松平康重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
松平 康重
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄11年(1568年
死没 寛永17年6月27日1640年8月14日
改名 康次(初名)→康重
別名 次郎、左近丞(通称)
戒名 長安院殿竜誉浄和大居士
墓所 京都府京都市左京区黒谷町の金戒光明寺
大阪府岸和田市南町の心蓮寺跡
官位 従四位下、周防
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
武蔵騎西藩主→常陸笠間藩主→丹波篠山藩主→和泉岸和田藩
氏族 松井松平家
父母 父:松平康親、母:松平重吉の娘
兄弟 康重忠喬唐梅院
正室:石川康通の娘
継室:徳永寿昌の娘
康政康映康命康紀康敬(五男)、康久(七男)、林(亀井政矩正室)、慶寿院(小笠原長次正室)、娘(西園寺公満室)、娘(牧野康成正室)、娘(松平利綱正室)、娘(竹中重義正室)、娘(岡田元直室)、娘(貫名重用室)、娘(貝塚某室)
特記
事項
徳川家康落胤説有り

松平 康重(まつだいら やすしげ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名松井松平家第2代。

生涯[編集]

駿河国三枚橋城松平康親の長男。天正11年(1583年3月16日元服の際に家康から「康」の偏諱を授かり康次、のちに康重と改めた。

家康が東海地方にいた頃の天正11年(1583年)- 天正18年(1590年)には父・康親の跡を継いで駿河国沼津城の守備役を務め、後北条氏に約8年間も対峙した。

小田原征伐後の天正18年8月に家康が関東に移されると、武蔵騎西に2万石を与えられた。文禄4年(1595年)に豊臣姓を与えられる[1]慶長6年(1601年)に、常陸笠間3万石に加増される[2]

さらには慶長13年(1608年)には丹波国篠山藩5万石に加増移封された[2]

元和5年(1619年)、大坂平野南方の要衝、和泉岸和田に移封となった[2]。寛永11年(1634年)、従四位下に叙任される[3]。寛永17年(1640年)6月27日、73歳で死去し、跡を次男の康映が継いだ[2]

落胤説[編集]

康重は松平康親の子とされているが、実は徳川家康の落胤とする説がある[4]。生母は家康の侍女であり、家康の子を身籠ったまま康親に嫁いだとされる[4]。後に子孫も家康の「康」を通字として用いている[4]

注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、40頁。
  2. ^ a b c d 寛政重修諸家譜』。
  3. ^ 村川前掲書、198頁。
  4. ^ a b c 川口素生 著『戦国武将、逸話の真実と謎』学習研究社、2007年、p.318

参考文献[編集]

書籍
史料