与謝野鉄幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
与謝野鉄幹
与謝野鉄幹歌碑(備中松山城)

与謝野 鉄幹正字: 與謝野 鐵幹、よさの てっかん、1873年明治6年)2月26日 - 1935年昭和10年)3月26日)は、日本歌人。本名は与謝野 寛(よさの ひろし)。鉄幹は与謝野晶子の夫。後に慶應義塾大学教授文化学院学監

経歴[編集]

京都府岡崎(現在の京都市左京区)に与謝野礼厳の四男として生まれる。父・礼厳は西本願寺支院、願成寺の僧侶であった。礼厳は庄屋の細見家の次男として生まれたが、京都府与謝郡(現在の与謝野町字温江)出身ということから、明治の初めより「与謝野」と名乗るようになったという。母は初枝、京都の商家の出である。

1883年(明治16年)大阪府住吉郡安養寺の安藤秀乗の養子となり、1891年まで安藤姓を名乗った。1889年(明治22年)西本願寺で得度の式をあげた後、山口県徳山町の兄照幢の寺に赴き、その経営になる徳山女学校の教員となり、同寺の布教機関紙『山口県積善会雑誌』を編集。そして翌1890年(明治23年)鉄幹の号をはじめて用いた。さらに1891年養家を離れ与謝野姓に復した。

山口県徳山市(現在の周南市)の徳山女学校で国語の教師を4年間勤めるも、女子生徒(浅田信子)との間に問題を起こし、退職した。このとき女の子が生まれたが、その子は間もなく死亡している。次いで別の女子生徒、林滝野と同棲して一子、萃(あつむ)を儲けた。

1892年(明治25年)徳山女学校を辞して京都へ帰る。11月ごろ20歳で上京して、落合直文の門に入る。1894年(明治27年)短歌論『亡国の音』を発表。1896年(明治29年)出版社明治書院の編集長となる。かたわら跡見女学校に教えた。同年7月歌集『東西南北』、翌1897年(明治30年)歌集『天地玄黄』を世に出す。その質実剛健な作風は「ますらおぶり」と呼ばれた。1899年(明治32年)東京新詩社を創立。同年秋、最初の夫人浅田信子と離別し二度目の夫人林滝野と同棲、麹町区に住む。

1900年(明治33年)「明星」を創刊した。北原白秋吉井勇石川啄木などを見出し、日本近代浪漫派の中心的な役割を果たした。しかし、当時無名の若手歌人であった鳳晶子(のち鉄幹夫人)との不倫が問題視され、文壇照魔鏡なる怪文書で様々な誹謗中傷が仕立て上げられた。だが、晶子の類まれな才能を見ぬいた鉄幹は、晶子の歌集『みだれ髪』作成をプロデュースし、妻滝野と離別、1901年(明治34年)晶子と再婚し六男六女の子宝に恵まれた。鉄幹と離婚した滝野はのちに正富汪洋(まさとみ おうよう)と再婚した。

1901年8月、『みだれ髪』刊行。『みだれ髪』の名声は高く、『明星』における指標となり『明星』隆盛のきっかけとなった。1908年(明治41年)『明星』は第100号をもって廃刊。なお、1921年に第二次『明星』が創刊し、そして1927年に廃刊する。

結婚後の鉄幹は極度の不振に陥る。1911年(明治44年)、晶子の計らいでパリへ行く。のち晶子も渡仏、フランス国内からロンドンウィーンベルリンを歴訪する。だが、創作活動が盛んとなったのは晶子の方で、鉄幹は依然不振を極めていた。再起を賭けた労作、訳詞集『リラの花』も失敗するなど、栄光に包まれる妻の影で苦悩に喘いだ。1915年大正4年)の第12回総選挙に故郷の京都府郡部選挙区から無所属で出馬したが、落選した。大正8年(1919年)に慶應義塾大学文学部教授に就任、昭和7年(1932年)年まで在任し、水上滝太郎佐藤春夫堀口大学三木露風小島政二郎らを育てた。しかし、1922年(大正11年)の森鴎外の死は鉄幹にとって有力な庇護者を失うに等しい打撃であった。

1921年に建築家、西村伊作、画家、石井柏亭そして妻、晶子らとともにお茶の水駿河台文化学院を創設する。1930年(昭和5年)、雑誌「冬柏」を創刊。1932年(昭和7年)、第一次上海事変に取材した「爆弾三勇士の歌」の毎日新聞による歌詞公募に応じ、一等入選を果たした。1935年(昭和10年)、気管支カタルがもとで死去。晶子は「筆硯煙草を子等は棺に入る名のりがたかり我れを愛できと」という悲痛な追悼の歌を捧げた。

閔妃暗殺と鉄幹[編集]

1895年(明治28年)10月8日三浦梧楼ら日本官憲と他の右翼壮士とともに当時の朝鮮王朝の王妃、閔妃の暗殺(乙未事変)を計画したという説が韓国側から主張されている。これは朝鮮王朝が親露政策によりと日本の圧力を排除しようとし、それに危機感を抱いた日本が起こしたというものである。当時、朝鮮王朝は笞刑(朝鮮笞刑令)、拷問をはじめ前近代的な刑罰、法体系であり、邦人保護の観点から治外法権となっていたので、鉄幹は日本に送られ広島の地方検察庁で裁かれた。当時、鉄幹は落合直文の弟、鮎貝槐園とともに朝鮮の日本人学校、乙未義塾の教師として当地に在留していたが、事件当日は槐園たちと木浦に出かけていて事件の起きた京城(現・ソウル特別市)にはいなかったアリバイによって免訴となった。

血縁・親戚[編集]

実兄・照幢は赤松連城の娘・安子と結婚し、その子(鉄幹の甥・姪)赤松克麿赤松常子政治家となった。

次男・与謝野秀外交官としてイタリア・エジプト大使などを歴任し、1964年東京オリンピック事務長を務めた。秀と妻で評論家道子の間の子ども(鉄幹の孫)には与謝野馨(政治家)・与謝野達(銀行家)・與謝野文子(評論家)がいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]