鎮遠 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chen-yuan.jpg
艦歴
起工 1881年
進水 1882年11月18日
就役 1885年
捕獲 1895年2月17日
除籍 1911年4月1日
性能諸元
排水量 常備:7,220 英t[1]
全長 91.0m
全幅 18.3m
主機 石炭専焼缶8基[1]
レシプロ蒸気機関2機
2軸推進[1]、6,200hp[1]
最大速度 14.5 ノット[1]
航続距離 4,500(10ノット時)[1]
乗員 士官、兵員407名[1]
兵装 (日本海軍所属時)
30.5cm20口径連装砲 2基4門[1]
15.2cm40口径単装砲 4基4門[1]
6ポンド速射砲 2基2門
3ポンド速射砲 8基8門
35.6cm水中魚雷発射管単装3基[1]
装甲 水線355mm、甲板76mm、
砲塔22mm、バーベット305mm
艦載艇 4等水雷艇(後の水雷艇26号型)2隻

鎮遠(ちんえん、Chen Yuen )は、清国海軍がドイツフルカン・シュテッティンに発注して建造した甲鉄砲塔艦定遠級の一隻。建造当時東洋一の堅艦と呼ばれた。日清戦争において日本海軍鹵獲され、戦後に戦利艦として日本海軍に編入された。

兵装[編集]

旅順港のドックで整備中の本艦。主砲塔のフードを取り払っている。

主砲は20口径30.5cm砲連装フード付き露砲塔2基、ドイツのクルップ砲で後装砲[注釈 1]。当時のイギリス戦艦が前装砲[注釈 2]を装備していたのに比べて取り扱い性が良い。

日本において鎮遠の砲塔は装甲がなされていると勘違いされることが多々ある[注釈 3]が、上述のように露砲塔に防御力はないに等しいフードを付けたものにすぎなかった。鎮遠を実際に運用したところフード内部にこもる発射煙により砲弾装填や照準に支障をきたすため、黄海海戦時にはフードを取り払って戦闘に臨んだ。日本海軍に編入する際の復旧工事で、艦の中央やや後方の両舷に15cm単装砲各1基ずつが増設された。

鎮遠の砲弾/横須賀市の三笠公園内

艦歴[編集]

日本戦艦時代の鎮遠

艦長[編集]

清国海軍
日本海軍

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長

艤装員長

  • 横尾道昱 大佐:1895年9月10日 - 1895年12月27日
  • 有馬新一 大佐:1895年12月27日 - 1896年7月7日

艦長

  • 松永雄樹 大佐:1896年8月13日 - 1897年12月27日
  • 沢良煥 大佐:1897年12月27日 - 1898年6月13日
  • 植村永孚 大佐:1898年6月13日 - 1899年3月22日
  • 橋元正明 大佐:1899年3月22日 - 6月17日
  • 早崎源吾 大佐:1899年6月17日 - 9月29日
  • 中山長明 大佐:1899年9月29日 - 11月20日
  • 早崎源吾 大佐:1899年11月20日 - 1900年5月20日
  • 梨羽時起 大佐:1900年5月20日 - 12月6日
  • 鏑木誠 大佐:1903年2月3日 - 1903年8月1日
  • 今井兼昌 大佐:1903年8月1日 - 1905年6月14日
  • 毛利一兵衛 大佐:1905年6月14日 - 12月12日
  • 長井群吉 大佐:1905年12月12日 - 1906年11月22日
  • 石田一郎 大佐:1906年11月22日 - 1907年12月27日
  • 小橋篤蔵 大佐:1907年12月27日 - 1908年4月7日
  • 高木助一 大佐:1908年4月7日 - 8月28日
  • 北野勝也 大佐:1908年8月28日 - 1909年3月4日
  • 秀島成忠 大佐:1909年3月4日 - 1910年12月1日

同型艦[編集]

エピソード[編集]

清国軍艦神符
元寇史料館所蔵
  • 日本海軍に鹵獲された際、艦内から1891年の北洋艦隊日本訪問記が見つかった。水交社の機関誌『水交社記事』57号(1895年5月)に「東巡日記」として和訳の上、掲載されている。
  • 鹵獲後の回航要員に広瀬武夫が乗艦している。

注釈[編集]

  1. ^ 発射薬と砲弾を砲尾を開いて装填する方式
  2. ^ 発射薬と砲弾を大砲の発射口から装填する方式
  3. ^ この勘違いは宮崎駿の『雑想ノート』等にも見られる。
  4. ^ 『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』p.141は「完成」を1882年としている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』pp.340-341「日本海軍主力艦要目表」。
  2. ^ 『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』p.66。

参考文献[編集]

関連項目[編集]