春日 (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春日
艦歴
発注
起工 1902年3月10日
進水 1902年10月22日
就役 1904年1月7日
その後 1945年7月18日戦没
除籍 1945年11月30日
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:7,700t
全長 105.0m
全幅 18.7m
吃水 7.29m
機関 石炭専燃円缶8基
+直立型三段膨張式三気筒レシプロ蒸気機関2基2軸推進
最大速 20.0ノット
航続距離
兵員 562名
装甲
兵装 25.4cm(40口径)単装砲1門
20.3cm(45口径)連装砲2門
15.2cm(40口径)単装砲14門
7.6cm(40口径)単装砲8門
45.7cm水中魚雷発射管単装4門

春日(かすが)は、日露戦争で活躍した旧日本海軍春日型装甲巡洋艦の1番艦。一等巡洋艦(装甲巡洋艦)に類別された。同型艦は日進

艦歴[編集]

春日

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 大井上久麿 大佐:1904年2月16日 - 1905年1月7日
  • 加藤定吉 大佐:1905年1月7日 - 12月12日
  • 仙頭武央 大佐:1905年12月12日 - 1906年4月7日
  • 東伏見宮依仁親王 大佐:1906年4月7日 - 12月24日
  • 土屋光金 大佐:1906年12月24日 - 1908年4月20日
  • 山縣文蔵 大佐:1908年4月20日 - 8月28日
  • 荒川規志 大佐:1908年8月28日 - 12月10日
  • 竹下勇 大佐:1908年12月10日 - 1909年7月10日
  • 山口九十郎 大佐:1909年7月10日 - 12月1日
  • 笠間直 大佐:1909年12月1日 - 1910年7月25日
  • 岡田啓介 大佐:1910年7月25日 - 1911年1月4日
  • 森山慶三郎 大佐:1911年1月4日 - 12月1日
  • 真田鶴松 大佐:1911年12月1日 - 12月22日
  • 町田駒次郎 大佐:1911年12月22日 - 1912年12月1日
  • 水町元 大佐:1912年12月1日 - 1913年4月1日
  • 奥田貞吉 大佐:1913年5月24日 - 不詳
  • 坂本重国 大佐:不詳 - 1915年12月13日
  • 中里重次 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 大谷幸四郎 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 宇佐川知義 大佐:1917年12月1日 - 1919年2月6日
  • 南郷次郎 大佐:1919年2月6日 - 8月5日
  • 寺岡平吾 大佐:1919年8月5日 - 1920年11月20日
  • 高橋宗三郎 大佐:1920年11月20日 -
  • 大湊直太郎 大佐:1921年12月1日 - 1922年8月25日
  • 中村良三 大佐:1922年8月25日 - 12月1日
  • 米内光政 大佐:1922年12月10日 - 1923年3月5日
  • 百武源吾 大佐:1923年3月5日 - 12月1日
  • 濱野英次郎 大佐:1923年12月1日 - 1924年5月7日
  • 向田金一 大佐:1924年5月7日 - 12月15日
  • 湯地秀生 大佐:1924年12月1日 - 1925年4月15日
  • 大谷四郎 大佐:1925年4月15日 - 1925年12月1日
  • 太田質平 大佐:1925年12月1日 - 1929年2月8日
  • 小野弥一 大佐:1929年2月8日 - 1931年12月1日
  • 大田垣富三郎 大佐:1931年12月1日 - 1933年11月15日
  • 丹下薫二 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月15日
  • 松浦永次郎 大佐:1934年11月15日 - 1936年12月1日
  • 梶岡定道 大佐:1936年12月1日 - 1938年6月15日
  • (兼)中邑元司 大佐:1938年6月15日 - 7月15日

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]

Gallery[編集]