周防国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周防国
地図 令制国 周防国.svg
-周防国
-山陽道
別称 防州(ぼうしゅう)[1]
所属 山陽道
相当領域 山口県東南半分
諸元
国力 上国
距離 遠国
6郡45郷
国内主要施設
周防国府 山口県防府市周防国衙跡
周防国分寺 山口県防府市(周防国分寺跡)
周防国分尼寺 山口県防府市
一宮 玉祖神社(山口県防府市)
テンプレートを表示

周防国(すおうのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陽道に属する。

「周防」の名称[編集]

藤原宮(藤原京)木簡に「周方国」・「周防国」と表記。 平城宮(平城京)木簡に「周芳国」・「周防国」と表記。

7世紀周芳国として設けられ、7世紀末に周防国に改称した。『日本書紀』では、天武10年(681年)の「周芳国、赤亀を貢ず」が初見で、『続日本紀』では文武天皇元年(697年)に周防国であるが、翌年には周芳国献銅鉱となっている。 しかし文武天皇4年(700年)には周防総領任官の記述[2]が有るのでどちらも使われていたと思われる。

領域[編集]

明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。太字の自治体及び郡は全域が、通常体は一部が国土にあたる。

沿革[編集]

7世紀に設けられた。

大島郡、熊毛郡、都濃郡、佐波郡、吉敷郡の五郡からなったが、養老5年(721年)に熊毛郡から玖珂郡が分けられ、六郡となった。

7世紀代に光市大和町と田布施町の境にある標高約360メートルの石城山(いわきさん)に山城が築かれた。これが学術用語でいう神籠石(こうごいし)という遺跡である。石城山には延喜式内社である石城神社が山頂に鎮座しその本殿は国の重要文化財に指定されている。

周防国は中世に入っても勢力の変遷は少なく、執権北条氏一族の支配から幕府滅亡によって大内氏の支配が続き、中世末に入って毛利氏の領国となって明治維新を迎えた。

国内の施設[編集]

国府[編集]

周防国府跡(山口県防府市)
周防国衙跡

国府佐波郡にあった。現在の防府市土居八町と推定され、関連遺跡の発掘が進んでいる[3]

国分寺・国分尼寺[編集]

周防国分寺
防府市国分寺町。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、以下に示す小社10座8社が記載されている。大社はない。
総社一宮以下
一宮以下五宮が定められ、戦国時代に守護の大内氏によって保護された。

地域[編集]

[編集]

合計45郷(『和名抄』)

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

周防守[編集]

周防介[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国大名[編集]

武家官位としての周防守[編集]

周防国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 稀に「周州」の表記が用いられる。また、国内の地域区分に関しては「周東」・「周南」と、「防」ではなく「周」を用いることが多い。
  2. ^ 続日本紀 巻第一 文武天皇四年 冬十月己未 直広参波多朝臣牟後閉為周防総領
  3. ^ 国府は北に多々良山を背に、南は勝間浦にのぞむところで、東西約868メートル、南北約850メートルの区域である。その中央北よりの東西215メートル、南北216メートルの国庁が置かれ、内部には政庁を始め各種の建物が配置されていたと推定される。国衙から、都の朱雀大路のような路が南北に走り、朱雀という小字名も残っており、国府に由来する地名も少なくなく、昔の国府の姿を残し、1937年昭和12年)に史跡に指定された
  4. ^ 続日本紀 巻第一 文武天皇四年 冬十月己未 直広参波多朝臣牟後閉為周防総領

関連項目[編集]