周防 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周防
艦歴
発注
起工 1898年8月1日
進水 1900年5月24日
就役 1902年7月31日
除籍 1922年4月1日雑役船に編入
その後 1922年9月30日廃船
性能諸元
排水量 13,500トン
全長 424 ft
全幅 71.5 ft
吃水 27.3 ft
機関 3軸レシプロ 垂直三段膨張機関(VTE), 14,500 馬力
燃料
最大速 16ノット
航続距離 6,000海里(10ノット時)
兵員 732名
兵装 10インチ砲 4門
6インチ砲 10門
12ポンド砲 16門
3ポンド砲 21門
1.5ポンド砲 8門
魚雷発射管 2門

周防(すおう)は日本海軍戦艦。元はロシア帝国前弩級戦艦ポベーダロシア語:Победаペレスヴェート級)であり、後に日本海軍に鹵獲され「周防」と改名された。

艦歴[編集]

1898年8月1日起工。1900年5月24日進水。1902年7月31日就役。

日露戦争でポベーダは旅順沖で被弾、損傷。ついで触雷した。1904年8月10日に黄海海戦に参加、11発の命中弾を受ける。その後旅順で日本陸軍の砲撃を受け、12月7日に着底。

戦後の1905年10月17日に浮揚[1]。同年10月25日、周防として日本海軍に編入され[2]、修理の後再就役した。

1912年、一等海防艦になる。第一次世界大戦では青島攻略戦に参加した。この時は第二艦隊加藤定吉中将の旗艦であった。

1922年ワシントン軍縮条約に基づき除籍され、解体が開始されたがその最中に浸水し転覆した。

艦長[編集]

Japanese battleship Suwo 2.jpg

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 西紳六郎 大佐:1906年8月30日 - 1907年3月12日
  • (兼)茶山豊也 大佐:1907年3月12日 - 4月18日
  • 吉見乾海 大佐:1907年4月18日 - 7月1日
  • 仙頭武央 大佐:1907年7月1日 - 1908年5月15日
  • 小花三吾 大佐:1908年9月1日 - 1909年5月22日
  • 田中盛秀 大佐:1909年5月22日 - 1910年4月9日
  • 東郷静之介 大佐:1910年4月9日 - 1911年12月1日
  • 高木七太郎 大佐:1912年4月30日 - 12月20日
  • (兼)広瀬順太郎 大佐:1912年12月20日 - 1913年1月10日
  • 吉島重太郎 大佐:1913年4月1日 - 12月1日
  • 岡野富士松 大佐:1913年12月1日 - 1914年12月1日
  • 下平英太郎 大佐:1914年12月1日 - 1915年4月1日
  • 丸橋彦三郎 大佐:1915年4月1日 - 12月13日
  • 三村錦三郎 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 大石正吉 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 石川秀三郎 大佐:1917年12月1日 - 1918年12月1日
  • 樺山可也 大佐:1918年12月1日 - 1919年10月1日
  • 小倉嘉明 大佐:1919年10月1日 - 12月1日
  • 石井祥吉 大佐:1919年12月1日[3] - 1920年12月1日[4]
  • 高倉正治 大佐:1920年12月1日[4] -

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6693号、明治38年10月19日。
  2. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料篇、2頁。
  3. ^ 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  4. ^ a b 『官報』第2501号、大正9年12月2日。

参考文献[編集]

  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]