ジョヴァンニ・ボッカッチョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・ボッカッチョ

ジョヴァンニ・ボッカッチョ: Giovanni Boccaccio, 1313年 - 1375年12月21日)は、中世イタリアフィレンツェ詩人、散文作家。ボッカチオとも。

フィレンツェ商人の父と名もなきフランス人女性との間に私生児として生まれたとされるが、出生地は不明であり、チェルタルドパリとする説もある。なお、ボッカッチョの父はすぐに彼を認知する。

ボッカッチョはフィレンツェで成長し、家庭教師であるジョヴァンニ・ディ・ドメニコ・マッツオーリ・ダ・ストゥラーダによって早くからダンテの作品を学んでいたと言われている。

代表作は、1349年から1351年に書かれた『デカメロン』(十日物語)。

ダンテの50歳ほど年下であるが、最も早いダンテの理解者、賛美者であった。戯曲 (Commedia) とのみ題されていたダンテの叙事詩に神聖なる (Divina) の冠辞を付け、『神曲』の名を定着させたのはボッカッチョである[1]

また、ペトラルカとは親交が深く[2]、互いに研磨し合い、その創作活動はリナシメント(イタリア・ルネサンス)の先駆けにもなった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『神曲』図解 Dante La Divina Commedia
  2. ^ 近藤恒一編訳『ペトラルカ=ボッカッチョ往復書簡』(岩波文庫、2006年)に詳しい。

外部リンク[編集]