周南市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しゅうなんし
周南市
Tokuyamazoo.jpg
Flag of Shunan, Yamaguchi.svg
周南市旗
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
団体コード 35215-2
面積 656.32km²
総人口 145,207
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 221人/km²
隣接自治体 山口市下松市光市
防府市岩国市
島根県鹿足郡吉賀町
市の木 クスノキ
市の花 サルビア
周南市役所
所在地 745-8655
山口県周南市岐山通一丁目1番地
北緯34度3分18.2秒東経131度48分22.4秒座標: 北緯34度3分18.2秒 東経131度48分22.4秒
Shunan City Hall.jpg
外部リンク 周南市

周南市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

周南市(しゅうなんし)は、中国地方山口県。山口県の東南部に位置し、下松市光市と共に、人口約25万人の周南広域都市圏を形成している。人口、面積は共に県内第4位。

地理[編集]

徳山駅北口駅前広場

気候[編集]

県境に近い北部は中国山地の一部にあたり、錦川の上流にあたる鹿野盆地などでは冬季には積雪がある。一方、瀬戸内海に面した南部には平野が広がり、気候も比較的温暖で、年に数えるほどしか積雪することはない。

隣接している自治体[編集]

山口県
島根県

歴史[編集]

市名の由来[編集]

  • 「周南」は周防国の南という意味。かつては防府市から柳井市までの広い地域を指していたが、昭和後期以降、特に現在の周南市、下松市光市の地域(周南地区)を指す呼称として用いられるようになった。

年表[編集]

古代[編集]

中世〜近世[編集]

近代[編集]

  • 1889年明治22年)4月 - 町村制施行に伴い、都濃郡佐波郡熊毛郡に22の村が成立。
  • 1897年(明治30年)9月 - 山陽鉄道広島駅〜徳山駅間が延伸開業(現在の山陽本線)。
  • 1898年(明治31年)3月 - 山陽鉄道徳山駅〜三田尻駅間が開業。
  • 1900年(明治33年)10月15日 - 都濃郡徳山村が町制施行し都濃郡徳山町となる。
  • 1904年(明治37年) - 海軍煉炭製造所(後の海軍燃料廠)が設けられる。
  • 1912年(明治45年)1月 - 都濃郡福川村が町制施行し都濃郡福川町となる。
  • 1915年大正4年)11月10日 - 都濃郡富田村が町制施行し都濃郡富田町となる。
  • 1918年(大正7年)2月 - 日本曹達工業(現在のトクヤマ)が設立。
  • 1922年(大正11年) - 児玉神社が創建。徳山港(後の徳山下松港)開港。
  • 1930年昭和5年)11月17日 - 徳山無尽共益株式会社(西京銀行の前身)設立。
  • 1932年(昭和7年)5月 - 岩徳西線として櫛ケ浜駅 - 周防花岡駅間が開業(現在の岩徳線)。
  • 1935年(昭和10年)10月15日 - 都濃郡徳山町が市制施行し、徳山市(初代)が発足
  • 1936年(昭和11年) - 東洋曹達工業(現在の東ソー)南陽工場が操業開始。
  • 1940年(昭和15年)
    • 4月29日 - 都濃郡太華村が町制施行・改称し都濃郡櫛浜町となる。
    • 10月 - 向道ダムが竣工。
    • 11月3日 - 都濃郡鹿野村が町制施行し都濃郡鹿野町となる。
  • 1941年(昭和16年)11月3日 - 都濃郡富岡村が都濃郡富田町に編入。
  • 1942年(昭和17年)4月 - 都濃郡加見村・久米村が徳山市に編入。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 徳山市と都濃郡櫛浜町・富田町・福川町・大津島村・夜市村・戸田村・湯野村が合併し、徳山市(2代)が発足。
  • 1945年(昭和20年)

現代[編集]

  • 1949年(昭和24年)
    • 8月 - 都濃郡富田町が徳山市から再分立。
    • 9月 - 都濃郡福川町が徳山市から再分立。
  • 1953年(昭和28年)
    • 8月 - 徳山競艇場が開場。
    • 10月 - 都濃郡富田町・福川町が合併し、都濃郡南陽町が発足。
  • 1954年(昭和29年)12月 - 都濃郡須々万村・中須村・長穂村が合併し、都濃郡都濃町(初代)が発足。
  • 1955年(昭和30年)
    • 7月20日 - 都濃郡都濃町、須金村の一部が合併し、都濃町(2代)が発足。須金村の残部は都濃郡鹿野町に編入。
    • 10月 - 都濃郡向道村が徳山市に編入。
    • 11月 - 都濃郡南陽町が佐波郡和田村を編入。
  • 1956年(昭和31年)
    • 4月 - ラジオ山口(現在の山口放送)が開局。
    • 9月30日 - 熊毛郡三丘村・高水村・勝間村・八代村が合併し、熊毛町が発足。
  • 1957年(昭和32年)3月 - 旧海軍燃料廠跡地に出光興産徳山製油所が操業開始。
  • 1960年(昭和35年)3月 - 徳山市立動物園(現在の周南市徳山動物園)が開園。
  • 1962年(昭和37年) - 川上ダムが竣工。
  • 1965年(昭和40年) - 菅野ダムが竣工。
  • 1966年(昭和41年)1月1日 - 都濃郡都濃町が徳山市に編入。
  • 1970年(昭和45年)11月1日 - 都濃郡南陽町が改称・市制施行し、新南陽市が発足。
  • 1971年(昭和46年)4月 - 徳山大学が開学。
  • 1973年(昭和48年)7月7日 - 出光石油化学徳山工場で爆発火災事故。
  • 1975年(昭和50年)6月 - 周南バイパスが全通。
  • 1980年(昭和55年)10月17日 - 中国自動車道鹿野IC - 山口IC間が開通。
  • 1982年(昭和57年)11月 - 徳山市文化会館(現在の周南市文化会館)が開館。
  • 1986年(昭和61年)3月27日 - 山陽自動車道徳山西IC-防府東ICが開通。
  • 1990年平成2年)
    • 3月30日 - 山陽自動車道・徳山東IC-徳山西ICが開通。
    • 12月20日 - 山陽自動車道・熊毛IC-徳山東ICが開通。
  • 1992年(平成4年)7月 - 徳山市総合スポーツセンター(現在の周南市総合スポーツセンター)が竣工。
  • 1995年(平成7年)8月 - 永源山公園にゆめ風車が竣工。
  • 1995年(平成7年)9月4日 - 徳山市美術博物館(現在の周南市美術博物館)が開館。
  • 2003年(平成15年)4月21日 - 徳山市・新南陽市、熊毛郡熊毛町・都濃郡鹿野町が合併し、周南市が発足。
  • 2011年(平成23年)11月13日 - 東ソー南陽事業所で爆発火災事故。

周南合併[編集]

周南地区の市町合併は周南合併と呼ばれ、 2003年(平成15年)4月の周南市の誕生は、いわゆる「平成の大合併」の、山口県内における初の事例となった。1980年代後半ごろから周南地域における市町の合併機運が高まり、4市4町(徳山市、下松市、光市、新南陽市、熊毛町、田布施町大和町、鹿野町)を中心とした合併が模索されてきた[1]

  • 1991年(平成2年)5月 - 徳山市、下松市、光市による周南都市合併調査研究会が発足。
  • 1992年(平成3年) - 周南都市合併調査研究会に新南陽市、大和町、田布施町、鹿野町、熊毛町が参加。
  • 1999年(平成11年)
    • 1月 - 徳山市、下松市、新南陽市による3市合併協議会が設立。
    • 7月 - 合併協議会に熊毛町、鹿野町が加入。3市2町合併協議会となる。
  • 2001年(平成13年)
    • 11月 - 3市2町合併協議会において、新市名が「周南市」に決定[2]
      • 新市名は、2000年(平成12年)に実施された、3市2町の住民からの公募によって選定された案の1つ。周南市のほかには「徳山市」「とくやま市」「のぞみ市」「東山口市」「毛利市」といった案もあった。
    • 12月 - 3市2町合併協議会において、合併の期日が 2003年(平成15年)4月21日に決定。
      • 期日の決定を巡り対立した井川成正下松市長が抗議のため途中退席。
  • 2002年(平成14年)
    • 1月 - 下松市が3市2町合併協議会を欠席、事実上の離脱。
    • 5月 - 3市2町合併協議会が休止。
    • 6月 - 徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町による2市2町合併協議会が設立。
  • 2003年(平成15年)4月 - 周南市の発足に伴い、2市2町合併協議会、3市2町合併協議会が解散。

2市2町合併協議会の設立の際、2市2町の合併は「先行合併」と位置付けられた[3]が、2003年の合併以後、周南市、下松市、光市において合併を求める機運は薄くなっており、更なる合併に向けた目立った動きはみられない。

なお、現在でも周南市、下松市、光市の3市は、産業・経済・交流面での結びつきが強い。3市を総称して「周南3市[4]」と呼称されることがある。

市域の変遷[編集]

町村制施行(1889年) 1889年 - 1926年 1926年 - 1954年 1955年 - 1989年 1989年 - 現在 現在
鹿野村 1940年11月3日
鹿野町
鹿野町 2003年4月21日
周南市
須金村 1955年7月20日
鹿野町に編入
1955年7月20日
都濃町
1966年1月1日
德山市に編入
須々万村 1954年12月1日
都濃町
中須村
長穂村
向道村 1955年10月1日
德山市に編入
德山市
德山村 1900年10月15日
德山町
1935年10月15日
德山市
1944年4月1日
德山市
德山市
加見村 1942年4月1日
德山市に編入
久米村
太華村 1940年4月29日
櫛浜町
大津島村
夜市村
戸田村
湯野村
富田村 1915年11月10日
富田町
1949年8月1日
富田町
1953年10月1日
南陽町
1970年11月1日
新南陽市
富岡村 1941年11月3日
富田町に編入
福川村 1912年1月1日
福川町
1949年9月1日
福川町
佐波郡
和田村
1955年11月1日
南陽町に編入
三丘村 1956年9月30日
熊毛町
高水村
勝間村
八代村

地域[編集]

人口[編集]

Demography35215.svg
周南市と全国の年齢別人口分布(2005年) 周南市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 周南市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
周南市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 146,312人
1975年 158,208人
1980年 166,318人
1985年 167,302人
1990年 164,594人
1995年 161,562人
2000年 157,383人
2005年 152,387人
2010年 149,508人
総務省統計局 国勢調査より

地域・地区[編集]

徳山地域(旧徳山市)、特に徳山駅を中心とした地域には周南市役所をはじめとする各種行政機関や公共施設等が集中しており、周南市の中心市街地を形成している。

徳山地域(旧徳山市域) - 22地区
  • 鼓南
  • 櫛浜
  • 久米
  • 桜木
  • 周陽
  • 秋月
  • 遠石
  • 岐山
  • 関門
  • 中央
  • 今宿
  • 須金
  • 中須
  • 須々万
  • 長穂
  • 向道
  • 加見
  • 富岡
  • 大津島
  • 夜市
  • 戸田
  • 湯野
新南陽地域(旧新南陽市域) - 4地区
  • 富田西
  • 富田東
  • 福川
  • 和田
熊毛地域(旧熊毛町域) - 8地区
  • 三丘
  • 高水
  • 新清光台
  • 勝間北
  • 呼坂
  • 大河内
  • 八代
  • 勝間原
鹿野地域(旧鹿野町域) - 1地区
  • 鹿野

行政[編集]

市幹部[編集]

歴代市長[編集]

氏名 就任 離任 任期数 市長就任前の主な経歴
1 河村和登 2003年5月25日 2007年5月24日 1 徳山市長、徳山市議会議長、徳山市議会議員
2 島津幸男 2007年5月25日 2011年5月24日 1 会社社長
3 木村健一郎 2011年5月25日 - 山口県議会議員、司法書士


官公庁など[編集]

市役所[編集]

  • 周南市役所(本庁)
    • 新南陽総合支所
    • 熊毛総合支所
    • 鹿野総合支所
    • 支所(櫛浜、鼓南、久米、須々万、中須、須金、長穂、大道理、大向、菊川、夜市、戸田、湯野、和田、八代)
  • 周南市医療公社
  • 周南地区福祉施設組合
  • 周南食肉センター組合
  • 周南地区環境施設組合
  • 光地区消防組合
  • Kビジョン第三セクター
  • シティーケーブル周南(第三セクター)
  • 大津島巡航(第三セクター、大津島へのフェリーと旅客船の運航)

警察[編集]

消防[編集]

  • 周南市消防本部:徳山・新南陽・鹿野地域を管轄
    • 中央消防署
    • 東消防署
    • 西消防署
    • 北消防署
  • 光地区消防組合:熊毛地域を管轄
    • 北消防署

国の機関[編集]

県の機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

産業[編集]

徳山の工場群
徳山銀座商店街
  • 旧徳山海軍燃料廠から発展した石油コンビナート周南コンビナート)があり、県内の宇部・小野田地区、岩国地区と並び瀬戸内工業地域の重要な位置を占めている。主なコンビナート郡の企業は出光興産日本ゼオントクヤマ東ソーであるが、その中核を占めていた出光興産徳山製油所は2014年3月に徳山での生産停止を発表したものの、近隣のコンビナートへの供給は引き続き行われる。
  • 第二地銀である西京銀行の本店、および、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行と2つの都市銀行が支店を構える。三菱東京UFJ銀行徳山支店は旧三菱銀行東京三菱銀行の店舗で、東京三菱銀行時代は県内唯一の店舗だった[5]
  • ふぐ下関市の特産品として有名であるが、周南市の粭島(すくもじま)は、ふぐの延縄漁法発祥地であることから、隠れたふぐの本場としても知られる。
  • JR徳山駅と商店街を中心とした中心市街地は、高度経済成長期に商業地として大きな発展を遂げた。しかし、1990年代以降は、他の地方都市と同様、周辺地域の大型商業施設やロードサイド店舗への買い物客の流出が進んだことから疲弊しており、市街地活性化は今後の大きな課題となっている。
  • 北部では農業が中心で、ぶどうが栽培されている。

主な名産・特産品[編集]

  • (須金)
  • ぶどう(須金)
    • 巨峰ワイン(「ポレール徳山巨峰ロゼSUGANE」として販売)
  • 自然薯(西徳山)
  • わさび(鹿野)
  • 豚肉(鹿野)
  • ふぐ(粭島)
  • おみくじ(鹿野)
    • 国内で流通するおみくじの7割は、周南市の女子道社にて奉製されている。
  • 御影石(黒髪島)
    • 通称「徳山みかげ」。国会議事堂の建設石材として採用された。

市内に本社を置く主な企業[編集]

市内に主力拠点を置く主な企業[編集]

商業施設[編集]

店舗面積が5,000m2以上の大規模小売店鋪は次の通り。

教育[編集]

高等教育機関として徳山高専徳山大学がある。徳山高専で力を入れているロボコンが縁で周南市は2003年に公開された映画『ロボコン』のロケ地となった。

大学[編集]

高等専門学校[編集]

高等学校[編集]

県立
私立


中学校[編集]

市立
  • 秋月中学校(あきづき)
  • 大津島中学校(おおつしま)
  • 鹿野中学校(かの)
  • 菊川中学校(きくがわ)
  • 岐陽中学校(きよう)
  • 熊毛中学校(くまげ)
  • 鼓南中学校(こなん)
  • 桜田中学校(さくらだ)
  • 周陽中学校(しゅうよう)
  • 翔北中学校(しょうほく)
  • 須金中学校(すがね)
  • 須々万中学校(すすま)
  • 住吉中学校(すみよし)
  • 太華中学校(たいか)
  • 富田中学校(とんだ)
  • 中須中学校(なかず)
  • 福川中学校(ふくがわ)
  • 和田中学校(わだ)
私立

小学校[編集]

市立
  • 秋月小学校(あきづき)
  • 今宿小学校(いまじゅく)
  • 大河内小学校(おおかわち)
  • 大島小学校(おおしま)
  • 大津島小学校(おおつしま)
  • 大道理小学校(おおどおり)
  • 大向小学校(おおむかい)
  • 勝間小学校(かつま)
  • 鹿野小学校(かの)
  • 菊川小学校(きくがわ)
  • 岐山小学校(きさん)
  • 櫛浜小学校(くしがはま)
  • 久米小学校(くめ)
    • 譲羽分校(ゆずりは)
  • 桜木小学校(さくらぎ)
  • 四熊小学校(しくま)
  • 周陽小学校(しゅうよう)
  • 粭島小学校(すくもじま)
  • 須万小学校(すま)
  • 高水小学校(たかみず)
  • 遠石小学校(といし)
  • 徳山小学校(とくやま)
  • 富田西小学校(とんだにし)
  • 富田東小学校(とんだひがし)
  • 中須小学校(なかず)
  • 長穂小学校(ながお)
  • 沼城小学校(ぬまぎ)
  • 福川小学校(ふくがわ)
  • 福川南小学校(ふくがわみなみ)
  • 戸田小学校(へた)
  • 三丘小学校(みつお)
  • 八代小学校(やしろ)
  • 夜市小学校(やじ)
  • 湯野小学校(ゆの)
  • 和田小学校(わだ)

特別支援学校[編集]

専修学校・各種学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

徳山駅新幹線口(南口)

路線バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

国道[編集]

港湾[編集]

定期旅客航路[編集]

観光[編集]

永源山公園

大津島には、旧海軍の人間魚雷回天」の特攻基地があり、今もその記念館がある。

八代盆地は特別天然記念物ナベヅル渡来地として有名。なお、最近では飛来数が減少傾向であることから、渡来数増加に向けた様々な取り組みが行われている。

徳山地域の中心市街地では、青山町、銀座、新宿通、原宿町、晴海町、有楽町、代々木通りなど、東京の地名が多く住居表示に使われている。第二次世界大戦直後に施工された戦災復興土地区画整理事業で生まれた地名である。

主な名所・観光地[編集]

徳山地域
新南陽地域
  • 永源山公園 - ゆめ風車
  • 長田海浜公園
  • 若山城
  • 川崎観音 - おっぱい絵馬
  • 旧日下医院 - 登録有形文化財(国土の歴史的景観に寄与しているもの)
熊毛地域
鹿野地域
  • 漢陽寺
  • 石船温泉
  • 長野山緑地公園
  • 鹿野ファミリーランド
  • 氷見神社 - 社叢(県指定文化財(天然記念物))

イベント[編集]

  • 永源山公園つつじ祭り(新南陽地域・5月)
  • 徳山夏まつり(徳山地域・7月)
  • サンフェスタしんなんよう(新南陽地域・8月)
    • 徳山夏まつり、サンフェスタしんなんようは重複しないよう、7月最終日曜日、8月最初日曜日と分けて行われる。
  • 周南萌えサミット
  • 周南24時間リレーマラソン in Yamaguchi(徳山地域・9月)
  • 徳山クラウン争奪戦(徳山地域・9月)
  • 徳山のんた祭(徳山地域・10月)
  • 徳山大学ポプラ祭(徳山地域・11月)
  • 周南映画祭(徳山地域・11月)
  • 周南冬のツリーまつり(徳山地域・12月)

メディア[編集]

新聞
テレビ
地方紙
ケーブルテレビ

出身有名人[編集]

政治[編集]

司法[編集]

経済[編集]

学術[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

俳優・芸人・タレント・声優
歌手・ミュージシャン
アナウンサー

スポーツ[編集]

その他[編集]

周南市を舞台にした作品[編集]

映画

その他[編集]

電話番号[編集]

市外局番は、熊毛地域が0833(40~79,90~99)、その他の地域が0834(20 - 69, 80 - 89)となっている。

  • 0834(20 - 69, 80 - 89)エリア
    • 周南市(熊毛地域を除く)
  • 0833(40 - 79, 90 - 99)エリア
    • 下松市光市(大和地区を除く)・周南市(熊毛地域)

郵便[編集]

郵便番号は、以下の通りとなっている。

  • 徳山郵便局:745-00xx、745-08xx、745-85xx、745-86xx、745-87xx、745-06xx
  • 須々万郵便局:745-01xx、745-04xx、745-05xx
  • 鹿野郵便局:745-03xx、745-02xx
  • 串郵便局(所在地は山口市徳地町):747-06xx
  • 新南陽郵便局:746-00xx、746-85xx、746-86xx、746-87xx、746-01xx、745-11xx

脚注[編集]

  1. ^ 平成22年度周南市の概要(周南市議会)
  2. ^ [1]
  3. ^ 合併協議会つうしん特集号(徳山市・新南陽市・熊毛町・鹿野町合併協議会発行)
  4. ^ 地区計画運用指針の改正のおしらせ(周南市)
  5. ^ 三菱銀行時代は下関市にも店舗があったが、東京三菱銀行発足後に無人化されたため。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光