防府市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ほうふし
防府市
Hofu-tenmangu1.JPG
Flag of Hofu, Yamaguchi.svg
防府市旗
Hofu Yamaguchi chapter.JPG
防府市章
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
団体コード 35206-3
面積 188.59km²
総人口 115,942
推計人口、2014年9月1日)
人口密度 615人/km²
隣接自治体 山口市周南市
市の木 サンゴジュ
市の花 サルビア
市の花木 ウメ
防府市役所
所在地 747-8501
山口県防府市寿町7番1号
北緯34度3分3.2秒東経131度33分46秒
Hofu City Hall.JPG
外部リンク 防府市

防府市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

防府市(ほうふし)は、山口県中南部の周防灘瀬戸内海)に面した。旧佐波郡の南半分と旧吉敷郡の一部にあたる。九州・山口地方の東部、中国地方の西部に位置する。

概要[編集]

山口県の瀬戸内側の中央部、県内最大の防府平野をもち、一級河川佐波川の河口に位置する都市である。 県庁所在地である山口市や県東部の主要都市である周南市とのつながりが比較的深い。全県的な地域圏山口・防府地区として区分されることが多い一方で、独立した都市圏を持っているのが特徴である。 山口市街地とは国道262号で、旧小郡町・周南市とは国道2号山陽本線で接するが、どちらとも山を隔てているため市街地の連続性はない。山口市南部・旧秋穂町・旧阿知須町経由で宇部市にも近い。 商圏については、山口市南部・旧秋穂町・旧徳地町・周南市西部が防府市の商圏と重複し[1]、周辺道路網の発達により、山口市・宇部市・周南市の3市に車を使用すれば30 - 40分程度で移動できる距離にあり、企業の山口支店、営業所も多い。 気候は盆地の山口市とは全く異なり、周南市など瀬戸内沿岸地域に近い。テレビのチャンネルは本局の送信所のある大平山からの電波を受信するため、山口市や周南市の一部チャンネルとほぼ同一設定である[2]

昔は県下最大の都市である下関市と中国地方の拠点都市である広島市の中間点として、商業都市、交通都市、製塩都市としても栄えており、都市銀行や企業の支店・営業所も多く設けられていたが、山口線開業に伴う陰陽交通拠点性の低下、山口宇部空港の宇部市設置、さらに山陽新幹線の駅が設けられなかったことにより拠点性が低下し、さまざまな企業の支店・営業所の新幹線駅周辺への移転が相次いだ。

現在は大型店舗の進出が相次ぐために、旧来からの商店街や門前町も衰退しており、商業都市よりも産業・工業都市の性格が強い。また有数の観光・歴史資源を抱えているにもかかわらず、観光にはうまく生かされていない。人口10万人を超え山陽新幹線が市域を通過しているものの、新幹線駅が設けられていないこともあり、県内の他の都市と比較して全国的な知名度や拠点度は低くなっている。かつてはNHK山口放送局(テレビ放送以前)や山口大学の一部学科も防府に設置されていたが、現在では国土交通省の出先機関を除いて主な官公庁はほとんどが山口市に移転している。官公庁の移転が多いなかで、人口が減少傾向にある山口県において人口変化はあまりなく(人口の欄を参照)、人口密度は山口県内の市で一番高い。

かつては三田尻(みたじり)、中関(なかのせき)、宮市(みやいち)と呼ばれることもあったが、奈良時代以後周防国国府が置かれた都市(国府、府中)であり、現在の都市名も周国の国に因む。又、国衙(こくが)など律令時代の遺跡や地名も多い。

地理[編集]

防府天満宮・春風楼から見た防府市街
右田ヶ岳からみた防府市

山口県のほぼ中央に位置し、南を瀬戸内海に面する。市の北西から瀬戸内海に向かって一級水系佐波川(さばがわ)が流れ、山口県では数少ない、河口付近に開けた平野部に都市が成り立っている。さらに沖合側はかつての塩田の跡が干拓されて平野部を形成している。

東を周南市に、西・北を山口市に接する。瀬戸内海には佐波島向島野島の3島が浮かび、防府市の市域を構成している。

人口[編集]

平成22年国勢調査(速報値)より前回調査からの人口増減をみると、0.15%減の116,641人であり、増減率は県内19市町中2位。

Demography35206.svg
防府市と全国の年齢別人口分布(2005年) 防府市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 防府市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
防府市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 97,009人
1975年 105,540人
1980年 111,468人
1985年 118,067人
1990年 117,634人
1995年 118,803人
2000年 117,724人
2005年 116,818人
2010年 116,641人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

古代[編集]

  • 縄文時代 - 台が原遺跡、奥正権寺遺跡などで生活の跡が見られる。
  • 弥生時代 - 下右田遺跡、井上山遺跡などに高地性集落の跡が見られる。
  • 古墳時代 - 桑山塔ノ尾古墳、車塚古墳、天神山古墳、片山古墳が造られる。このころ玉祖神社が作られたと見られる。
  • 飛鳥時代 - 来目皇子(聖徳太子の弟)が亡くなり、周防娑婆で殯を行う。との記事が『日本書紀』に見られる。

中世[編集]

近世[編集]

近代[編集]

市制施行後[編集]

※ 過去に山口県庁の招致を行ったこともある[要出典]

地名の由来[編集]

官公庁[編集]

国の機関[編集]

県の機関[編集]

  • 山口県防府総合庁舎
    • 山口県税事務所収納課、山口健康福祉センター防府支所、防府土木建築事務所、防府水産事務所などがある。

警察[編集]

消防[編集]

文化施設[編集]

  • 防府市立防府図書館(ルルサス防府内)
  • アスピラート
  • 防府市公会堂

産業[編集]

古くは長州藩第7代藩主、毛利重就によって作られ、東の赤穂、西の三田尻と称されるほど製塩業で栄えた町である。昭和に入り製塩業が廃れ、塩田の跡地や臨海部には大規模工場の進出が相次ぎ、近年ではマツダブリヂストンなど輸送関連工場の進出で活気を取り戻している。2004年5月、経営再建中であったカネボウの再建策として同年7月までに売却先が決まらなければ防府工場を閉鎖するとし経済や雇用の先行きが懸念された。結果的にカネボウ防府工場は閉鎖されたものの、その工場跡地にはイオンタウン防府ショッピングセンターが建設され2008年3月14日にオープンした。市内にはマツダ防府工場のほか輸送関連企業、工場増強を表明しているブリヂストン協和発酵バイオ、東海カーボンなどの工場があり工業製品出荷額に於いては山口県内では上位にある。また山口県の瀬戸内側中央部に位置するため大手企業の支店や営業所も多数立地している。(航空自衛隊基地の街でもあり、市街地上空では練習機の姿がよく見られる。)

商業[編集]

古くは防府天満宮(松崎天神)を中心とした門前町の宮市地区(山陽道萩往還の結節点周辺)と、三田尻港・中関港を中心とした港町の三田尻地区、中関地区として栄えてきた。近年では鉄道駅が港と門前町の中間点に設置されたため、天満宮と駅を結んで中心商店街が形成されてきた。しかし、モータリゼーションの流れに既存の商店街が対応できていないために、商店街近隣の駐車場が少ないことや、防府天満宮が商店街を通過しない防府競輪場の周囲に大規模な駐車場を設置したこと、加えて地元組織が百貨店やスーパー(かつてはスーパーではジャスコ長崎屋、百貨店ではそごうの出店構想があった)の商店街出店を拒否した結果、牟礼地区などに郊外型店舗が複数建設されたほか、商店街から離れた防府駅みなと口や市南部の工場跡地などにシネマコンプレックスボウリング場などを併設した大型店舗が相次いで出店をしたため、商店街は衰退し続けている。防府天満宮は現在でも正月3が日で40万人前後の人が訪れるものの、土産物などの店は商店街にはあまりない。

中心商店街には駅通り、栄町、天神町銀座、上天神町、立市、車塚、掘口などの商店街があったが、現在では天満宮に最も近い立市などは商店街とよべるようなものではなくなっている。毎年10月に商店街一帯で「愛情防府フリーマーケット」が開催され、西日本随一の12万人以上の人出で賑わっているものの、これは一時的なものである。商店街の再興を願って図書館併設のルルサス防府が防府駅てんじん口側に建設されたが、商業施設のテナントは埋まるどころかテナントの撤退が相次ぐなど苦戦している。2008年3月14日にオープンしたイオンタウン防府ショッピングセンターには、商店街の老舗衣料大店であるエムラが本店を移転するなど商業の郊外化が進行しているが、道路中心の山口県内他都市と比較すると公共施設や大規模小売店舗が駅の周辺に立地しており、近年はホテルやマンションの立地も進んでおり、比較的コンパクトシティ化されている。

金融機関[編集]

山口県内唯一の信託銀行の支店があるが、現在都市銀行の支店は無い。

銀行
その他金融機関


金融・証券・保険会社
かつて存在した金融機関

商業施設[編集]

中心市街地[編集]
市街地郊外[編集]

企業[編集]

企業の支店や営業所は周南市の徳山駅や山口市の新山口駅など新幹線駅周囲への移転統合が目立つものの県内拠点も多数立地している。本社企業は準大手スーパーの丸久や東山口信用金庫、王子ゴム化成などがある。

防府市に本社を置く主な企業


防府市に山口県管轄支店・営業所を置く主な企業


工業[編集]

輸送産業関連の工場が多く立地しており、工業出荷額は山口県内では周南市に次いで2番目で、1兆円を超えている。

防府市にある主な工場


漁業[編集]

ハモ(鱧)の水揚高が多く、「天神はも」のブランドを立ち上げPRを行っており、市内の数十店の加盟店では安く新鮮なはも料理を食べることができる。

  • 大道漁港
  • 西浦漁港
  • 中浦漁港
  • 牟礼漁港
  • 富海漁港
  • 向島漁港
  • 野島漁港


医療機関[編集]

県立総合医療センターがあるが、他には公的な総合病院はないため、2次救急は、市内の5病院での輪番体制をとっている。

3次救急
2次救急
  • 桑陽病院
  • 緑町三祐病院
  • 三田尻病院
  • 松本外科病院
  • 防府胃腸病院

行政・議会[編集]

  • 市長 松浦正人(元山口県議会議員、元防府市議会議員)

姉妹都市・提携都市[編集]

国内
海外

教育[編集]

短期大学以外の高等教育機関は存在しない。

短期大学[編集]

高等学校[編集]

5校(県立3校、私立2校)

県立
私立


中学校[編集]

公立
  • 華陽中学校
  • 華西中学校
  • 佐波中学校
  • 小野中学校


私立


小学校[編集]

公立
  • 富海小学校
  • 牟礼小学校
  • 勝間小学校
  • 松崎小学校
  • 華浦小学校
  • 新田小学校
  • 野島小学校
  • 向島小学校
  • 中関小学校
  • 西浦小学校
  • 華城小学校
  • 佐波小学校
  • 小野小学校
  • 右田小学校
  • 玉祖小学校
  • 大道小学校
  • 牟礼南小学校


特別支援学校[編集]

専修学校[編集]

交通[編集]

最寄りの空港は山口宇部空港である。

鉄道[編集]

防府駅みなとぐち
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)
  • 中心駅:防府駅
    かつては三田尻駅とよばれ小郡(現・新山口)駅に移転するまでは機関区が設置されていた。また鉄道唱歌にも歌われている。防府駅と堀(山口市徳地)との間に防石鉄道があったが、現在は廃止されている。鉄道高架化以前は市内臨海部の工場に向けての引き込み線があった。
    山陽新幹線の岡山以西区間の開業以前は優等列車の発着が多かったが、市内に新幹線の駅が設置されていないため、新幹線の利用には東の徳山駅まで電車で25分、西の新山口駅まで電車で16分かけて行く必要がある。ただし、在来線の本数が少ないうえに接続が必ずしも良くないため、最寄の新幹線駅まで車で行く人が多い。

バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

新幹線駅が無いため高速道路の利用者は多い。

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

港湾[編集]

  • 三田尻中関港重要港湾
    マツダ防府工場で生産された自動車の輸出および移出が中心。輸入より輸出が多いのが特徴。完成自動車の輸出では全国上位港である。近年ではコンテナ扱いも増えている。2008年度の輸出入貿易額は、総額8029億円となっており、空港を含む全国の148港中、18位に位置する。また三田尻港より野島行きの定期船が運航している。

メディア[編集]

山口県内の県域放送のテレビ放送・FM放送の送信所はすべて防府市牟礼大平山送信所大平山)にある。ただし、ぷらざFMの送信アンテナは向島の錦山中腹。また、NHK山口放送局のAM送信所も防府市西浦にある。

文化[編集]

観光スポット・祭事[編集]

防府天満宮
周防国分寺

防府市内に歴史・旧跡は多く、西の奈良とも言われる。山口県内にある国宝の半数は防府市にあるものの知名度が低く、観光に結びついていない。

神社・仏閣
旧跡
  • 宮市兄部家本陣跡
  • 三田尻御茶屋跡
  • 御舟倉跡
公園
社会文化・遊興施設
祭事・催事
  • 玉祖神社関連 - 占手神事、玉の祭など
  • 防府天満宮関連 - 裸坊祭り、 御誕辰祭万灯、牛替神事など
  • 腰輪踊り(宇佐八幡宮)
  • 塩田まつり - 毎年10月塩田記念公園で行われている祭事
  • 御誕辰祭花火大会(天神山) - 毎年8月5日に開催されている。
  • 防府読売マラソン(市街地) - 毎年12月に開催、日本陸連の公認レース。
  • 三田尻の女尻相撲大会老松神社
  • 防府航空祭(航空自衛隊防府北基地)
  • 笑い講(大道・小俣地区に伝わる神事)
  • つつじ祭り(大平山)
  • 大平山ロープウェー夜間納涼運転(大平山)
  • 観月会(大平山)
  • 秋の公園祭り(大平山)
  • 大寒みそぎ(春日神社)
文化財
  • 国宝 5件
    • 紙本墨画淡彩四季山水図 雪舟筆(毛利博物館)
    • 鉄宝塔(水晶五輪塔共)(阿弥陀寺
    • 菊造腰刀 刀身無銘 伝・当麻(毛利博物館)
    • 古今和歌集 巻第八(高野切本)(毛利博物館)
    • 史記 呂后本紀第九(毛利博物館)
  • 国宝以外の国指定文化財 43件
    • 重要文化財 31件
    • 史跡 5件
    • 名勝 1件
    • 天然記念物 3件
    • 重要有形民俗文化財 3件
  • 山口県指定文化財 29件
  • 防府市指定文化財 57件
  • 国・県・市指定文化財の総数 124件(2006年3月現在 市教育委員会文化財保護課調べ)

防府市を舞台とした作品[編集]

防府市出身の著名人[編集]

その他[編集]

市外局番は、以下の通りとなっている。

  • 防府MA(市外局番0835、市内局番20 - 39、50 - 69、80 - 99) - 市内全域(山口市徳地と同一MA)
    • なお、防府市(山口県中部)の天気予報0835-177(防府MA)である。

郵便番号は、以下の通りとなっている。

  • 防府郵便局:747-00xx、747-08xx、747-85xx、747-86xx、747-87xx、747-01xx、747-11xx、747-12xx

脚注[編集]

  1. ^ かつては山口市から防府市への買い物客が多数見られたり、周南市徳山への流入が多数見られたが、現在は防府市や山口市での大型店舗の開発もあってか、拮抗した状態にある。
  2. ^ ただし、隣接する山口市北部では、山口市鴻ノ峰からの電波を受信する世帯が多い。
  3. ^ 物語の舞台は柳井市となっており、防府市内での撮影は行われていない。
  4. ^ 『歌謡Gメンあのヒット曲の舞台はここだ』 著: テリー伊藤宝島社刊(2005年)より。

外部リンク[編集]