長門 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長門
Japanese Battleship Nagato 1944.jpg
1944年10月、ブルネイでの「長門」。後方に「最上」、「武蔵」「大和」が見える。
艦歴
建造者 呉海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
計画 八八艦隊計画
起工 1917年8月28日
進水 1919年11月9日
竣工 1920年11月25日
除籍 1945年9月15日(米軍に接収)
除籍後 1946年7月29日沈没
主要諸元
艦種 戦艦
艦級 長門型
排水量 基準 39,120トン
全長 224.94m
全幅 34.59m
吃水 9.5m
機関 艦本式タービン4基4軸 82,000馬力
速力 25.0ノット
航続距離 16ノット / 8,650海里[1]
乗員 1,368名
兵装

新造時
45口径41cm連装砲4基
50口径14cm単装砲20門
40口径7.6cm単装高角砲4門
53 cm魚雷発射管8門

改装後
45口径41cm連装砲4基
50口径14cm単装砲18門
40口径12.7cm連装高角砲4基
25mm連装機銃10基
装甲 水線305mm
甲板70+127 mm
主砲前盾457mm
主砲天蓋250mm
副砲廓152mm
艦載機 3機(カタパルト1基)
その他 いずれも改装後の諸元
テンプレートを表示

長門(ながと)は旧長門国を名前の由来に持つ大日本帝国海軍戦艦で、長門型戦艦の1番艦である。第二次世界大戦前は日本海軍の象徴として親しまれた[2]。敗戦後は米軍に接収され、原爆実験の標的艦となり沈没した。

概要[編集]

完成当時の1920年(大正9年)では世界最初であり、かつ最大口径の16.1インチ(当時日本はメートル法を採用していたため実口径は41cmちょうど)主砲と、当時の戦艦の中では非常に高速である26.5ノット(公試26.443ノット)の機動力を持つ高速戦艦で[3]、世界の軍事史や軍艦史にも大きな影響を与えている[4]

2番艦の「陸奥」と共に各国海軍から注目され、大艦巨砲主義が最盛期をむかえていた列強海軍の熾烈な建艦競争にワシントン海軍軍縮条約による一定の歯止めを与えるきっかけとなったのも本艦であった[5]

完成後に連合艦隊旗艦となり、その任を「陸奥」と交代で務めた。第二次世界大戦後に有名になった大和型戦艦大和」「武蔵」が戦中は存在そのものが極秘だったこともあり、戦前と戦中には長門・陸奥こそが日本海軍を代表する戦艦として国民から親しまれている。

太平洋戦争開戦時の連合艦隊旗艦で、連合艦隊司令長官 山本五十六大将が座乗していた。1942年2月、連合艦隊旗艦は戦艦「大和」に移った。以後、戦艦「大和」「武蔵」に次ぐ主力艦として温存され、太平洋戦争終盤まで最前線に出ることはなかった。終戦時、横須賀にて中破状態で残存。稼動可能な状態で生き残った唯一の日本戦艦である。米軍に接収された後、1946年7月にビキニ環礁で実施された原爆実験「クロスロード作戦」に標的艦として投入。二度の核爆発により浸水が進み、沈没した。

艦歴[編集]

建造[編集]

新造時の長門

戦艦「長門」は1916年(大正5年)度の帝国議会で建造が承認され[6]1917年(大正6年)8月28日に八八艦隊計画の第一号艦として広島県呉海軍工廠にて起工[7]1919年(大正8年)11月9日に進水する[8]1920年(大正9年)11月25日、竣工した[9]。甲板の木材は台湾阿里山が使用された[10]。建造費は当時の価格で4,390万円に上った。東京の丸の内ビルディング(旧)が七つ建造できる金額であったという[11]。艦の本当の全長216mや最大速力26ノットは隠され、対外的には660(201m)、23ノットと公表している[12]ワシントン海軍軍縮条約によって41cm(16in)主砲搭載・艦型35000トン以上の大型戦艦の建造が制限される海軍休日が始まると[13]、「長門」と姉妹艦の「陸奥」、イギリスネルソン級戦艦2隻、アメリカ合衆国コロラド級戦艦3隻を指して世界のビッグ7と呼ばれた[14]

建造当初は煙突の排煙処理が問題となり、平賀譲の提案で第一煙突にカバーを付けたがあまり効果はなく、藤本喜久夫造艦大佐によって1924年(大正13年)に「陸奥」と共に屈曲煙突を採用した[15]。この姿が当時の国民に親しまれ、一番印象に残る姿となったといわれる[16]。尚、この屈曲煙突の採用は、後の日本海軍の巡洋艦の機関建造に影響を与えたとされる。また藤本の提案を平賀譲が無断で借用したため、両者の対立の一因となった[17]

第二次世界大戦前[編集]

三段空母時代の「赤城」と並ぶ「長門」。第一煙突が湾曲している。

世界で7隻しかいない40cm砲搭載戦艦である「長門」だが、その巨砲を実戦で発射する機会は長らくなかった。「陸奥」が佐世保鎮守府所属だったことから、東京の海軍省や軍令部と往来が容易な横須賀鎮守府所属の「長門」が連合艦隊旗艦に選ばれたとされる[18]1923年(大正12年)9月の関東大震災では、演習を中止して救援物資を東京に運んだ[19]1924年(大正13年)には裕仁皇太子(後の昭和天皇)の樺太行啓に際し乗艦となった[20]

先述した屈曲煙突への改造後も、水上偵察機の搭載や主砲塔の測距儀を換装するなど小規模な改装が実施された。1932年(昭和7年)から1933年(昭和8年)にかけては8cm高角砲を12.7cm連装高角砲に換装のうえ高射装置と毘式四十粍機銃を設置、水偵発艦用のカタパルトが搭載されたほか、前檣は測的所や指揮所を増設したことから探照灯を煙突周辺に新設した探照灯台へ移した[21]

1934年(昭和9年)から1936年(昭和11年)の間「陸奥」と共に大規模改装を行い、ボイラーの換装と装甲の追加、主砲塔の改造や魚雷発射管の撤去などが実施された[22]。外見上は煙突がボイラーの換装に伴い太い一本の物に替わった他、前檣および後部指揮所の形状も大きく変化した。大西新蔵(長門艦長)は、大規模改装後の長門型戦艦は優男、大和型戦艦は獰猛と表現している[23]。近江従兵長の回想では、艦橋にエレベーターがあったという[24]。そして、両舷にバルジを設け、艦尾も延長し、全体的に重厚となり、防御能力が向上した。反面、タービンが換装されず出力が新造時と大差なかったため、速力は25ノットに低下した。大西は、1941年5月29日の公試において82000馬力で24.1ノットを発揮したと述べている[25]。ただし、レイテ沖海戦ではカタログスペックを上回るスピードで敵機から逃げているので、元々機関部の強度・耐熱性の余裕を大きく取っていたようである。その後も航空設備の改修や毘式四十粍機銃の撤去、25mm機銃の増設といった追加工事[26]を経て1941年(昭和16年)4月3日連合艦隊旗艦任務を「陸奥」に移し、「長門」は横須賀で砲身換装や各部防御力の強化を行い、5月28日横須賀を出港した[27]。8月10日の射撃訓練では、36500mで初弾命中に近い射撃成績を出した[28]。右舷最後部には御真影安置室・天皇御座所があり、山本長官すら入室せず、24時間番兵が守衛していた[29]

太平洋戦争緒戦[編集]

米国との開戦に備えて戦備を整える「長門」だが、既に大艦巨砲主義全盛の時代は去り、航空機と潜水艦が重要な役割を果たすようになっていた。1941年(昭和16年)7月21日の昼間連合艦隊第12回基本演習と夜間連合艦隊第21回応用教練では、急降下爆撃機や潜水艦に苦戦している[30]。8月10日の第一類戦技作業終了後の航空隊襲撃では、空母「加賀」と「龍驤」の艦上攻撃機27機・艦上爆撃機54機・水上飛行艇15機に翻弄されている[31]。また開戦二ヶ月前に土佐湾沖で行われた「長門」「陸奥」の主砲射撃訓練で、「長門」の散布界は非常に狭く、「陸奥」は遠大距離で高い命中率を出した[32]。その後「長門」艦上で行われた研究会にて、山本長官は「長門と陸奥の二艦をもってアメリカのウエストバージニア級戦艦(コロラド級戦艦)の三隻を倒せば、日本は勝てる」という主旨の発言をしたという[32]。しかし、米国が16インチ砲搭載のノースカロライナ級戦艦サウスダコタ級戦艦といった新世代戦艦を複数隻建造中である事は、一般にも報道されていた[33]。大正時代に設計され艦齢を重ねた日本戦艦では欧米列強の新世代戦艦に対抗できなくなっており、仮に艦隊決戦が実現したとしても「長門」を含めた日本海軍の劣勢は明白であった[34]

太平洋戦争開戦時、「長門」は連合艦隊旗艦として姉妹艦の「陸奥」と共に第一戦隊を形成していた。1941年12月5日には山口県岩国湾で「ニイタカヤマノボレ1208」の暗号無電を打電した[35]。12月6日、戦艦「陸奥」、「日向」、「伊勢」、「扶桑」、「山城」、「瑞鳳」等を率いて日本を出撃する。12月8日の真珠湾攻撃に於いて、近江は藤井茂参謀に「野村大使の書類は間に合ったか?」と尋ねる山本連合艦隊司令長官を目撃している[36]。開戦時の推定位置は北緯34度、東経145度付近だった[37]。この時、宇垣纏参謀長は真珠湾を長門型戦艦伊勢型戦艦で艦砲射撃を行うことを提案し、黒島亀人先任参謀の間で真夜中まで激論となったとされる[38]。山本は一言「帰ろう」と述べ、「長門」は反転した[39]

1942年2月12日に山本五十六大将は大将旗を戦艦「大和」に移し、連合艦隊旗艦は「大和」となった。1942年6月のミッドウェー海戦では第一戦隊所属として出撃したが、戦闘は行わなかった。「長門」は空母「加賀」の生存者を収容、帰国させた。その後7月14日にはミッドウェー海戦後の艦隊再編により「長門」「陸奥」は第一戦隊から第二戦隊へと編入[40] 、8月に「大和」と「陸奥」はカロリン諸島トラック島に進出したが、「長門」は日本本土で待機する日々が続いた。

1943年(昭和18年)6月8日、姉妹艦「陸奥」が「長門」の目前で爆沈した。8月、「大和」「扶桑」とともにトラック泊地に進出して待機し、10月17日にはウェーク島南方海面で米艦隊を迎撃するため「長門」も「大和」、「扶桑」、「金剛」、「榛名」等とともに連合艦隊旗艦「武蔵」に率いられトラック島を出撃したが、作戦は不発に終わり10月26日にトラック島へ帰着した[41] 。1944年(昭和19年)2月25日には所属していた第一艦隊と第二戦隊が解隊され、「長門」は第二艦隊第一戦隊に編入された。同月にはトラック島からも撤退、以後はスマトラ島北部のリンガ泊地を基地とする[42]。5月4日、第一戦隊旗艦は「長門」から「大和」に変更された[43]。6月の「あ号作戦」では、第二航空戦隊(空母飛鷹隼鷹龍鳳)を主力とする乙部隊に所属して参加した。6月19-20日のマリアナ沖海戦において、米軍機動部隊艦載機の空襲を受けるが損害は軽微であった。20日、大破した空母「飛鷹」を「長門」が曳航することも検討されたが、作業前に「飛鷹」は沈没した。

捷一号作戦[編集]

レイテでの長門の形状。米側の資料なので、厳密には機銃配置などで異なる部分がある。
1944年10月22日、ブルネイから出撃する栗田艦隊。奥から高雄型重巡洋艦四隻の後に、金剛榛名大和武蔵、最後に長門が続く。

1944年10月、連合艦隊は捷一号作戦を発動、「長門」は栗田艦隊(司令長官栗田健男中将)第一部隊・第一戦隊に所属して参加した。10月1日、リンガ泊地に停泊する「大和」「武蔵」の乗組員がシンガポールで休養するにあたり、三回にわたり「長門」が人員輸送艦として使用され、一度に2100名の大和・武蔵乗組員を輸送した[44]。10月24日のシブヤン海での戦いでは、14:16に米空母「フランクリン」(USS Franklin, CV-13)と「カボット」(USS Cabot, CVL-28)からの攻撃機により二発の爆弾を受ける。一発は多くの機銃と第一缶室の換気口を破壊、25分間の軸停止となり、もう一発は無線室と酒保付近を破壊し52名が死亡、106名が負傷した。10月25日のサマール島沖海戦では06:01に護衛空母「セント・ロー」(USS St. Lo, CVE-63)に砲撃を行うが失敗する。06:54に駆逐艦ヒーアマン」 (USS Heermann, DD-532)が「榛名」に魚雷を発射。魚雷は「榛名」を外れ射線上の「大和」と「長門」に向かい、「大和」が回避運動の末両脇を魚雷に挟まれ、両艦は北方へ約16km回避行動を強いられた。「長門」は主砲と副砲の砲撃を米護衛空母群に続けて行った。

09:10に栗田健男中将は砲撃の中止と北方への移動を命じた。10:20に彼は再び南進を命じたが、艦隊への攻撃は激しさを増したため12:36に退却を再び命じる。「長門」は12:43に二発の爆弾を受けるが損害は大きくなかった。10月26日の退却後、連合艦隊はアメリカ軍の激しい空襲を受けることとなる。「長門」は「ホーネット」(USS Hornet, CV-12)艦載機から4発の爆弾を受け、38名の死者と105名の負傷者を出した。「長門」は一日で99発の主砲弾と653発の副砲弾を発射した。

太平洋戦争終盤[編集]

1944年11月5日 - 13日のマニラ空襲の後、11月18日に戦艦「長門」「大和」「金剛」は日本への帰路に付き、これが「長門」の日本海軍時での最後の外洋航海となった。第二水雷戦隊旗艦「矢矧」と同戦隊所属第17駆逐隊(浦風、浜風雪風磯風)が三隻の戦艦を護衛した。11月22日、台湾海峡沖で米潜水艦「シーライオン」の攻撃により、同行していた「金剛」と陽炎型駆逐艦浦風」(17駆司令艦)が撃沈され、「金剛」の生存者を収容した。

11月25日、「長門」は第17駆逐隊3隻に護衛されて神奈川県横須賀港に到着し損傷箇所の修理や整備を実施したが、以後は燃料、物資の不足により外洋に出ることはなく、1945年2月に沿岸防御の任を受け、6月1日には特殊警備艦に艦種変更、副砲や対空兵装を陸上げし、マストや煙突も撤去され、空襲擬装用に緑系の迷彩塗装が塗られた。米内光政海軍大臣と軍務局は、戦艦「長門」、空母「鳳翔」、重巡洋艦利根」、駆逐艦数隻をウラジオストクに回航してソビエト連邦(ソ連)に譲渡し、航空機・物資・燃料と交換する計画をたてていたが、実行されずに終わっている[45]

7月18日に「長門」は空母「エセックス」(USS Essex, CV-9)、「ランドルフ」(USS Randolph, CV-15) 、「シャングリラ」(USS Shangri-la, CV-38)および「ベロー・ウッド」(USS Beleau Wood, CVL-24)搭載機からの攻撃を受け3発の爆弾が命中して艦橋が破壊され、艦長の大塚幹少将以下ほとんどの艦橋要員が戦死した。後任艦長は杉野修一大佐(旅順港閉塞作戦で戦死した杉野孫七兵曹長の長男)が発令され、「長門」はそのまま修復されることなく終戦を迎えた。

終戦後 - 戦艦長門の最期[編集]

ビキニ環礁での長門を描いた水彩画
ビキニ環礁での7月25日の実験光景。雲の根本左部分に長門の姿が確認できる。

終戦後、1945年8月30日に、連合国軍の1国であるアメリカ軍に接収される。「長門」は空襲によって中破したまま修復されておらず、煙突とマストは撤去されていた。アメリカ海軍による詳細な調査の後武装解除され、1946年3月18日にクロスロード作戦(アメリカ軍の核実験)に標的艦として参加するためマーシャル諸島ビキニ環礁へ出発する。艦長はW・J・ホイップル大佐。180名のアメリカ海軍兵が乗り込んだが、「長門」は外洋への航海がままならない状態で時速数ノットというあまりの低速のため、小修理のためエニウェトク環礁に立ち寄っている。

1946年7月1日の第一実験(ABLE、空中爆発/予定爆心地を大きくはずしてしまう)では戦艦「ネバダ」が中心に配置され、「長門」は爆心予定地から400mのところに置かれた。爆弾は西方600mにずれてしまい、結果爆心地から約1.5 km(1,640ヤード)の位置となった。この時「長門」はほとんど無傷(爆心地方向の装甲表面が融解したのみで航行に問題なし)であった。「長門」と同時に実験標的にされた阿賀野型軽巡洋艦酒匂」はほぼ真上が爆心地となったために翌日に沈没した。

7月25日の第二実験(BAKER、水中爆発)では爆心地から900-1000mの位置にあり、右舷側に約5度の傾斜を生じた。それでも「長門」は海上に浮かんでいた。しかし、4日後の7月29日の朝、原爆実験の関係者が「長門」のいた海面を見てみると、既に同艦の姿は海上にはなかった。7月28日深夜から29日未明にかけての夜間に、艦内への浸水によって転覆し沈没したものと見られる。ただ一説には、「長門」の浸水を食い止めるなど、保存などの為に緊急修理をする予定が立てられていたが、最終的には行われず沈没したという逸話も有る。

「長門」が二度被爆してなお4日後まで沈まなかったことは、当時の日本では「米艦が次々沈む中、最後まで持ちこたえた」「長門が名艦だった証拠」「日本の造艦技術の優秀性の証明」と喧伝された。もっとも、被爆を耐えた艦は「長門」以外にもおり、沈没を免れた米戦艦「ネバダ」、アメリカ軽空母「インディペンデンス」、ドイツ重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」(後日座礁放棄)等も存在する。しかしながら第二実験(BAKER)の実施前に長門の艦首部に穴が開けられており、さらに機雷が艦体に装着されていたとされる[46]など他艦と比べて不利な条件であったとも言える。

現在、「長門」沈没地点はダイビングスポットとしてこの地の貴重な観光資源となっている。しかし、核実験の放射線の影響のため艦体に直接ダイバーが触れる事は許可されていない。沈没状態とはいえ、ビッグ7の中で現存しているのは「長門」だけである。現状は上下逆さまで沈没しており、艦橋部分は折れている。

エピソード[編集]

  • 「大和」や「武蔵」に大和神社・武蔵神社があったのと同様、本艦にも「長門神社」があった[47]長門国一宮住吉神社からの分祀。
  • 1944年3月6日、宇垣纏第一戦隊司令官は駆逐艦「谷風」より第一戦隊旗艦「長門」に乗艦し、陣中日記『戦藻録』に「艦に心あり 余の乗艦を喜べば、余は彼女の健在と今日迄の奮闘を謝するものなり」と記した[48]
  • 日本海軍の士官学校は武道必修であり、卒業時に柔道もしくは剣道の有段者になるよう鍛えられていた[49]。また下士官兵達も別科時間になると各種武道(柔道、剣道、銃剣道、相撲、短艇競技等)を選択し、所定の場所で鍛錬していた。海上の軍艦であっても、上甲板にマットを敷いて相撲柔道の稽古が行われている[50]。「長門」の相撲部員は横須賀鎮守府代表者が多く、十両に匹敵する実力者が揃っていたという[51]
  • 開運!なんでも鑑定団」に出品された「長門」の軍艦旗を、石坂浩二が評価額の1000万円で購入し、呉の呉市海事歴史科学館に寄贈した。
  • 同番組には「長門」の艦内時計も出品されたことがある。評価額は50万円。出品者(依頼人)の父は「長門」接収に立ち会った元日本海軍将校であり、この放送では接収時の映像も公開された。
  • 終戦直後、大洋漁業(後のマルハ、現在のマルハニチロ水産)が捕鯨を再開するため母艦として第二復員省(元:海軍省)へ軍艦の借用を依頼したところ、その第一候補として例示されたのがこの「長門」だった(最終的には海軍第一号型輸送艦を借用した)。

主要目一覧[編集]

新造時の長門を後方から見た写真。
1937年(昭和12年)の長門。戦艦を動かすのに必要な乗組員の多さがよく判る。
終戦時、唯一生き残り、米軍に接収された長門。艦首マストの垂れ下がった星条旗と、爆撃で受けた艦橋部の破壊状況が判る。
要目 新造時
(1920年)[3]
大改装後
(1936年)
レイテ沖海戦時
(1944年)
排水量 基準:32,759t
常備:33,759t
基準:39,130t
公試:43,580t
全長 215.80m 224.94m
全幅 28.96m 34.60m
吃水 9.08m 9.49m
主缶 ロ号艦本式専焼缶15基
同混焼缶6基
ロ号艦本式大型4基
同小型6基
主機 艦本式タービン4基4軸
軸馬力 85,478shp 82,000shp
速力 26.443ノット 24.35ノット
航続距離 5,500海里/16ノット 8,650海里/16ノット
燃料 石炭:1,600t
重油:3,400t
石炭:57.8t
重油:5,600t
乗員 1,333名 1,368名
主砲 四一式41cm連装砲4基
副砲 四一式14cm単装砲20門 同18門
高角砲 8cm単装4門 12.7cm連装4基
機銃 三年式3挺 7.7mm3挺
40mm連装2基
25mm連装10基
(後日40mmに代わって装備)
25mm3連装14基
25mm連装10基
同単装30挺
魚雷 53cm水中発射管4本
同水上4本
なし
その他兵装 21号電探1基
22号2基
13号2基
装甲 水線305mm
甲板70+75 mm
主砲前盾305mm
主砲天蓋152mm
副砲廓152mm
水線305mm
甲板70+127 mm
主砲前盾457mm
主砲天蓋250mm
副砲廓152mm
搭載機 なし 3機
カタパルト1基

※ ←は左に同じ(変更無し)。空白は不明。1944年は推定を含む。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 飯田延太郎 大佐:1919年11月20日 -

艦長[編集]

  1. 飯田延太郎 大佐:1920年3月2日 -
  2. 樺山可也 大佐:1921年12月1日 -
  3. 高橋節雄 大佐:1922年11月10日 -
  4. 左近司政三 大佐:1923年12月1日 -
  5. 中島晋 大佐:1924年12月1日 -
  6. 小副川敬治 大佐:1925年8月22日 -
  7. 長谷川清 大佐:1926年12月1日 -
  8. 松下薫 大佐:1927年12月1日 -
  9. 井上継松 大佐:1928年12月10日 -
  10. 浜田吉治郎 大佐:1929年11月30日 -
  11. 中村亀三郎 大佐:1930年12月1日 -
  12. 原敬太郎 大佐:1931年10月10日 -
  13. 杉坂悌二郎 大佐:1931年12月1日 -
  14. 園田実 大佐:1932年3月4日 -
  15. 宇野積蔵 大佐:1932年12月1日 -
  16. 佐田健一 大佐:1933年11月15日 -
  17. 雪下勝美 大佐:1934年11月15日 -
  18. 斎藤二朗 大佐:1935年7月15日 -
  19. 鮫島具重 大佐:1936年12月1日 -
  20. 中島寅彦 大佐:1937年12月1日 -
  21. (兼)角田覚治 大佐:1938年9月15日 -
  22. 福留繁 大佐:1938年12月15日 -
  23. 徳永栄 大佐:1939年11月15日 -
  24. 大西新蔵 大佐:1940年10月15日 -
  25. 矢野英雄 大佐:1941年8月11日 -
  26. 久宗米次郎 大佐:1942年11月10日 -
  27. 早川幹夫 大佐:1943年8月2日 -
  28. 兄部勇次 大佐:1943年12月15日 -
  29. 渋谷清見 大佐:1944年12月20日 -
  30. 大塚幹 予備少将:1945年4月28日 -
  31. 杉野修一 大佐:1945年7月24日 -
  32. W・J・ホイップル 大佐:1946年3月18日 -

同型艦[編集]

長門が登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和12年度海軍省年報による。福井静夫の著作では16ノットで10,600海里との数値もある。
  2. ^ 『海軍少年読本』pp.24-25
  3. ^ a b 「試験(3)」p.3「大正9年10月7日、長門全力公試」
  4. ^ 『軍港と名勝史蹟』p.43
  5. ^ 『軍艦帖 : 海と船の写真帖』(1922年)、p.13
  6. ^ 「海軍艦艇製造沿革」pp.2,8
  7. ^ 「軍艦長門製造一件(1)」p.21
  8. ^ 「軍艦長門製造一件(2)」p.23
  9. ^ 「軍艦長門製造一件(2)」pp.42,52
  10. ^ 『大日本軍艦写真帖』p.11
  11. ^ 『海軍記念写真帝国軍艦帳 : 演習並海軍生活状況』p.3
  12. ^ 「軍艦長門、扶桑要目」p.4
  13. ^ 『海軍少年読本』p.82
  14. ^ 『平易に説いた陸海軍の知識』p.143 本の原文では世界の七大戦艦と記述されている。
  15. ^ #牧野ノート90頁
  16. ^ #海軍艦隊勤務84頁
  17. ^ #牧野ノート91頁
  18. ^ #歴群15長門型196頁
  19. ^ #海軍生活放談271-272頁
  20. ^ 「樺太行啓活動写真映画御下賜相成度件」p.1
  21. ^ #歴群15長門型155-156頁
  22. ^ #歴群15長門型157-160頁
  23. ^ #海軍生活放談463頁
  24. ^ #従兵長75頁
  25. ^ #海軍生活放談262頁
  26. ^ #歴群15長門型160-161頁
  27. ^ #海軍生活放談460頁
  28. ^ #海軍生活放談464頁
  29. ^ #従兵長22頁
  30. ^ #海軍生活放談467頁
  31. ^ #海軍生活放談468頁
  32. ^ a b #海軍反省会3pp.346-347。鈴木孝一(陸奥発令所長)談。
  33. ^ 『軍拡の嵐』p.41
  34. ^ 『軍拡の嵐』p.53
  35. ^ #従兵長73-74頁
  36. ^ #従兵長57頁
  37. ^ #従兵長80頁
  38. ^ #従兵長83頁
  39. ^ #従兵長84-85頁
  40. ^ 丸スペシャル116号「大戦中の日本戦艦」折込付表
  41. ^ 丸スペシャル116号「大戦中の日本戦艦」74-75頁
  42. ^ #歴群15長門型162頁
  43. ^ #戦藻録1979321頁
  44. ^ #戦藻録1979399頁
  45. ^ #横山一郎回顧録190頁
  46. ^ 米海軍歴史センター
  47. ^ #従兵長186頁
  48. ^ #戦藻録1979324頁
  49. ^ #海軍は生きている219頁
  50. ^ #海軍は生きている83,218頁
  51. ^ #海軍は生きている223頁

参考文献[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 河合秋平 編『軍艦帖 : 海と船の写真帖』(勝田商店、1922年)
    • 藤田精一 編『大日本軍艦写真帖』(海上協会、1923年)
    • 宇都宮俊雄 『海軍記念写真帝国軍艦帳 : 演習並海軍生活状況』(宇都宮総本店、1924年)
    • 海軍協会 編『軍艦写真帖』(海軍協会、1930年)
    • 兵庫県 編『海軍特別大演習観艦式記録 : 昭和5年』(兵庫県、1931年)
    • 全国小学校訓導 共述『海軍少年読本』(海軍研究社、1933年)
    • 引頭文博『軍港と名勝史蹟』(軍港と名勝史蹟発行所、1933年)「戦艦長門の話」
    • 国防科学研究会 編『平易に説いた陸海軍の知識』(二松堂書店、1934年)
    • 軍事教育研究会 編『非常時国防写真大観』(聚文館、1934年)
    • 朝日新聞社 編『海軍少年航空兵』(東京朝日新聞発行所、1937年)「戦艦長門へ乗艦」
    • 神戸市 編『昭和十一年海軍特別大演習観艦式神戸市記念誌』(神戸市、1937年)
    • 檜山和一『軍拡の嵐』(海軍協会兵庫県支部、1938年)
    • 海軍研究社編纂部『日本軍艦集 : 2600年版』(海軍研究社、1940年)
    • 佐藤光貞『海軍の科学』(東亜公論社、1941年)「戦艦『長門』と『陸奥』はいつ出来たか」
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • Ref.A09050126900「海軍艦艇製造沿革」
    • Ref.B04122588300「3.資料(一)(艦船要目、艦船表、その他)分割3」
    • Ref.C08021291800「軍艦長門(1)」
    • Ref.C08021555800「軍艦長門製造一件(1)」
    • Ref.C08021555900「軍艦長門製造一件(2)」
    • Ref.C08021559500「試験(3)」
    • Ref.C08050212400「軍艦長門、扶桑要目」
    • Ref.C08050198800「軍艦長門第4缶室出火」
    • Ref.C04015076000「樺太行啓活動写真映画御下賜相成度件」
    • Ref.C04015265300「大正15年度軍艦長門応用教練運転成績表」
    • Ref.C04015267600「教練運転成績表 長門」
    • Ref.C05023528400「第1725号 9.4.18 軍艦長門機関部改造の件」
    • Ref.C05034278400「第2834号 10.12.12 軍艦長門公試験運転の際社員便乗見学許可の件」
    • Ref.C08051772000「昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書」
    • Ref.C08030040400「昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウエー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030565400「昭和19年10月24日~昭19年10月26日 軍艦長門戦闘詳報 第2号(1)」
    • Ref.C08030565500「昭和19年10月24日~昭19年10月26日 軍艦長門戦闘詳報 第2号(2)」
    • Ref.C08030565600「昭和19年10月24日~昭19年10月26日 軍艦長門戦闘詳報 第2号(3)」
    • Ref.C08030565700「昭和19年10月24日~昭19年10月26日 軍艦長門戦闘詳報 第2号(4)」
    • Ref.C08030566000「昭和20年5月1日~昭20年6月30日 軍艦長門戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030566100「昭和20年5月1日~昭20年6月30日 軍艦長門戦闘詳報(2)」
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第1巻 戦艦Ⅰ』光人社、1989年。 ISBN 4769804512
  • 不二美術模型出版部編『戦艦長門・陸奥 -艦船模型の制作と研究-』出版共同社、1977年。
  • 宇垣纏著 『戦藻録成瀬恭発行人、原書房1979年(原著1968年)。
  • 大西新蔵 『海軍生活放談 日記と共に六十五年原書房、1979年6月。
  • 横山一郎 『海へ帰る 横山一郎海軍少将回想録原書房、1980年3月。
  • 牧野茂 『牧野茂 艦船ノート』 出版協同社、1997年5月。ISBN 4-87970-045-2
  • 歴史群像太平洋戦史シリーズ15 『長門型戦艦 帝国海軍のシンボル「長門」「陸奥」の激動の軌跡を詳解!』 学習研究社、1997年ISBN 4-05-601684-4
  • 『世界の戦艦 弩級戦艦編 BATTLESHIPS OF DEADNOUGHTS AGE』 世界文化社、1999年ISBN 4-418-99101-8
  • 元連合艦隊司令部従兵長近江兵治郎連合艦隊司令長官山本五十六とその参謀たち』 テイ・アイ・エス、2000年7月。ISBN 4-88618-240-2
    「長門」に勤務し、1940年から司令部付。長門の内部構造や乗組員の日常生活についても言及している。
  • 上村嵐 『海軍は生きている』 新人物往来社、2000年8月。ISBN 4-404-02873-3 上村は昭和16年4月~昭和17年3月まで長門機関科分隊長勤務。
  • 池田清野村実ほか・近現代史編纂会・編 『海軍艦隊勤務』 新人物往来社、2001年ISBN 4-404-02914-4
  • 戸高一成編 『[証言録] 海軍反省会3』 PHP研究所、2012年2月。ISBN 978-4-569-80114-8

関連史料[編集]

  • 日本造船学会『昭和造船史』
  • 福井静夫『日本の軍艦』『海軍艦艇史』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

画像集[編集]