板倉重宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
板倉重宗
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正14年(1586年
死没 明暦2年12月1日1657年1月15日
別名 十三郎(通称)
戒名 松雲院殿秀峯源俊大居士
官位 従五位周防守、従四位下、侍従
右少将。従四位上
幕府 江戸幕府小姓組番頭・書院番頭・京都所司代
主君 徳川家康秀忠家光家綱
下総関宿藩
氏族 板倉氏
父母 父:板倉勝重
母:粟生永勝の娘
兄弟 重宗重昌重大
正室:成瀬正成の娘
継室:戸田氏鉄の娘
重郷重形、娘(本多利長室)、
娘(内藤正勝正室)、娘(太田資宗正室)、
娘(遠藤慶利正室)、娘(森川重政正室)、
娘(松平光重正室、戸田氏鉄養女)、娘(内藤忠政正室)、
娘(松平輝綱正室)、寿香院(市橋政信正室)、
専称院(松平典信正室)、娘(松平輝綱継室)
特記
事項
継室の戸田氏鉄の娘は直江景明に嫁いていたが、早世して重宗に嫁いだ
父と共に2代にわたって所司代職を世襲した(甥の重矩をふくめると3代になる)

板倉 重宗(いたくら しげむね)は、江戸時代前期の譜代大名下総関宿藩の初代藩主京都所司代。板倉家宗家2代。

生涯[編集]

板倉勝重の長男として駿府で生まれる。永井尚政井上正就と共に秀忠に近侍した(同時期の小姓組番頭は他に水野忠元大久保教隆成瀬正武日下部正冬)。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは秀忠に従った。慶長10年(1605年)の家康・秀忠の上洛に従い、秀忠の将軍就任に伴って重宗も従五位下・周防守に叙任された。大坂の陣では冬・夏の両陣に出陣し、小姓組番頭の職にあって家康・秀忠の間で連絡役を務めた。戦後、書院番頭に任命されて6000石を与えられた。

元和6年(1620年)に父の推挙により京都所司代となり、2万7000石を与えられた。元和9年(1623年)11月19日に従四位下に昇位し、12月23日に侍従に任官される。寛永元年(1624年)4月に父が死去すると、その遺領を弟の重昌と共に分割して相続し、重宗は1万860石を継いで合計3万8000石となった。さらに4月21日には1万2000石を加増されて合計5万石となる。

寛永3年(1626年)、第3代将軍・家光の参内に従う。家光の嫡男・家綱が生まれるとその元服官位について朝廷と交渉した。正保2年(1645年)にはその功績により従四位上・右少将に叙任された。

承応3年(1654年12月6日、30年以上にわたって在職した所司代職を遂に退任した。しかし重宗の影響力は絶大で、翌年11月まで次代の牧野親成を補佐した。その後は家綱の補佐、徳川家の宿老として江戸で幕政に参与し、保科正之井伊直孝大老と同格の発言力を持っていたという。

明暦2年(1656年8月5日、下総関宿5万石を与えられて藩主となった。しかし高齢もあって11月に病に倒れ、幕府から医師の派遣を受けるも12月1日に関宿で死去した。享年71。

人物・逸話[編集]

  • 父の勝重が重宗と後に島原の乱で討死した弟の重昌に、ある訴訟の是非について答えよと言った時に、重昌はその場で返答したが重宗は一日の猶予を求めたうえ、翌日に弟と同じ結論を答えた。周りのものたちは重昌の方が器量が上だと評価したが、父の勝重は、重宗は重昌同様に結論を早く出していた、ただ慎重を期すためにあの様な振る舞いをしただけであり、重宗のほうが器量が上であると評したという(名将言行録)。
  • 京都所司代として訴訟の審理をする際は、目の前に「灯かり障子」を置き、傍らにはお茶を用意することによって、当事者の顔を見ないようにして心を落ち着かせ(人相などで)いらぬ先入観を持たないようにし、誤った判決をしないように心掛けたという。[要出典]
  • 所司代として公務にあたって私心無く公平に処し、正直に決断することを常に心がけ、良臣として人々に広く高い評価を受けていたという(徳川実紀)。
  • 重宗は死刑の判決を下した罪人を常に呼び出し、「明日に刑を執行するが、申し開きあれば申せ」と述べた。そして罪人が申し開いたことは死刑を延期して何日もかけて調べ、全て言い分が無くなってから刑を執行したという(名将言行録)。
  • 父・勝重から所司代に推挙されたとき、重宗は固辞したという。だが父と秀忠の強い薦めがあって断りきれず、父に「なぜこんな大任を」と述べた。勝重は笑いながら「爆火を子に払うため」と答えたという(責而話草)。
  • 重宗が所司代を退任した際、難しい訴訟をわざと5つほど判決せずに残し、それらに自分の存念のみを書いたものを添えて後任の牧野親成に預けた。牧野は重宗の添え書きに従ってその通りに裁いたが、京都の町衆は「周防守(重宗)さえ裁けなかったものを新任の牧野がすぐに裁いた」と褒め称え、それまで侮っていた牧野を信頼したという(名将言行録)。

参考文献[編集]


先代:
板倉勝重
山城国近江国
1620年 - 1656年
次代: