見島 (海防艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RUS Admiral Senyavin in 1901.jpg
ロシア時代(1901年)
艦歴
起工 1892年8月2日
進水 1894年8月22日
竣工 1896年ロシア海防戦艦として
就役 1905年6月6日、日本海軍籍に編入
除籍 1935年10月10日
その後 標的として使用、1936年9月沈没
性能諸元(1920年
排水量 常備:4,960トン[1]
全長 垂線間長:80.62m (264ft 6in)[2]
全幅 15.88m (52ft 1in)
吃水 5.49m (18ft)
機関 円缶4基
直立3気筒3段膨張レシプロ
2軸 6,000馬力
速力 16ノット
航続距離
燃料 石炭 400トン
乗員 62名
兵装 露式45口径25.4cm連装砲塔 1基
安式40口12cm単装砲 4門
安式40口径7.6cm単装砲 4門
山内式短5cm砲 2門[3]

見島(みしま)は、日本海軍海防艦。艦名は山口県の沖、日本海に浮かぶ見島からとられる。

海防艦「沖島」は同型艦。

概要[編集]

元は1894年(明治27年)にロシアのアドミラルチースキー工廠[4]で進水したロシア海軍アドミラル・ウシャコフ級海防戦艦「アドミラル・セニャーヴィン(Admiral Seniavin)」。日本海海戦時の1905年(明治38年)5月28日に降伏し同年6月6日に艦籍に編入、二等海防艦「見島」となった。

第一次世界大戦では第2艦隊に所属し青島方面で作戦に従事。またシベリア出兵に際して1918年(大正7年)[5]に前部砲塔を撤去、艦首を砕氷構造とするなど砕氷艦として整備し、以降はウラジオストックシベリア方面に進出した。

主砲は艦前方に45口径25.4cm連装砲塔を1基、艦後方に45口径25.4cm連装砲塔を1基の計4門。改装後は艦後方に45口径25.4cm連装砲塔を1基の計2門。

1922年(大正11年)4月1日に特務艇(潜水艇母艇)とされる。1935年(昭和10年)10月10日に除籍、翌1936年(昭和11年)1月10日に「廃艦第七号」となった。以後は実艦標的として使用され、9月に訓練海域に移動中、都井岬沖で沈没した。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 和田賢助 大佐:1905年6月14日 - 1905年12月12日
  • (兼)高木助一 大佐:1905年12月12日 - 不詳
  • 高橋助一郎 大佐:不詳 - 1907年9月28日
  • 東郷吉太郎 大佐:1907年9月28日 - 1908年7月11日
  • 山田猶之助 大佐:1908年7月11日 - 9月15日
  • 上村経吉 大佐:1908年9月15日 - 12月10日
  • 森義臣 大佐:1909年11月1日 - 1910年4月9日
  • 松岡修蔵 大佐:1910年4月9日 - 12月1日
  • (兼)榊原忠三郎 大佐:1910年12月1日 - 1911年1月16日
  • (兼)水町元 大佐:1911年1月16日 - 4月1日
  • (兼)今井兼胤 大佐:1911年4月1日 - 1912年12月1日
  • (兼)本田親民 大佐:1912年12月1日 - 1914年5月27日
  • (兼)三輪修三 大佐:1914年5月27日 - 不詳
  • (兼)有馬純位 大佐:不詳 - 1915年10月1日
  • (兼)大島正毅 大佐:1915年10月1日 - 12月13日
  • (兼)四元賢助 大佐:1915年12月13日 - 1917年5月8日
  • (兼)島内桓太 大佐:1917年5月8日 - 12月1日
  • (兼)篠崎真介 大佐:1917年12月1日 - 1918年5月3日
  • (兼)安村介一 大佐:1918年5月3日 - 11月10日
  • 横地錠二 大佐:1918年12月5日 - 1919年2月21日
  • 坂元貞二 大佐:1920年1月30日 - 6月3日
  • 谷川清治 大佐:1920年12月1日[6] -

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』(朝雲新聞社、1969年)
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

脚注[編集]

  1. ^ 『日本海軍史 第7巻』によると排水量4,126トン。
  2. ^ 『戦史叢書 海軍軍戦備<1>』附表1-1によると長さは164フィート6インチとなっているが排水量に比較して短すぎる。要目がほとんど同一の沖島と同じ264フィート6インチと思われる。『日本海軍史 第7巻』によると長さ84.3m、幅16.5m、吃水5.6m。
  3. ^ 『日本海軍史 第7巻』によると25cm砲4門、12cm砲4門、8cm砲4門、魚雷発射管4門。改装前の要目と思われる。
  4. ^ 『日本海軍史 第7巻』によると建造所はニュー・アドミラルティー工廠。
  5. ^ 『日本海軍史 第7巻』によると工事は1919年(大正8年)2月に舞鶴工廠で行われる。
  6. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。

関連項目[編集]