日進 (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
装甲巡洋艦 日進
艦歴
発注
起工 1902年3月29日
進水 1903年2月9日
就役 1904年1月7日
除籍 1935年4月1日
その後 1935年砲弾実験中に転覆
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:7,700t
全長 105.0m
全幅 18.7m
吃水 7.29m
機関 石炭専燃円缶8基
+直立型三段膨張式三気筒レシプロ蒸気機関2基2軸推進
最大速 20.0ノット
航続距離
兵員 568名
装甲
兵装 20.3cm(45口径)連装砲4門
15.2cm(40口径)単装砲14門
7.6cm(40口径)単装砲8門
45.7cm水中魚雷発射管単装4門

日進(にっしん)は、日露戦争で活躍した旧日本海軍春日型装甲巡洋艦の2番艦。一等巡洋艦(装甲巡洋艦)に類別された。同型艦は春日

概要[編集]

日露戦争開戦直前に、日本海軍がアルゼンチン海軍から買い取ったジュゼッペ・ガリバルディ級装甲巡洋艦2隻のうちの1隻である。アルゼンチン名は「モレノ」であった。

当初は第3艦隊に所属していたが、旅順封鎖中に触雷により戦艦2隻(八島初瀬)を失った後は、戦艦と同等(射程の長さ)の戦力があるとみなされ、同型艦春日とともに第1艦隊第1戦隊に編入され、黄海海戦日本海海戦の主力として活躍した。

明治39年(1906年)5月10日に愛知県愛知郡の香久山、白山、岩崎の3村が合併した際には、日進の日露戦争での活躍にあやかって新村名を日進村(現・日進市)としている。

日本海海戦[編集]

日本海海戦後に撮られた「日進」。砲身が根元で断裂している。

日本海海戦では第1戦隊の殿艦を務め、一時は一斉回頭により先頭を進むことがありそれ故に旗艦に次ぐ戦傷者を出した。少尉候補生として乗り込んだ山本五十六(当時は高野姓)も海戦中に砲身爆発(敵弾によるとも砲門内爆発ともいわれている)により、左手人差し指と中指を失っている。また第1戦隊司令官の三須宗太郎も失明するなど重傷を負っている。

アルゼンチン海軍大佐で日進の建造委員長だったマヌエル・ドメック・ガルシアスペイン語版観戦武官として乗艦しており、その記録を「海戦記」としてまとめている。アルゼンチン共和国の首都ブエノスアイレスから車で1時間ほどにあるアルゼンチン海軍博物館には日露戦争関係の資料が展示されているが、その中にガルシアが戦争が終わってアルゼンチンに帰国した時に著した『日露戦争観戦武官の記録』(全5巻 約1400ページ)がある。戦闘現場からの報告に加え作戦の分析から日本海軍の戦略、更に当時の日本国民がロシア帝国に何を思い、戦争にどう挑んだかを記録している。機密資料として長い間アルゼンチンから出ることはなかったが、海上自衛艦隊司令官海将(当時)だった五味睦佳は、2001年に練習艦隊司令官として遠洋練習航海の部隊を率いて、アルゼンチンを訪問中に歴史資料館に案内された。その時日本の艦隊にアルゼンチンの観戦武官がいたという事実を知る。そしてアルゼンチンの海軍関係者に日本海海戦の関連資料を日本に提供して欲しいと働きかけ、日本海海戦から100年にあたる2005年にその一部を日本語に翻訳し、出版・一般販売に至った[1]

そのガルシアの孫から聞いた話として、高山正之は司令官負傷の際に艦長も負傷してガルシアが代わりに艦の指揮を執ったという話を紹介した。ただしこれには艦長の負傷などに裏づけ(「海戦記」にも艦長は負傷していないと書かれており、日本側戦史の負傷者リストにも名前がない)がないと水交会が反論している。水交会では戦闘に参加したとしても砲の射手を務めたに過ぎないとしている。

略歴[編集]

マルタ島での日進

艦長[編集]

  • 竹内平太郎 大佐:1904年2月16日 - 1905年12月12日
  • 福井正義 大佐:1905年12月12日 - 1906年10月22日
  • 釜屋忠道 大佐:1906年10月22日 - 1907年8月5日
  • 西山保吉 大佐:1907年8月5日 - 1908年4月7日
  • 牛田従三郎 大佐:1908年4月7日 - 11月20日
  • 三上兵吉 大佐:1908年11月20日 - 12月10日
  • 山田猶之助 大佐:1908年12月10日 - 1909年12月1日
  • 山中柴吉 大佐:1909年12月1日 - 1910年10月26日
  • 木村剛 大佐:1910年10月26日 - 1911年12月1日
  • (兼)高木七太郎 大佐:1912年4月30日 - 7月31日
  • 広瀬順太郎 大佐:1912年7月31日 - 1913年1月10日
  • (兼)榊原忠三郎 大佐:1913年1月10日 - 4月1日
  • 九津見雅雄 大佐:1913年5月24日 - 6月3日
  • (兼)水町元 大佐:1914年1月24日 - 5月27日
  • 川原袈裟太郎 大佐:1914年5月27日 - 1915年5月1日
  • 増田高頼 大佐:1915年5月1日 - 12月13日
  • 島内桓太 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 小牧自然 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月26日
  • 安村介一 大佐:1917年12月26日 - 1918年5月3日
  • 長沢直太郎 大佐:1918年5月3日 - 1919年11月3日
  • 江口金馬 大佐:1919年11月3日 - 1920年11月12日
  • 森初次 大佐:1922年1月10日 - 1922年11月10日
  • 七田今朝一 大佐:1922年11月10日 - 1923年5月1日
  • 松本匠 大佐:1923年5月1日 - 1923年11月1日
  • 藤井謙介 大佐:1923年11月1日 - 1924年12月1日
  • 長谷川清 大佐:1926年5月1日 - 12月1日
  • 田尻敏郎 大佐:1927年12月1日 - 1928年12月10日
  • 石川哲四郎 大佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日
  • 竹下志計理 中佐:1930年11月15日 - 1931年12月1日
  • (兼)柴山昌生 大佐:1934年5月25日 - 7月10日

脚注[編集]

  1. ^ 津島勝二訳『日本海海戦から100年-アルゼンチン海軍観戦武官の証言』鷹書房弓プレス、2005年
  2. ^ 吉村昭 (1979). 陸奥爆沈(新潮文庫). 新潮社. p. 175-177. ISBN 4-10-111707-1. 
  3. ^ #造船士官の回想 上60頁
  4. ^ #造船士官の回想 上64頁

参考文献[編集]

  • 堀元美 『造船士官の回想(上)』 朝日ソノラマ文庫、1994年8月。ISBN -4-257-17284-3。 浮揚作業を見学。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報
  • ヒストリーチャンネル『もう一つの日本海海戦~アルゼンチン観戦武官の記録~』 番組内の説明を抜粋した。

関連項目[編集]