八雲 (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
装甲巡洋艦 八雲
艦歴
発注 明治29年度計画
起工 1898年9月1日
進水 1899年7月8日
就役 1900年6月20日
除籍 1945年10月5日
その後 1945年12月1日特別輸送艦指定
1947年4月1日にスクラップとして処分
前級 浅間型装甲巡洋艦
次級 吾妻 (装甲巡洋艦)
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:9,695トン
全長 124.7m、水線長:124.65m
全幅 19.6m
吃水 7.2m 
機関 ベルヴィール式石炭専焼缶24基
直立型三段膨張式四気筒レシプロ機関2基2軸推進 15,500hp
最大速 20.5ノット
航続距離 10ノット/7,000海里
兵員 648名
装甲 舷側装甲:178mm
上部水線帯:-mm
甲板装甲:51mm
主砲塔装甲: -mm(前盾)、-mm(側盾)、-mm(後盾)、-mm(天蓋)
バーベット部:-mm
司令塔:356mm
兵装 20.3cm(45口径)連装砲2基
15cm(40口径)単装砲12基
8cm(40口径)単装砲12基
47mm単装砲12基
45.7cm水上魚雷発射管単装1基
45.7cm水中魚雷発射管単装4基

八雲(やくも)は大日本帝国海軍日露戦争前にドイツから購入した最初の装甲巡洋艦。本艦は六六艦隊の装甲巡洋艦の第一期拡張計画で整備された艦である。なお、本艦を建造したのは清国海軍の「定遠級戦艦」を建造した老舗シュテッティン・フルカン社である。

艦歴[編集]

シュテッティン・フルカン造船所で建造された。1900年6月20日に領収し、同年6月22日に日本へ回航[1]。同年8月30日、横須賀に到着した[2]

本艦など六六艦隊の装甲巡洋艦は日露戦争での戦闘だけでなく、大正から昭和にかけて練習艦隊を編成し、少尉候補生の遠洋航海に従事したが、本艦は1939年(昭和14年)まで使用された。戦時中は副砲を高角砲に換装され対空戦に従事した。また終戦時には可動状態であったため、復員船(朝鮮など近距離用)として使用され、1946年(昭和21年)7月20日に日立造船舞鶴造船所で解体が開始された。

艦形[編集]

1946年時の「八雲」。


船体形状は典型的な平甲板型船体であり、凌波性を良くするために乾舷を高く取られており、艦首水面下には未だ衝角(ラム)が付いている。

主砲は新設計の「20.3cm(45口径)砲」を楕円筒形の連装砲塔に纏め、1番主砲塔、司令塔を組み込んだ操舵艦橋、単脚の前檣、等間隔に並んだ三本煙突の後ろに艦載艇置き場、ダビット(ボート・クレーン)の基部を兼ねる単脚の後檣、2番主砲塔の順である。15cm(40口径)単装砲は12基も載せられ、甲板砲廓部4基に舷側に2基の片舷6基が配置された。他には水雷艇対策に艦首・艦尾と上甲板に8cm(40口径)単装速射砲が12基、47mm砲単装12基が前檣・後檣・上甲板に分散配置された。

火砲等[編集]

大日本帝国海軍は戦艦・巡洋艦の備砲は列強に先駆けて口径を統一する事を第一に行った稀有な海軍である。そのため、本艦を含む6隻の一万トン級装甲巡洋艦の搭載砲は全て一貫していた。この事は兵の教育と弾薬の補給に非常に有利であった。これは、明治初期の艦艇の備砲の口径や使用方法が艦ごとにバラバラで、砲弾の互換性や兵の応用が利かなかった戦訓によるものであった。

本級の主砲は新設計の「20.3cm(45口径)砲」である。これを楕円筒型の連装砲塔に収めた。この砲塔は左右150度に旋回でき、仰角30度・俯角5度であった。重量113kgの砲弾を毎分2発の間隔で発射できた。射程は仰角30度で18,000mである。副砲は「1895年型 15.2 cm(40口径)砲」を採用し、この砲は毎分5発を発射できたが、熟練した兵ならば7発が可能であった。45.4kgの砲弾を俯仰角度は仰角20度・俯角5度で、仰角20度で9,140 mの射程を持っていた。他に、ヴィッカーズ社の「1894年型 8cm(40口径)砲」を単装砲架で12基、47mm単装砲を12基、45.7cm魚雷発射管を単装で、艦首部水上に1基、舷側部水中に4基を装備した。

機関[編集]

ボイラーは当時の最新型高性能機関であるフランス製のベルヴィール式石炭専焼缶を24個。これに直立型三段膨張式四気筒レシプロ機関2基2軸推進とし、出力15,500hp、速力20.5ノットを発揮した。航続距離は石炭1,300トンで速力10ノットで7,000海里と、当時にして大航続距離を誇った。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長
  • 東郷正路 大佐:1899年3月22日 - 1899年12月25日
艦長
  • 東郷正路 大佐:1899年12月25日 - 1900年11月1日
  • 富岡定恭 大佐:1900年11月1日 - 1901年7月6日
  • 安原金次 大佐:1901年7月6日 - 1903年6月25日
  • 松本有信 大佐:1903年6月25日 - 1905年11月2日
  • 斎藤孝至 大佐:1905年11月2日 - 1906年4月7日
  • 仙頭武央 大佐:1906年4月7日 - 1907年7月1日
  • 外波内蔵吉 大佐:1907年7月1日 - 1908年8月28日
  • 西山実親 大佐:1908年8月28日 - 12月10日
  • 秀島七三郎 大佐:1908年12月10日 - 1909年3月4日
  • 中野直枝 大佐:1909年3月4日 - 12月1日
  • 今井兼胤 大佐:1909年12月1日 - 1911年1月31日
  • (兼)江口麟六 大佐:1911年1月31日 - 5月23日
  • 森義臣 大佐:1911年5月23日 - 10月25日
  • (兼)原静吾 大佐:1911年10月25日 - 12月1日
  • 原静吾 大佐:1912年5月22日 - 7月13日
  • 舟越楫四郎 大佐:1912年7月13日 - 11月13日
  • 千坂智次郎 大佐:1912年11月13日 - 1913年2月12日
  • (兼)千坂智次郎 大佐:1913年2月12日 - 4月1日
  • 荒川仲吾 大佐:1913年4月1日 - 4月7日
  • 下平英太郎 大佐:1914年4月7日 - 12月1日
  • 白石直介 大佐:1914年12月1日 - 1915年6月19日
  • 桑島省三 中佐:1915年5月19日 - 12月13日
  • 吉田孟子 大佐:1915年12月13日 - 1916年4月1日
  • 斎藤七五郎 大佐:1916年8月1日 - 1917年12月1日
  • 鳥巣玉樹 大佐:1917年12月1日 - 1918年10月18日
  • 野村吉三郎 大佐:1918年10月18日 - 11月10日
  • 今泉哲太郎 大佐:1918年11月10日 - 11月25日
  • 大見丙子郎 大佐:1918年11月25日 - 1919年8月5日
  • 宇佐川知義 大佐:1919年8月5日 - 1920年5月1日
  • 新納司 大佐:1920年5月1日[3] - 1920年11月20日
  • 石渡武章 大佐:1920年11月20日 - 1921年4月1日[4]
  • 兼坂隆 大佐:1921年4月1日 - 1922年4月15日
  • 河合退蔵 大佐:1922年4月15日 - 12月1日
  • 宇川済 大佐:1922年12月1日 - 1924年4月15日
  • 鹿江三郎 大佐:1924年4月15日 - 1925年4月15日
  • (兼)近藤直方 大佐:1925年4月15日 - 7月10日
  • (兼)石川清 大佐:1925年7月10日 - 1925年12月1日
  • 植村茂夫 大佐:1925年12月1日 - 1927年2月1日
  • 出光万兵衛 大佐:1927年12月1日 - 1929年2月1日
  • (兼)石川哲四郎 大佐:1929年2月1日[5] -
  • 山本松四 大佐:不詳 - 1929年11月30日[6]
  • (兼)田尻敏郎 大佐:1929年11月30日 - 1930年8月1日
  • 佐藤三郎 大佐:1930年8月1日 - 1931年10月15日
  • 新見政一 大佐:1931年10月15日 - 1933年11月15日
  • 副島大助 大佐:1933年11月15日 - 1934年2月20日
  • 杉山六蔵 大佐:1934年2月20日 - 1935年9月11日
  • 千葉慶蔵 大佐:1935年9月11日 - 1935年11月15日
  • 中村俊久 大佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  • 宇垣纏 大佐:1936年12月1日 - 1937年12月1日
  • (兼)醍醐忠重 大佐:1937年12月1日 - 1938年1月25日
  • 前田稔 大佐:1938年1月25日 - 7月1日
  • (兼)阿部嘉輔 大佐:1938年7月1日 - 8月20日
  • 近藤泰一郎 大佐:1938年8月20日 - 1939年2月1日
  • (兼)五藤存知 大佐:1939年2月1日 - 5月15日
  • 山崎重暉 大佐:1939年5月15日 - 12月27日
  • 緒方勉 大佐:1939年12月27日 - 1940年7月9日
  • 久邇宮朝融王 大佐:1940年7月9日 - 11月1日
  • 山森亀之助 大佐:1940年11月1日 - 1942年5月5日
  • 兄部勇次 大佐:1942年5月5日 - 1942年7月14日

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5098号、明治33年7月2日。
  2. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料篇、4頁。
  3. ^ 『官報』第2323号、大正9年5月3日。
  4. ^ 『官報』第2598号、大正10年4月2日。
  5. ^ 『官報』第627号、昭和4年2月2日。
  6. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝 全八六〇余隻の栄光と悲劇』普及版、光人社、2003年。
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]