丁型海防艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丁型海防艦
第2号海防艦
艦級概観
艦種 海防艦
艦名 偶数番号+海防艦
前級 丙型海防艦
次級 -
性能諸元
排水量 基準:740t
全長 69.5m
水線長
全幅 8.6m
吃水 3.05m
機関 蒸気タービン1基1軸
2,500馬力
燃料 重油240トン
最大速力 17.5ノット
航続距離 14ノットで4,500海里
乗員 141名(計画)
兵装 (計画時)
45口径12センチ高角砲 単装2基
25mm三連装機銃2基
三式迫撃砲単装1基[1]
三式爆雷投射機12基
爆雷投下軌条1基
爆雷120個
同型艦 143隻(計画)
67隻(完成)
沈没寸前の134号海防艦。

丁型海防艦(ていがたかいぼうかん)は、は日本海軍第二次世界大戦において運用した海防艦の艦級である。主に船団護衛に用いられた。基本計画番号はE22。量産性を最重視し、丙型海防艦と同じく、それまでの日振型鵜来型より、一層の小型化・簡略化が進められている。なお「丁型」の名称は計画時の呼称であり各書籍などで普遍的に用いられているもの[2]だが、海軍が定めた艦型名は第二号型海防艦である[3]。同型艦は67隻が竣工した。

概要[編集]

日本海軍は、第二次世界大戦の後期に、大量の護衛艦を必要としていた。択捉型以降、対潜・対空性能および量産性を重視した海防艦を建造しようと努力し、かなり簡略化が進められた日振型海防艦・鵜来型海防艦を建造するに至った。しかし、戦況の悪化に伴い、さらなる護衛艦艇の増強が求められたため、小型化、艦型をさらに簡略化し、量産性に適した艦を建造することとなった。

この際、まずディーゼル機関を搭載した丙型海防艦の建造計画が立てられたが、機関の生産能力の不足により、必要量を満たせない可能性があった。そのため、ほぼ同じ大きさの艦体に、ディーゼル機関ではなく蒸気タービン機関を搭載した本型の建造計画も立てられた。

設計は、1943年6月に開始され、7月には完了した。機関は、戦時標準船向けに生産されていた蒸気タービン機関が使用された。丙型海防艦のディーゼル2基合計1,900馬力に対し、蒸気タービン1基2,500馬力と出力は向上している。それにより、最高速力は17.5ノットと向上したが、タービン機関はディーゼルより燃費が悪く、所要航続距離の4,500海里[4]を達成するために、240トンの燃料を搭載した[5]。対潜兵装は充実しており爆雷搭載量も120個と多い。

一番艦が第二号海防艦と命名され、その後は、第+偶数番号+海防艦が艦名となった。

一番艦は1943年10月に起工し、1944年2月には竣工している。最短で起工から竣工まで74日の艦があり、量産性の確保には成功している。143隻の建造計画が立てられたが、63隻が戦争中に完成し、戦後に復員輸送用に4隻が完成している。戦歴は激しく、25隻が戦没している。

同型艦[編集]

艦名 - 竣工日(建造所) 海防艦長- 戦没日、原因(場所)、もしくは戦後の様子など

  • 2号 - 1944年2月28日(横須賀海軍工廠) - 舞鶴で終戦
  • 4号 - 1944年3月7日(横須賀海軍工廠) - 1945年7月28日、航空機(横須賀)
  • 6号 - 1944年3月15日(横須賀海軍工廠) - 1945年8月13日、潜水艦(北海道厚別沖)
  • 8号 - 1944年2月29日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月16日米国に引渡し
  • 10号 - 1944年2月29日(三菱長崎) - 1944年9月27日、ヒ72船団を護衛中、潜水艦「プライス」により(奄美大島付近)
  • 12号 - 1944年3月22日(横須賀海軍工廠) - 掃海作業後の1947年9月5日米国に引渡し 佐世保で解体
  • 14号 - 1944年3月27日(横須賀海軍工廠) - 復員輸送後の1947年7月6日中国に引渡し
  • 16号 - 1944年3月31日(横須賀海軍工廠) - 復員輸送後の1947年8月14日英国に引渡し
  • 18号 - 1944年3月8日(三菱長崎) - 1945年3月29日、ヒ88J船団を護衛中、航空機(仏印東方)
  • 20号 - 1944年3月11日(三菱長崎) - 1944年12月29日、航空機(ルソン西岸)
  • 22号 - 1944年3月24日(三菱長崎) - 掃海作業後の1947年9月5日米国に引渡し
  • 24号 - 1944年3月28日(三菱長崎) - 1944年6月28日、米潜「アーチャーフィッシュ」(硫黄島南岸)
  • 26号 - 1944年5月31日(三菱長崎) - 掃海作業後の1947年9月6日米国に引渡し、呉(舞鶴?)で解体
  • 28号 - 1944年5月31日(三菱長崎) - 1944年12月24日、潜水艦(ルソン西岸)
  • 30号 - 1944年6月26日(三菱長崎) - 1945年7月28日、航空機(由良内)
  • 32号 - 1944年6月30日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月16日英国に引渡し
  • 34号 - 1944年8月25日(石川島造船所) - 復員輸送後の1947年7月5日ソ連に引渡し
  • 36号 - 1944年10月21日(藤永田造船所) - 復員輸送後の1947年7月19日米国に引渡し 鶴見で解体
  • 38号 - 1944年8月10日(川崎造船所) - 1944年11月15日、米潜「ハードヘッド」(マニラ西方)
  • 40号 - 1944年12月22日(藤永田造船所) 青木清和予備少佐- 掃海作業後の1947年8月29日中国に引渡し
  • 42号 - 1944年8月25日(三菱長崎) - 1945年1月10日、米潜「パファー」(沖縄西方)
  • 44号 - 1944年8月31日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月5日米国に引渡し、川﨑泉州で解体
  • 46号 - 1944年8月29日(川崎造船所) - 1945年8月17日触雷沈没
  • 48号 - 1945年3月13日(藤永田造船所) - 掃海作業後の1947年8月28日ソ連に引渡し
  • 50号 - 1944年10月13日(石川島造船所) - 終戦時大阪で艦尾切断状態
  • 52号 - 1944年9月25日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月29日ソ連に引渡し
  • 54号 - 1944年9月30日(三菱長崎) - 1944年12月15日、航空機(ルソン北方)
  • 56号 - 1944年9月27日(川崎造船所) - 1945年2月27日、米潜「オーフィン」(御蔵島東方)
  • 58号 - 1946年4月8日復員輸送船として完成(藤永田造船所) - 1947年7月31日米国に引渡し、佐世保で解体
  • 60号 - 1944年11月9日(川崎造船所) - 復員輸送後の1947年8月14日英国に引渡し
  • 62号 - 戦後呉で完成予定(向島造船)も原因不明で浸水沈没、1947年呉で解体
  • 64号 - 1944年10月15日(三菱長崎) - 1944年12月3日、米潜「パイプフィッシュ」(海南島東方)
  • 66号 - 1944年10月29日(三菱長崎) - 1945年3月13日、航空機(海南島東方)
  • 68号 - 1944年10月20日(川崎造船所) - 1945年3月24日、カナ304船団護衛中、航空機(東シナ海)
  • 72号 - 1944年11月25日(石川島造船所) - 1945年7月1日、米潜「ハッドウ」(鎮南浦付近)
  • 74号 - 1944年12月10日(三菱長崎) - 1945年7月14日、航空機(室蘭港)
  • 76号 - 1944年12月23日(三菱長崎) - 掃海作業後の1947年8月28日ソ連に引渡し
  • 78号 - 1946年4月4日、復員輸送船として完成(川崎泉州) - 1947年7月29日ソ連に引渡し
  • 82号 - 1944年12月31日(三菱長崎) 森武予備少佐- 1945年8月10日、航空機(北鮮東方)
  • 84号 - 1944年12月31日(三菱長崎) - 1945年3月29日、ヒ88J船団を護衛中、米潜「ハンマーヘッド」(仏印東方)
  • 102号 - 1945年1月20日(三菱長崎) - 掃海作業後の1947年8月28日ソ連に引渡し
  • 104号 - 1945年1月31日(三菱長崎) - 掃海作業後の1947年8月29日中国に引渡し 「泰安」と改名
  • 106号 - 1945年1月13日(石川島造船所) - 復員輸送後の1947年7月5日米国に引渡し
  • 112号 - 1944年10月24日(川崎泉州) - 1945年7月18日、米潜バーブ(宗谷海峡)
  • 116号 - 1945年11月28日、復員輸送船として竣工(石川島造船所) - 1946年3月25日かく座により船体放棄除籍
  • 118号 - 1944年12月27日(川崎泉州) - 復員輸送後の1947年7月31日中国に引渡し
  • 124号 - 1945年2月9日(川崎泉州) - 終戦時触雷で航行不能状態、1947年川南香焼島で解体
  • 126号 - 1945年3月26日(川崎泉州) - 復員輸送後の1947年8月14日英国に引渡し
  • 130号 - 1944年8月12日(川崎泉州) - 1945年3月30日、ヒ88J船団護衛中、航空機(仏印東方)
  • 132号 - 1944年9月7日(播磨造船) - 戦後復員輸送
  • 134号 - 1944年9月7日(播磨造船) - 1945年4月6日、ホモ03船団護衛中、航空機(廈門南方)
  • 138号 - 1944年10月23日(播磨造船) - 1945年1月2日、航空機(ルソン西岸)
  • 142号 - 1946年4月7日 - 復員輸送船として竣工、1947年7月29日ソ連に引渡し
  • 144号 - 1944年11月23日(播磨造船) - 1945年2月2日、米潜「ベスゴ」(マレー半島東方)
  • 150号 - 1944年12月24日(播磨造船) -復員輸送後の1947年7月4日青島で米国に引渡し
  • 154号 - 1945年2月7日(播磨造船) 隈部五夫予備大尉- 掃海作業後の1947年9月10日英国に引渡し、因島で解体
  • 156号 - 1945年3月8日(播磨造船) - 掃海作業後の1947年9月4日英国に引渡し、舞鶴で解体
  • 158号 - 1945年4月13日(播磨造船) - 復員輸送後の1947年7月25日米国に引き渡し、舞鶴で解体
  • 160号 - 1945年8月16日(播磨造船) - 復員輸送後の1947年9月8日英国に引渡し、 七尾で解体
  • 186号 - 1945年2月15日(三菱長崎) - 1945年4月2日、航空機(奄美大島)
  • 190号 - 1945年2月21日(三菱長崎)- 終戦時大阪中破
  • 192号 - 1945年2月28日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月31日中国に引渡し「同安」と改名
  • 194号 - 1945年3月15日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月6日中国に引渡し
  • 196号 - 1945年3月31日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月5日ソ連に引渡し
  • 198号 - 1945年3月31日(三菱長崎) - 復員輸送後の1947年7月31日中国に引渡し「吉安」と改名
  • 200号 - 1945年4月20日(三菱長崎) - 終戦時中破、舞鶴で解体
  • 202号 - 1945年7月7日(三菱長崎) - 触雷のため終戦時航行不能、1947年佐世保で解体
  • 204号 - 1945年7月11日(三菱長崎) - 終戦時中破状態、1947年佐世保で解体

[編集]

  1. ^ 雑誌「丸」編集部編『日本海軍艦艇写真集 : ハンディ判. 21』光人社、1998年、ISBN 4-7698-0840-2、p.31
  2. ^ 海人社世界の艦船 増刊第45集『日本海軍護衛艦艇史』、潮書房丸スペシャル 日本海軍艦艇シリーズNo. 29『海防艦』など。
  3. ^ 海軍大臣官房発行『内令提要』第13類「艦船」の【艦艇類別等級】(昭和19年1月以降の追録に収録)および各内令による。
  4. ^ ボルネオ島-日本本土間の距離3,000海里に、戦闘等による航程増加を5割増しと見込んで加えたもの
  5. ^ 丙型の燃料搭載量は106トン

参考文献[編集]

関連項目[編集]