都濃郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山口県都濃郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

都濃郡(つのぐん)は、山口県周防国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下松市および周南市の大部分(高瀬・夏切・垰・米光・馬神・巣山および八代より南東を除く)にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 周防山口藩 23村 長穂村、莇地村、須々万本郷村、須々万奥村、下谷村、切山村、末武上村、末武中村、末武下村、櫛ヶ浜村、平田村、久米村、小畑村、中野村、川上村、湯野村、中須南村、中須北村、金峰村、鹿野上村、鹿野中村、鹿野下村、大潮村
周防徳山藩 26村 徳山村、栗屋村、西豊井村、東豊井村、河内村、来巻村、山田村、生野屋村、譲羽村、瀬戸村、温見村、大藤谷村、大島村、粭島、大津島、下上村、四熊村、上村、川曲村、大道理村、大向村、富田村、福川村、夜市村、須万村、笠戸島[1]
山口藩・徳山藩 1村 戸田村

町村制以降の沿革[編集]

1.久保村 2.豊井村 3.末武南村 4.末武北村 5.米川村 6.久米村 7.太華村 8.徳山村 9.須々万村 10.中須村 11.須金村 12.鹿野村 13.向道村 14.長穂村 15.加見村 16.富岡村 17.富田村 18.福川村 19.夜市村 20.大津島村 21.戸田村 22.湯野村(桃:下松市 赤:周南市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。特記以外は全域が現・周南市。(22村)
  • 明治29年(1896年9月1日 - 郡制を施行。
  • 明治33年(1900年10月15日 - 徳山村が町制施行して徳山町となる。(1町21村)
  • 明治34年(1901年3月1日 - 豊井村が町制施行・改称して下松町となる。(2町20村)
  • 明治45年(1912年1月1日 - 福川村が町制施行して福川町となる。(3町19村)
  • 大正4年(1915年11月10日 - 富田村が町制施行して富田町となる。(4町18村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 末武北村が花岡村に改称。
  • 昭和10年(1935年)10月15日 - 徳山町が市制施行して徳山市となり、郡より離脱。(3町18村)
  • 昭和14年(1939年11月3日 - 下松町・久保村・末武南村・花岡村が合併して下松市が発足し、郡より離脱。(2町15村)
  • 昭和15年(1940年
    • 4月29日 - 太華村が町制施行・改称して櫛浜町となる。(3町14村)
    • 11月3日 - 鹿野村が町制施行して鹿野町となる。(4町13村)
  • 昭和16年(1941年)11月3日 - 富岡村が富田町に編入。(4町12村)
  • 昭和17年(1942年)4月1日 - 加見村・久米村が徳山市に編入。(4町10村)
  • 昭和19年(1944年)4月1日 - 櫛浜町・富田町・福川町・大津島村・夜市村・戸田村・湯野村が徳山市と合併し、改めて徳山市が発足、郡より離脱。(1町6村)
  • 昭和24年(1949年
    • 8月1日 - 徳山市の一部(富田)が分立して富田町が発足。(2町6村)
    • 9月1日 - 徳山市の一部(福川)が分立して福川町が発足。(3町6村)
  • 昭和28年(1953年10月1日 - 富田町・福川町が合併して南陽町が発足。(2町6村)
  • 昭和29年(1954年
    • 11月1日 - 米川村が下松市に編入。(2町5村)
    • 12月1日 - 須々万村・中須村・長穂村が合併して都濃町が発足。(3町2村)
  • 昭和30年(1955年
    • 7月20日 - 都濃町および須金村の一部(金峰および須万の一部)が合併し、改めて都濃町が発足。須金村の残部(須万の残部)が鹿野町に編入。(3町1村)
    • 10月1日 - 向道村が徳山市に編入。(3町)
    • 11月1日
  • 昭和41年(1966年)1月1日 - 都濃町が徳山市に編入。(2町)
  • 昭和45年(1970年)11月1日 - 南陽町が改称・市制施行して新南陽市となり、郡より離脱。(1町)
  • 平成15年(2003年4月21日 - 鹿野町が徳山市・新南陽市・熊毛郡熊毛町と合併して周南市が発足し、郡より離脱。同日都濃郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「旧高旧領取調帳」には記載なし。

参考文献[編集]

関連項目[編集]