福原貞俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福原 貞俊(ふくばら さだとし)は、大江姓安芸福原氏の人物。この氏名を名乗った人物が2名いる。

系図[編集]

福原氏は同じ名前を名乗った者が多いため、以下にまとめる。

福原広世
  ┃
福原朝広
  ┃
福原広俊 (8代当主)
  ┃
福原貞俊(9代当主)
  ┃
福原広俊 (10代当主)
  ┃
福原貞俊(11代当主)
  ┃
福原元俊(12代当主)
  ┃
福原広俊 (13代当主)
  ┃
福原元俊 (14代当主)
  ┃
福原広俊 (15代当主)


」の字は安芸福原氏の初代・福原広世の養父にあたる長井貞広に由来する字である(元々は貞広の父・貞頼鎌倉幕府第9代執権北条貞時より偏諱を受けたものである)。一方「」の字は、福原広俊 (8代当主)をきっかけとして代々通字として用いられるようになっていたものである。広俊の子である貞俊 (9代当主)は前述の「貞」の字を取ってその名を称したものと推測され、孫の貞俊 (11代当主)も祖父に肖って同名を名乗った。(これ以降は「福原貞俊」を名乗った人物のみならず「貞」の字を用いた人物すら見られなくなる。)

尚、同名に関しては「福原貞俊」のみならず、系図を見ての通り、「福原広俊」や「福原元俊」と名乗った人物も複数名おり、同様に祖先に肖るか、或いは本家筋にあたる毛利氏からの偏諱の授与によるかのいずれかによって生じたものである。

福原貞俊 (9代当主)[編集]

福原 貞俊(ふくばら さだとし、生没年不詳)は、戦国時代武将毛利氏の家臣。安芸福原氏9代当主。8代当主福原広俊の子。毛利弘元に嫁いだ姉と、弟に福原元澄(もとずみ)がいる。毛利氏筆頭家老となる10代当主福原広俊の父。

福原貞俊 (11代当主)[編集]

福原貞俊
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正9年(1512年
もしくは永正16年(1519年
死没 文禄2年8月10日1593年9月5日
主君 毛利元就輝元
氏族 大江姓長井氏流福原氏
父母 父:福原広俊、母:不明
兄弟 貞俊元正桂元澄室、口羽通良
和智誠春室、天野隆重室、杉重良
元俊

福原 貞俊(ふくばら さだとし、永正9年(1512年)~文禄2年8月10日1593年9月5日)は、戦国時代武将毛利氏の家臣。安芸福原氏11代当主。毛利氏の宿老であった福原広俊の嫡男。上記の福原貞俊(9代当主)の孫にあたり、それに肖って貞俊と名乗る。生年は永正16年(1519年)説もある。

前述の通り、曽祖父・広俊の娘(上記の福原貞俊(9代当主)の姉)が毛利弘元の正室となっており、毛利興元毛利元就を産んでいる。父の広俊も元就に家督相続を打診するなど、毛利家中での発言力は大きかった。貞俊も早くから毛利元就に仕えて各地を転戦し、天文19年(1550年)、それまでの功績や誠実な性格を元就に信頼されて毛利氏における筆頭重臣にまで取り立てられた。

弘治元年(1555年)の厳島の戦いの後に、毛利氏が大内領への侵攻作戦である防長経略でも、長門且山城を囲んで内藤隆世大内義長を自害に追い込んでいる。その後も小早川隆景らと共に瀬戸内海を中心に軍事行動を展開し、永禄10年(1567年)からの毛利氏の伊予出兵や、永禄12年(1569年)の大内輝弘の乱でも主力を率いて活動している。

元就死後は毛利輝元を補佐し、吉川元春、小早川隆景、口羽通良と共に四人衆と称された。主な任務としては、隆景と共に山陽方面の政治や軍事を担当している。天正12年(1584年)、高齢を理由に隠居した。子孫は江戸時代長州藩においても、一門家老として重用されている。

なお福原氏には、戦国期から安土桃山時代にかけて広俊、貞俊、元俊を名乗った当主が複数いる。

関連項目[編集]