TEU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長さ20フィートのISOコンテナ(国際海上コンテナ)。これが1TEUとみなされる

TEUtwenty-foot equivalent unit、20フィートコンテナ換算)とは、コンテナ船の積載能力やコンテナターミナルの貨物取扱数などを示すために使われる、貨物の容量のおおよそを表す単位[1]コンテナ船トレーラー貨物列車など異なる輸送形態の間で共通して積み込むことができる、サイズが標準化された金属製の箱であるISOコンテナのうち、20フィートコンテナの1個分を1TEUとする[1]。同じような単位に、FEU(forty-foot equivalent unit、40フィートコンテナ換算)があり、1FEU=2TEUとなる。

1TEUの基準となる20フィート海上コンテナ1つ分の容量は、長さ20フィート(6.1メートル)、幅8フィート(2.4メートル)、高さ8.5フィート(2.6メートル)を標準とする[1]。ただし高さについては20フィートコンテナの中にも様々な種類があり、8.5フィートのほかには、高さ9.5フィート(2.9メートル)というハイキューブ(High cube)と呼ばれるコンテナや、高さ4.25フィート(1.3メートル)という半分の高さのコンテナ(ハーフハイト、Half height)もあるが[2]、こうした高さの異なる20フィートコンテナもすべて1TEUとみなしている。

また40フィートコンテナ(長さ12メートル)は2TEUとみなされるが、高さの違うハイキューブコンテナについても2TEUとみなされる。45フィートコンテナ(長さ14メートル)は容積で見れば2.25TEUと計算できるが、これも2TEUとみなす場合も多い[3]

様々なコンテナの容量とTEU[編集]

一般的な大きさのコンテナ各サイズのTEU換算
長さ 高さ 容積 TEU
20 ft (6.1 m) 8 ft (2.4 m) 8.5 ft (2.6 m) 1,360 cu ft (39 m3) 1
40 ft (12 m) 8 ft (2.4 m) 8.5 ft (2.6 m) 2,720 cu ft (77 m3) 2
45 ft (14 m) 8 ft (2.4 m) 8.5 ft (2.6 m) 3,060 cu ft (87 m3) 2[3] または 2.25
48 ft (15 m) 8 ft (2.4 m) 8.5 ft (2.6 m) 3,264 cu ft (92.4 m3) 2.4
53 ft (16 m) 8 ft (2.4 m) 8.5 ft (2.6 m) 3,604 cu ft (102.1 m3) 2.65
ハイキューブ
20 ft (6.1 m) 8 ft (2.4 m) 9.5 ft (2.9 m) 1,520 cu ft (43 m3) 1[2]
ハーフハイト
20 ft (6.1 m) 8 ft (2.4 m) 4.25 ft (1.30 m) 680 cu ft (19 m3) 1[2]

TEUとは、標準的な大きさのコンテナ1個分相当というおおよその容積を示す単位であり、様々な大きさのコンテナごとの容積を正確に反映する単位ではない。標準的な長さ20フィート・幅8フィート・高さ8.5フィートというコンテナの容積は1,360立方フィート(39立方メートル)になるが、高さ9.5フィートや高さ4.25フィートのコンテナでも1TEUとみなすということは、1TEUには680立方フィート(19立方メートル)から1,520立方フィート(43立方メートル)までの幅があるということになる。

TEUは容積の単位であり、それ自体は重さの単位ではないが、20フィートコンテナの最大の重量から1TEUのおおよその重さを導き出すことができる。標準的な20フィートコンテナの最大総重量(コンテナ自体の重さも含む)は24,000キログラム(24トン)であり[4]、コンテナの自重を除いた貨物自体の重さである最大積荷荷重は21,600キログラムとなる[4]。ただし重量物運搬用の特殊な20フィートコンテナの場合、最大総重量は30,500キログラム、コンテナの自重を除いた最大積荷荷重は28,080キログラムとなるものもある。

世界最大級のコンテナ船、エマ・マースク(Emma Mærsk)。コンテナ積載数は公称11,000TEUとされるが、実際には15,000TEUまで積載可能と見られている[5][6]

同様に、40フィートコンテナ(高さ9.5フィートのハイキューブコンテナも含む)の最大総重量は30,480キログラムとなり[4]、コンテナの自重を除いた最大積荷荷重は26,500キログラムとなる[4]。重量の面から見ると、1FEUは2TEUに等しくならない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Rowlett, 2004.
  2. ^ a b c Container Shipping”. damovers.com. damovers.com. 2008年3月22日閲覧。
  3. ^ a b businesspeek.com (2006年). “Shipping Container Basics”. businesspeek.com. businesspeek.com. 2008年3月22日閲覧。
  4. ^ a b c d Shipping containers”. Emase. 2007年2月10日閲覧。
  5. ^ “Namegiving of newbuilding L 203” (プレスリリース), Odense Steel Shipyard, (2006年12月8日), http://media.maersk.com/en/PressReleases/2006/namegiving+L203.htm 
  6. ^ Koepf, Pam (2006), “Overachievers We Love”, Popular Science 269 (6) 

外部リンク[編集]