出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(ごう、きょう、さと)とは田舎またはを意味し、地方行政の単位(村の集合体)である。

日本における郷[編集]

山城国葛野郡の例
山城国 葛野郡 橋頭郷
大岡郷
山田郷
川辺郷
葛野郷
川島郷
上林郷
櫟原郷
高田郷
下林郷
緜代郷
田邑郷
他7郡

律令制の郷[編集]

日本では奈良時代律令制における地方行政の最下位の単位として、の下に(り、さと)が設置された。里は50戸を一つの単位とし、里ごとに里長を置いた。 715年に里を郷に改称し、郷の下にいくつかの里を置く郷里制に改めたが、後に里が廃され郷のみとなった。 715年にこれが(ごう、さと)と改められ、郷の下に新たに2~3の里が設定された。しかし、この里はすぐに廃止されたため、郷が地方行政最下位の単位として残ることになった。

つまり、郷は戸という家族集団の集まりであるから、「人」の支配のために設けられた制度である。

平安時代中期の辞書である『和名抄』は、律令制の国・郡・郷の名称を網羅しており、例えば平安京が置かれた山城国葛野郡には12郷が存在していたことがわかる(右表参照)。

郷の変質[編集]

律令政治の弛緩は地方政治にも大きな影響を与え、従来は郡の下部組織であった郷の位置づけも変化して、有力な郷(郷倉が置かれた郷など)が郡から分離したり、郡そのものを分割したりすることで名称は依然として「郷」でありながら実質は郡と同じ役割を果たすものが登場した。その結果、中世に入る頃には郷は郡とほぼ同格の位置づけとなった。そのような状況において、旧来の郡司の指揮下で郷の行政を行っていた郷長は姿を消し、それに代わって郡司とほぼ同様の役目を担う郷の責任者として郷司が登場する。時期は11世紀とみられている。

中世・近世と郷の下には更に小さな単位である惣村)が発生して郷村制が形成されていった。これに伴い律令制の郷に限らず一定のまとまりをもつ数村を合わせて「○○郷」と呼ぶことがある。合掌造りで知られる白川郷などはその例である。

なお、近世薩摩藩領(現在の鹿児島県本土、宮崎県南西部)においては外城のことを指して郷と称した。また、大村藩領(現在の長崎県彼杵地方)や福江藩領(現在の長崎県五島列島)においては集落の単位として郷が使われ、現在も西海市西彼杵郡東彼杵郡の各町、新上五島町小値賀町などで「○○郷」という地名が使われ続けている。

中国における鄕[編集]

中華人民共和国の行政区分
省級行政区
自治区
直轄市
特別行政区
副省級行政区
副省級市
副省級自治州
副省級市轄区
地級行政区
地級市
地区
自治州
県級行政区
市轄区
県級市
自治県
自治旗
特区
林区
行政委員会
郷級行政区
街道
民族郷
ソム民族ソム
県轄区
基層自治組織
社区
その他
首都
省会首府
計画単列市
較大の市

中国において鄕(簡体字繁体字)はの時代から存在しており(→郷里制漢代の地方制度を参照)、現在も行政区画として存続している。それは省級県級郷級からなる「三級行政区画制度」の3番目の区分に属し、そして省級・地区級行政督察区)・県級・郷級の「四級行政区画制度」では4番目の区分に属す。郷はの行政区画の主要な形式の一つである。

中国の「郷」は県級行政区の行政区画の主要な形式の一つとなっており、郷と同レベルの行政分区を「郷級行政区」と呼ぶ。それには下位区分が存在し、政府役場)がある。郷の行政分区は主に民族村を含む)で稀に他のタイプの行政区画がある。郷級区画は何度も改革を受けた。参照項目:撤区並郷

年次 合計 うち民族郷
1951年 218006 -
1952年 275200 -
1983年 85200
1986年 61415 2936
1988年 46766 1571
1990年 44397 1980
1992年 33827
1994年 31463
1995年 29502
2000年 24555 1356
2001年 20012 1165
2002年 18356 1160
2003年 17783 1147
2004年 17256 1126

台湾における郷[編集]

台湾におけるは地方行政制度の中の下部組織とし、県轄市に準じるものと規定されている。

1999年1月25日に公布された中華民国地方制度法の第3条規定を根拠に設置されている。現在台湾の地方制度中でのの明確な設置基準は定められておらず、現状は日本統治時代の「支庁」や、清代の「巡検」、鄭氏政権での「屯田」など、歴史的な区分に基づき設置されているが、合併などで新たな法的設置基準が求められている。

関連項目[編集]