安芸 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese battleship Aki.jpg
艦歴
発注 1904年
起工 1906年3月15日
進水 1907年4月14日
就役 1911年3月11日
退役 1923年9月20日除籍
その後 1924年9月7日に標的艦として沈没
性能諸元
排水量 基準:20,100 t、満載:21,800 t
全長 146.9m
全幅 25.5 m
吃水 8.4 m
機関 石炭・重油混焼宮原式水管缶15基+
カーチス式直結タービン2基2軸推進
最大出力 21,600馬力
最大速力 20ノット
燃料 石炭:3,000トン、重油:172トン
兵員 931名
兵装 30.5cm(45口径)砲連装2基4門
25.4cm(45口径)砲連装6基12門
15.2cm(45口径)砲単装8基8門
7.6cm(40口径)砲単装12基12門
45cm水中魚雷発射管単装5門
装甲 舷側:229mm
甲板:76mm
主砲塔:254mm(前盾)
司令塔:254mm(側盾)

安芸(あき)は日本海軍戦艦日露戦争中に臨時軍事費(明治37年度)で計画され、薩摩とともに建造された2番目の戦艦。

概要[編集]

本艦の武装・装甲配置を示した図。

30.5cm45口径連装砲2基と25.4cm45口径連装砲6基の主砲、中間砲は薩摩と同じであるが、副砲は異なり12cm(40口径)砲から15cm(45口径)砲へと口径が上げられ、威力を増したこれを単装砲で8基装備した。

また、主機に日本の戦艦として初めてカーチス式タービン機関が搭載された。その結果出力は25,000馬力と増加し、速力も装甲巡洋艦並の20ノットを発揮できた。加えて、煙突が薩摩が2本なのに対して安芸は3本なのはボイラー自体の大きさを増して薩摩が20基だったのを本艦は15基に減じたためである。この改正により全長が3m増し、排水量も450トン増になっている。これにより常備排水量、全長は共に薩摩より若干増加し19,800トン、140.2mである。

薩摩と並んで「薩摩型」と称されているものの、前述の通り、タービン機関を搭載する本艦は外見からして薩摩とは全く異なる。筑波型鞍馬型装甲巡洋艦(後に巡洋戦艦)と同一行動が可能であり、戦術的価値としては薩摩よりも遥かに上であった。

また薩摩がドレッドノート竣工によって旧式戦艦の烙印を押されたのに対して、安芸は機関と速度だけはドレッドノートに匹敵する存在であった。

艦歴[編集]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 矢島純吉 大佐:1910年7月16日 - 1911年5月22日 *兼呉海軍工廠艤装員( - 1911年3月11日)
  • 松村龍雄 大佐:1911年5月22日 - 1912年12月1日
  • 釜屋六郎 大佐:1912年12月1日 - 1913年12月1日
  • 野村房次郎 大佐:1913年12月1日 - 1914年12月1日
  • 志摩猛 大佐:1914年12月1日 - 1915年12月13日
  • 安保清種 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 中川繁丑 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 増田高頼 大佐:1917年12月1日 - 1918年5月3日
  • (兼)小松直幹 大佐:1918年5月3日 - 7月17日
  • 内田虎三郎 大佐:1918年7月17日 - 11月10日
  • 生野太郎八 大佐:1918年11月10日[1] - 1918年12月1日[2]
  • (兼)生野太郎八 大佐:1918年12月1日[2] - 不詳
  • 生野太郎八 大佐:不詳 - 1919年11月20日[3]
  • 石川秀三郎 大佐:1919年11月20日 - 1920年11月20日
  • 黒瀬清一 大佐:1920年11月20日 - 1921年11月1日
  • 加々良乙比古 大佐:1921年11月1日 - 1922年12月1日
  • 森初次 大佐:1922年12月1日 - 1923年9月1日

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1883号、大正7年11月12日。
  2. ^ a b 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  3. ^ 『官報』第2190号、大正8年11月21日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]