フォワーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォワーダー(Forwarder)とは貨物利用運送事業者のことであり、荷主から貨物を預かり、他の業者の運送手段(船舶、航空、鉄道、貨物自動車など)を利用し運送を引き受ける事業者を指す。一般的には貨物利用運送事業者のうち国際輸送を取扱う業者を指す。航空輸送を得意とする業者をエア・フレイト・フォワーダー(フォワーダー)、海上輸送を得意とする業者をNVOCC(非船舶運航業者、Non Vessel Operation Common Carrierの略、NVと略されることもある)と呼ぶこともある。

エア・フレイト・フォワーダー(フォワーダー)[編集]

日本では利用航空運送事業者(CONSOLIDATOR)、航空貨物混載業者などの名称で呼ばれる。航空会社の貨物代理店業務を本来の趣旨として発足。不特定多数の荷主から集めた貨物を集約し、同一空港宛の貨物をまとめて航空会社と輸送契約を結ぶ。航空会社からはスケールメリットを活かした輸送運賃を仕入れることができる。また、個別荷主の実重量容積重量を組み合わせることで混載差益を発生させることができる。現在では通関業務、集配送業務、倉庫業務なども行っている。日系大手としては、日本通運日通航空)、近鉄エクスプレス郵船ロジスティクスで50%近い業界シェアを占めている。

NVOCC[編集]

航空輸送同様、船会社の代理店業務から多種な業務に派生し、現在に至っている。大手としては日本通運など。 顧客ニーズから、ほとんどのフォワーダーが現在は航空、海上双方のサービスを取り扱っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]