ハ行転呼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハ行転呼(はぎょうてんこ)とは、日本語史における大きな音韻変化の一つで、語中・語尾のハ行音がワ行音へと変化した現象をいう。平安時代に起こり一般化した。このようにして成立したワ行音をハ行転呼音という。

解説[編集]

平安時代初期のハ行子音の音価は無声両唇摩擦音[ɸ](現代のファ行の子音にあたる)であったが、平安時代中期以降、唇音退化現象により[ɸ] は以下のように両唇接近音[β̞]、すなわちワ行の音に変化した。

  • かは(川) [kaɸa][kaβ̞a]
  • こひ(恋) [koɸi][koβ̞i]
  • うへ(上) [uɸe][uβ̞e]
  • かほ(顔) [kaɸo][kaβ̞o]

ハ行転呼音が進行したことによって、上記の例でいえばもともと「うへ」と表記されていたものが「うゑ」と表記されることがあった。逆に言えば、当時の筆記とみられる一等資料(特に訓点資料)においてハ行の仮名表記に動揺が見られる場合、その時期がまさにハ行転呼の進行期であったことを示す。

なお「フ」を除く語頭のハ行音も、のちに唇音退化現象により唇を使わない声門摩擦音[h]に音韻変化している。こうして[ɸa][ɸi][ɸe][ɸo]の音は、いったん日本語の音としては消滅したが、近代以降に外来語として導入された「ファ」「フィ」「フェ」「フォ」は現代語において[ɸ]で発音されている[1]

日本語の語彙において、語中・語尾にハ行音があるもの(合成語は除く)はこのハ行転呼の現象以降に成立した語彙であることがわかる。ただし特殊な例として「はは」(母)のように一旦「はわ」に変化したのち、再び「はは」に戻ったものもある。これは「ちち」(父)、「ぢぢ」(爺)に対応する「はは」(母)、「ばば」(婆)の体系を維持しようとして引き起こされた変化と考えられる。また助詞の「は」と「へ」は一語であるが、語尾に準じて転呼し、ワ行音となっている。ちなみにワ行音の「ヰ」「ヱ」「ヲ」はさらにその後の音韻変化で、ア行音の「イ」「エ」「オ」に同化し現代に至っている。

仮名における表記[編集]

しかしハ行転呼音は、実際には依然としてハ行の仮名で記される場合が多かった。すでにそれまでの表記のありかたが慣習化しており、音韻の変化に沿ってその表記をむやみに変更することは、語の識別に支障を来たすことになるからである。「こひ」(恋)の表記は文献上「こひ」に落ち着いており、「おもふ」(思ふ)のように活用語尾連体形終止形が「ふ」で終わるものも、類推によって「ふ」が「う」になるようなことはなかった。これは藤原定家著の『下官集』を濫觴とする定家仮名遣においても同様である。ただし使用頻度の低い言葉や用例の少ない言葉の場合には、ワ行の仮名で記されてもいる。「こひ」(鯉)は恋と違って「こい」「こゐ」という表記が『仮名文字遣』にみられ、また『伊勢物語』の冒頭では、

むかし、おとこうゐかうぶりして…(天福本)

とあり、「うかうぶり」(初冠)は本来「うかうぶり」であるが「うゐ」となっている。「うひかうぶり」という言葉はこの『伊勢物語』の冒頭以外にほとんど見られないもので、語の識別の上からは「ゐ」と記されても支障はなかったのである。

江戸時代に入ると、契沖が音韻の変化する以前の上代及び平安時代の表記が正しいとする『和字正濫抄』を著し、このなかで説かれたいわゆる契沖仮名遣は国学者の間で支持された。やがて明治時代にはこれを基とした歴史的仮名遣が学校教育において行われ、ハ行転呼音を含む語彙も歴史的仮名遣に沿って書き分けられる。しかし歴史的仮名遣は実際の発音と乖離しており、知識的負担量の多い仮名遣いであった。戦後、保守派を退けて現代仮名遣いが行われ、それまで「は」「ひ」「ふ」「へ」「ほ」で綴られていた語中語尾の仮名文字も、現代音に従って「わ」「い」「う」「え」「お」で表記されるようになった。しかし助詞の「は」と「へ」を発音どおりに「わ」「え」と表記しないことは仮名遣いとして残った。

漢字音への影響[編集]

唇音入声の変化[編集]

漢字音には入声と呼ばれる語末の破裂子音がある。これを日本語では母音挿入して「フ・ツ・チ・キ・ク」としており、入声 [p] には「フ」 /fu/ で対応した。これが後にはハ行転呼により /u/ へと変化した経緯は前述のとおりである。

ただし、熟語の中で後続字が無声子音で始まる場合は「フ」ではなく促音「ッ」の形をとることが多く、ハ行転呼とは無縁である。例えば「合」(ガフ・カフ)が「合体」「合戦」などの熟語において「ガッ」「カッ」となっているのはその例である。 しかし後には無声子音の前でも促音を用いないものも表れており、たとえば「合成」などでは無声子音の前でも「ガフ」のハ行転呼形に由来する「ゴウ」(/gafu/ > /gau/ > /goh/)となっている。また、甲(カフ)を使った「甲子」には「コウシ」と「カッシ」の二種類の読みがある。

さらに最近の現象として、「十回(ジフ+カイ)」を「ジュッカイ」と読むようになってきているが、これは旧来使われてきた促音形の「ジッカイ」 と、ハ行転呼を経た「十」の音「ジュウ」(/zifu/ > /ziu/ > /zyuh/)とが混成した形である。

また、「フ」のかわりに「ツ」を使うようになったものもある。例えば、「立」(リフ)は「建立」(コンリフ > コンリュウ)のように「フ」を用いた語彙もあるが、「設立」(セツリツ)、「立案」(リツアン)のように、大体において「ツ」が使われる。このため「押」(アフ > オウ)と「圧」(アフ > アツ)のように元々同音語であるのに、違った字音をもつ語のようになってしまったものもある。また「雑」(ザフ)のように「ゾウ」と「ザツ」、二つの音が並立して存在するものもある。「雑巾」と「雑菌」は同じ「キン」という発音の前であるにもかかわらず、違う発音になっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]