千歳 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese cruiser Chitose.jpg
艦歴
発注 1896年度計画
起工 1897年5月1日
進水 1898年1月22日
就役 1899年3月1日
除籍 1928年4月1日
その後 1931年7月19日 撃沈処分
性能諸元
排水量 常備:4,760t
全長 115.2m
全幅 14.9m
吃水 5.3m
機関 二軸レシプロ蒸気機関、円罐12
15,500馬力
最大速 22.25ノット
兵員 434名
兵装 45口径20.3cm単装速射砲2門
40口径12cm単装速射砲10門
40口径7.6cm単装速射砲12門
4.7cm単装速射砲6門
35.6cm水上魚雷発射管4門
装甲 甲板傾斜部:89mm

千歳(ちとせ)は、日本海軍防護巡洋艦笠置型の2番艦である。外交上の問題からアメリカのユニオン鉄工所に発注された。

艦歴[編集]

1897年、サンフランシスコで起工、1899年3月1日に竣工し、二等巡洋艦に類別。同月21日、日本に回航され[1]4月20日横須賀港に到着した。

北清事変では1900年7月から翌年9月にかけて大沽芝罘方面に出動した。

日露戦争に際しては、対馬海峡警備、黄海海戦宗谷沖海戦日本海海戦等に参加。

1907年2月から11月まで、アメリカ殖民300年祭記念観艦式2月28日ハンプトン・ローズ)に参加し、その後ヨーロッパ各国を歴訪した。

第一次世界大戦では、青島攻略戦に参加、さらにメキシコ湾岸、南中国での作戦に従事した。

1921年9月1日、二等海防艦に類別変更され、1928年4月1日に除籍となり、7月26日、廃艦第1号と仮称。

1931年7月19日、土佐沖で急降下爆撃の実艦的として撃沈処分された。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

回航委員長
艦長
  • 桜井規矩之左右 大佐:1898年10月27日 - 1899年5月1日
  • 細谷資氏 大佐:1899年10月13日 - 1900年5月20日
  • 中尾雄 大佐:1900年5月20日 - 1901年3月13日
  • 寺垣猪三 大佐:1901年3月13日 - 1903年1月12日
  • 佐々木広勝 大佐:1903年1月12日 - 7月7日
  • 高木助一 大佐:1903年7月7日 - 1905年12月12日
  • 小花三吾 大佐:1905年12月12日 - 1906年5月10日
  • 山屋他人 大佐:1907年1月14日 - 12月27日
  • 茶山豊也 大佐:1907年12月27日 - 1908年9月15日
  • 山田猶之助 大佐:1908年9月15日 - 12月10日
  • 高島万太郎 大佐:1908年12月10日 - 1909年12月1日
  • 釜屋六郎 大佐:1909年12月1日 - 1910年10月26日
  • 榊原忠三郎 大佐:1910年10月26日 - 1911年1月16日
  • 水町元 大佐:1911年1月16日 - 6月12日
  • (兼)岩村団次郎 大佐:1911年6月12日 - 8月1日
  • 川浪安勝 大佐:1911年8月16日 - 1911年12月1日
  • 山崎米三郎 大佐:1911年12月1日 - 1912年4月20日
  • (兼)山口鋭 大佐:1912年4月20日 - 5月22日
  • 荒西鏡次郎 大佐:1912年5月22日 - 1913年12月1日
  • 中川繁丑 大佐:1913年12月1日 - 1914年1月24日
  • 三輪修三 大佐:1914年1月24日 - 5月27日
  • 本田親民 大佐:1914年5月27日 - 11月16日
  • (心得)土師勘四郎 中佐:1914年11月16日 - 12月1日
  • 土師勘四郎 大佐:1914年12月1日 - 1916年5月11日
  • 中村正奇 大佐:1916年5月11日 - 1917年7月16日
  • 白根熊三 大佐:1917年11月9日 - 1918年7月11日
  • 橋本虎六 大佐:1918年7月23日[2] - 1919年11月20日[3]
  • 福村篤男 大佐:1919年11月20日[3] -
  • 平岡善之丞 大佐:不詳 - 1920年11月20日
  • 遠藤格 大佐:1920年11月20日 - 1921年12月1日
  • 原道太 大佐:1921年12月1日[4] - 1922年11月10日[5]
  • (心得)木岡英男 中佐:1922年11月10日[5] - 12月1日
  • 木岡英男 大佐:1922年12月1日[6] - 1923年2月15日[7]
  • 岩崎猛 大佐:1923年2月15日[7] -
  • (兼)益子六弥 大佐:1923年11月10日- 1924年3月25日
  • (兼・心得)三矢四郎 中佐:1924年3月25日[8] - 5月10日[9]
  • (心得)今川真金 中佐:1924年5月10日[9] - 不詳
  • 今川真金 大佐:不詳 - 1924年12月1日[10]
  • (兼)今川真金 大佐:1924年12月1日[10] -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4715号、明治32年3月24日。
  2. ^ 『官報』第1793号、大正7年7月24日。
  3. ^ a b 『官報』第2190号、大正8年11月21日。
  4. ^ 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  5. ^ a b 『官報』第3085号、大正11年11月11日。
  6. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  7. ^ a b 『官報』第3162号、大正12年2月16日。
  8. ^ 『官報』第3474号、大正13年3月26日。
  9. ^ a b 『官報』第3513号、大正13年5月12日。
  10. ^ a b 『官報』第3684号、大正13年12月2日。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]