57分
標高: 海抜 78 m
面積: 92.96 km²
人口:

99,390人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,069 人/km²
郵便番号: 31101-31141 (旧: 3200)
市外局番: 05121
ナンバープレート: HI
自治体コード: 03 2 54 021
市庁舎の住所: Markt 1
31134 Hildesheim
ウェブサイト: www.hildesheim.de
行政
上級市長: クルト・マーヒェンス (Kurt Machens)
中世風の街角(戦後に再建)

ヒルデスハイムHildesheim)はドイツの都市。ニーダーザクセン州南部の都市であり、約10万3千人(2002年)の人口を有する。また、世界遺産に登録されている ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル教会がある。

地勢[編集]

ブロッケン山などがあるハルツ山地の北方で、北ドイツ平原の南に位置する[2]。また、ヴェーザー川エルベ川の間にもあたる[2]

市街は古い町並みを見せ、郊外には金属・電機・ゴム・精密機械・化学などの工場が控える[3]

近隣の都市としては、約40キロ北東にブラウンシュヴァイク、30キロ北北西にハノーファー[4]が位置する。

歴史[編集]

中世から近世にかけては聖俗両面で有力な都市であった[2]。また、学問の分野でも「中心地」と評される[5]

起源は8世紀、「中継地として建設された城塞」であった[4]815年、ヒルデスハイムに司教座が置かれた[4]1367年にはハンザ同盟に加盟した。第二次世界大戦で、歴史的建造物を含む街の多くが破壊されたが、現在までにその多くが再建され、かつての中世風の町並みも再現されている[2]

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

アクセス[編集]

引用[編集]

  1. ^ ニーダーザクセン州統計およびコミュニケーション局 - 人口統計
  2. ^ a b c d 辻本敬子/ダーリング常田益代 『ロマネスクの教会堂』、2003年、80頁。ISBN 4-309-76027-9
  3. ^ a b 三省堂編修所編 『コンサイス 外国地名事典』 (3版) 三省堂1998年、809頁。ISBN 4-385-15338-8 
  4. ^ a b c ヒルデスハイム”. コトバンク. 2014年9月5日閲覧。
  5. ^ ヒルデスハイムの大聖堂”. NHK. 2014年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度9分0秒 東経9度57分0秒 / 北緯52.15000度 東経9.95000度 / 52.15000; 9.95000