新高 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese cruiser Niitaka in 1918.jpg
艦歴
発注 1897年度計画
起工 1901年1月7日
進水 1902年11月15日
就役 1904年1月27日
その後 1922年8月26日座礁沈没
除籍 1923年4月1日
性能諸元
排水量 常備:3,366t
全長 102.0m(垂線間長)
全幅 13.44m
吃水 4.92m
機関 ニクローズ式石炭専焼罐16基
レシプロ蒸気機関2基、2軸推進
9,400馬力
燃料 石炭600t
最大速力 20.0ノット
航続距離
乗員 320名
兵装 40口径152mm単装速射砲6門
40口径76mm単装速射砲10門
47mm単装砲4門
装甲 甲板傾斜部:76mm
司令塔:100mm

新高(にいたか)は、日本海軍新高型防護巡洋艦1番艦艦名は当時日本領であった台湾の「新高山」(現「玉山」)にちなんで名づけられた。

艦歴[編集]

1901年横須賀工廠で起工。1902年11月15日に行われた進水式に皇后が臨席した[1]1904年1月27日に竣工し、三等巡洋艦に類別された。

日露戦争では、仁川沖海戦旅順攻略作戦蔚山沖海戦(直接の戦闘には間に合わず)、日本海海戦等に参加。

1912年8月28日、二等巡洋艦に等級変更。

第一次世界大戦では、青島攻略戦に参加、さらにインド洋南アフリカ水域での作戦に従事した。

1920年7月から9月にかけて、シベリア出兵に伴いペトロパヴロスク警備に従事した。

1921年5月から9月にかけて、南シナ海オランダ領東インド諸島方面の警備に従事、9月1日二等海防艦に類別変更された。

1922年8月26日カムチャツカ半島で漁業保護任務にあたりオジョールナヤ基地沖で停泊中、暴風(台風)に遭遇し、午前6時頃海岸に擱座、転覆。艦長の古賀琢一大佐以下300余名の乗員のうち生還したのは、28日に現場に急行した駆逐艦」が救助した岡田二等水兵と機関兵15名のみであった。

1923年4月1日に除籍となり、工作艦関東」の手により現地で解体処分および遺体の回収がなされた。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • (兼)荘司義基 中佐:1903年7月21日 - 1903年12月28日
  • 荘司義基 中佐:1903年12月28日 - 1905年12月20日
  • 山縣文蔵 大佐:1905年12月20日 - 1906年8月30日
  • 宮地貞辰 大佐:1906年8月30日 - 11月22日
  • 秀島成忠 中佐:1906年11月22日 - 1908年4月7日
  • 中島市太郎 中佐:1908年4月7日 - 12月23日
  • 笠間直 大佐:1909年5月19日 - 回航中
  • 桜野光正 中佐:1909年12月1日 - 1911年10月25日
  • 榊原忠三郎 大佐:1911年10月25日 - 1912年12月1日
  • 飯田久恒 大佐:1913年4月1日 - 9月13日
  • 秋沢芳馬 中佐:1913年9月13日 - 1914年5月27日
  • 小林研蔵 中佐:1914年8月13日 - 1914年10月30日
  • 野崎小十郎 中佐:1914年10月30日 - 1915年3月20日
  • 岩田秀雄 大佐:不詳 - 1916年12月1日
  • 安村介一 大佐:1916年12月1日 - 1917年2月7日
  • 犬塚太郎 大佐:1917年2月7日 - 11月22日
  • 黒瀬清一 大佐:1917年12月1日 - 1918年5月13日
  • 有田秀通 大佐:不詳 - 1920年11月20日
  • (心得)今村信次郎 中佐:1920年11月20日 - 1920年12月1日
  • 今村信次郎 大佐:1920年12月1日 - 1921年9月17日
  • 古賀琢一 大佐:1921年9月17日 - 1922年8月26日

兵装[編集]

それまで巡洋艦の主砲はアームストロング社から輸入した安式砲であったが、新高からは国産の四一式砲となった。

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5813号、明治35年11月18日。

参考資料[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第5巻 重巡Ⅰ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0455-5
  • 『造艦技術の全貌』興洋社、昭和27年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]