八島 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦艦 八島(1897年撮影)
艦歴
計画 1893年(明治26年)度予算
建造所 アームストロング社エルジック造船所
起工 1894年12月28日
進水 1896年2月28日
就役 1897年9月9日竣工
その後 1904年5月15日沈没
除籍 1905年6月15日
要目
排水量 常備:12,320トン
全長 垂線間長:113.4m(372ft)
全幅 22.5m(73ft8in3/16)
吃水 8.0m(26ft3in)
機関 円缶10基
3気筒3段レシプロ2基
2軸、13,500馬力
速力 18.25ノット
航続距離 10ノットで7,000海里
燃料 石炭1,100トン
乗員 741名
兵装 30.5cm40口径連装砲2基
15.2cm40口径単装砲10基
47m単装砲24基
45cm水上魚雷発射管1門
45cm水中魚雷発射管4門
装甲 複合装甲
舷側:最大18インチ(457mm)
甲板:最大4インチ(102mm)
司令塔:14インチ(356mm)

八島(やしま)は日本海軍戦艦富士型戦艦の2番艦。

艦名は日本の美称の一つ。日露戦争において戦没。

概要[編集]

富士」と同じくして計画された日本海軍で初めての近代的戦艦の1隻。1891年(明治24年)から1892年(明治25年)にわたって軍艦建造予算が議会で否決され続けてきたが、明治天皇が自らの宮中費を節約する建艦詔勅を出して、ようやく議会を通過した。英ニューキャッスルにあるアームストロング社で建造され、1897年(明治30年)に竣工した。

竣工7年目に日露戦争が勃発し、旅順口攻撃旅順港閉塞作戦に参加していたが、1904年(明治37年)5月15日午前11時10分に老鉄山沖で触雷した。爆発は右舷後部ボイラー室で起こり、その1分後に水中発射管室で爆発、艦内に浸水し右に大きく傾斜した。応急処置の後、午後4時25分より自力航行により擱座を試みたが刻々傾斜が増したため5時41分に投錨、軍艦旗を降下し総員退艦し、艦は夜8時半過ぎに転覆沈没した。同日に戦艦「初瀬」も沈没、日本海軍所有の主力戦艦6隻のうちの2隻を一挙に失うこととなった。

日本海軍は国民の動揺を恐れ、戦死者が無く、ロシア側にもこの事実が知られていなかった事から、日露戦争終結まで八島沈没の事実を秘匿した。

艦歴[編集]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

歴代の艦長(海軍大佐
氏名 在任期間 備考
0 有馬新一 1896年7月7日 - 12月11日 回航委員長、英国出張
1 有馬新一 1896年12月11日 - 1897年12月27日 1897年11月30日英国より帰着
2 片岡七郎 1897年12月27日 - 1898年11月2日
3 内田正敏 1898年11月2日 - 1899年6月17日
4 瓜生外吉 1899年6月17日 - 1900年5月21日
欠員 1900年5月22日 - 1900年6月17日
5 島崎好忠 1900年6月18日 - 1901年7月6日
6 丹治寛雄 1901年7月6日 - 1902年5月24日
欠員 1902年5月25日 - 1902年10月22日
7 岩崎達人 1902年10月23日 - 1903年10月27日
8 坂本一 1903年10月27日 - 1904年8月31日

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 明治29年6月14日東京日日新聞「東洋第一の堅艦八島号の進水」『新聞集成明治編年史. 第九卷』 挿絵付 (国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 明治30年12月1日国民新聞「戦艦八島回航」『新聞集成明治編年史. 第九卷』 挿絵付 (国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 「軍艦八島外五艦ノ遭難」『官報』第6574号 1905年6月1日(国立国会図書館デジタル化資料)

参考文献[編集]

  • 泉江三『軍艦メカニズム図鑑-日本の戦艦 上』グランプリ出版、2001年。 ISBN 4-87687-221-X
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第2巻 戦艦II』光人社、1989年。 ISBN 4-7698-0452-0
  • 福井静夫『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語(1)』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0607-8
  • 官報

関連項目[編集]