浅間 (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅間
艦歴
発注
起工 1896年10月20日
進水 1898年3月22日
就役 1899年3月18日
除籍 1945年11月30日
その後 1947年にスクラップとして処分
性能諸元(竣工時)
排水量 常備:9,700t
全長 134.72m
全幅 20.45m
吃水 7.42m
機関 円缶12基
直立型三段膨張式四気筒レシプロ機関2基2軸推進 18,000hp
最大速 21.5kt
航続距離
乗員 726名
装甲 主水線帯 88-180ミリメートル
上部水線帯 125ミリメートル
甲板 50ミリメートル
兵装 20cm(45口径)連装砲2基4門
15.2cm(45口径)単装速射砲14基14門
8cm(40口径)単装速射砲12基12門
4.7cm単装速射砲砲8門
45.7cm水上魚雷発射管単装1基
45.7cm水中魚雷発射管単装4基
装甲 舷側:178mm(水線最厚部)、89mm(水線末端部)
甲板:51mm(平坦部)、76mm(傾斜部)
主砲塔:152mm(最厚部)
主砲バーベット:152mm(最厚部)
司令塔:356mm(側盾)、76mm(天蓋)

浅間(あさま)は、大日本帝国海軍に所属した装甲巡洋艦の1隻で浅間型装甲巡洋艦のネームシップである。艦名は群馬県長野県の境にある「浅間山」にちなんで名づけられた。この名を持つ日本海軍の艦船としては2隻目。

艦歴[編集]

1946年時の「浅間」。


イギリスアームストロング・ホイットワース社が、売却用に見込み生産していたものを購入。起工は1896年10月20日、進水は1898年3月22日。1899年3月18日に竣工。翌19日に出航し[1]、5月17日に横須賀に到着した。

1900年には義和団の乱で出撃した。また、1902年にはイギリスへ派遣されてエドワード7世戴冠記念観艦式に参加した。

第二艦隊第二戦隊として日露戦争に参加したが、他の戦隊に臨時編入されることが多かった。仁川沖海戦では第四戦隊に編入され主力として活躍。第三戦隊に編入されていた黄海海戦では、燃料補給中だったために戦場への到着が遅れてほとんど参加できなかった。日本海海戦においては第二戦隊として参加したが、戦闘初期に被弾の影響でが故障し、落伍して集中砲火を浴びたが致命的な損傷は免れた。

第一次世界大戦では太平洋ドイツ領の攻略に参加。その後アメリカ西海岸で行動中1915年1月31日にメキシコ沖で座礁し、航行不能となる。5月、現地に赴いた工作艦関東」の手によりサルベージされた。

1921年9月1日に、一等海防艦に種別変更された。

1931年6月1日に海防艦となる。1935年秋、広島湾・倉橋島南端で座礁[2]。当時「浅間」に乗艦していた吉田俊雄中尉によれば、当直将校の過失であった[3]。艦の中央部が岩礁に乗り上げて船体が折れそうになり、砲塔を起重機船で撤去して救難作業が行われた[4]。この竜骨損傷や、経年による老朽化などにより1942年7月1日、主砲、副砲を撤去し、主砲塔を撤去した跡に校舎を備え付け練習特務艦となった。

浅間は第二次世界大戦を生き延び、1945年11月30日に除籍。アメリカ占領下の1947年日立造船因島工場で解体処分された。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長
  • 島崎好忠 大佐:1897年12月1日 - 1898年6月24日
艦長
  • 島崎好忠 大佐:1898年6月24日 - 1899年6月17日
  • 向山慎吉 大佐:1899年6月17日 - 1900年5月20日
  • 細谷資氏 大佐:1900年5月20日 - 1901年3月13日
  • 中尾雄 大佐:1901年3月13日 - 1903年1月12日
  • 寺垣猪三 大佐:1903年1月12日 - 7月7日
  • 八代六郎 大佐:1903年7月7日 - 1905年12月12日
  • 小泉鑅太郎 大佐:1905年12月12日 - 1906年11月22日
  • 宮地貞辰 大佐:1906年11月22日 - 1907年9月28日
  • 野間口兼雄 大佐:1907年9月28日 - 12月10日
  • 伊藤乙次郎 大佐:1907年12月10日 - 1908年5月15日
  • 山澄太郎三 大佐:1908年5月15日 - 12月10日
  • 田中盛秀 大佐:1908年12月10日 - 1909年5月22日
  • 山本竹三郎 大佐:1909年5月22日 - 1910年4月9日
  • 田中盛秀 大佐:1910年4月9日 - 1911年5月23日
  • 松岡修蔵 大佐:1911年5月23日 - 10月25日
  • 磯部謙 大佐:1911年10月25日 - 12月1日
  • 平賀徳太郎 大佐:1913年5月24日 - 1914年8月23日
  • 吉岡範策 大佐:1914年8月23日 - 1916年1月10日
  • 白石直介 大佐:1916年7月15日 - 12月1日
  • 内田虎三郎 大佐:1916年12月1日 - 1918年7月17日
  • 古川弘 大佐:1918年7月17日 - 1919年3月27日
  • 青木董平 大佐:1919年3月27日 - 7月14日
  • 今泉哲太郎 大佐:1919年7月14日 - 11月20日
  • 小山田繁蔵 大佐:1919年12月1日 - 1921年11月20日
  • 白石信成 大佐:1921年11月20日 - 1923年3月1日
  • 米村末喜大佐:1923年3月1日 - 1924年4月15日
  • 七田今朝一 大佐:1924年4月15日 - 1925年4月20日
  • 今川真金 大佐:1925年4月20日[5] - 1925年11月20日[6]
  • 山口延一 大佐:1925年11月20日 - 1926年6月15日
  • 加島次太郎 大佐:1926年6月15日[7] - 1926年12月1日[8]
  • 藤吉唆 大佐:1926年12月1日 - 1927年12月28日
  • 古川良一 大佐:1927年12月28日[9] -
  • 下村敬三郎 大佐:不詳 - 1928年12月10日[10]
  • 日比野正治 大佐:1928年12月10日 - 1929年12月24日
  • 中島直熊 大佐:1929年12月24日[11] - 1930年11月15日[12]
  • 原田文一 大佐:1930年11月15日[12] - 1931年2月1日[13]
  • 糟谷宗一 大佐:1931年2月1日 - 1932年12月1日
  • 太田泰治 大佐:1932年12月1日 - 1934年8月20日
  • 大川内傳七 大佐:1934年8月20日 - 1935年8月1日
  • 若木元次 大佐:1935年8月1日[14] - 1935年11月15日[15]
  • 小橋義亮 大佐:1935年11月15日[15] - 1936年12月1日[16]
  • 橋本愛次 大佐:1936年12月1日[16] -

同型艦[編集]

その他[編集]

日本海海戦で浅間に乗り組んでいた兵士のうち、最後の生き残りだった高知県在住の大倉明治が1982年(昭和57年)5月27日に97歳で死去したと新聞にて報道された事がある。この記事によれば大倉は19歳で海軍に入隊し、1905年に浅間の機関兵として日本海海戦に参加したという。彼は日本海海戦に参加した日本海軍の最後の従軍者であったともされている。[17]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4713号、明治32年3月22日。
  2. ^ #造船士官の回想 上65頁
  3. ^ #海軍的思考法に学ぶ144頁
  4. ^ #造船士官の回想 上68頁
  5. ^ 『官報』第3796号、大正14年4月21日。
  6. ^ 『官報』第3974号、大正14年11月21日。
  7. ^ 『官報』第4143号、大正15年6月16日。
  8. ^ 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  9. ^ 『官報』第302号、昭和2年12月29日。
  10. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  11. ^ 『官報』第898号、昭和4年12月26日。
  12. ^ a b 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。
  13. ^ 『官報』第1226号、昭和6年2月2日。
  14. ^ 『官報』第2575号、昭和10年8月2日。
  15. ^ a b 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。
  16. ^ a b 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。
  17. ^ [1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 吉田俊雄 『海軍的思考法に学ぶ』 光人社、1985年12月。ISBN -4-7698-0288-9。
  • 堀元美 『造船士官の回想(上)』 朝日ソノラマ文庫、1994年8月。ISBN -4-257-17284-3。 離礁作業を見学した。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

外部リンク[編集]