初瀬 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初瀬
艦歴
計画 明治30年度
建造所 アームストロング社エルジック工場
起工 1898年1月10日
進水 1899年6月27日
就役 1901年1月18日
その後 1904年5月15日触雷、沈没
除籍 1905年5月21日
要目
排水量 常備:15,000トン
全長 134.1m(439ft8in1/2)
全幅 23.5m(76ft8in1/2)
吃水 8.2m(27ft)
機関 ベルビール25基
3気筒3段レシプロ2基
2軸、14,500馬力
速力 18.0ノット
航続距離 (10ノットで7,000海里[1]
燃料 石炭1,643トン
乗員 836名
兵装 40口径30.5cm連装砲2基
40口径15.2cm単装砲14基
40口径7.6cm単装砲20基
47mm単装砲12基
45cm水中魚雷発射管4門
装甲 HS(ハーベイ・ニッケル)鋼
舷側:最大9インチ(229mm)
甲板:最大4インチ(102mm)

初瀬(はつせ)は日本海軍戦艦敷島型戦艦の3番艦である。

艦名の由来は奈良県を流れる初瀬川による。日露戦争において戦没。

概要[編集]

1896年(明治29年)度から10カ年計画による「第一、二期海軍拡張計画」の中の1艦として英国ニューキャッスルのアームストロング社エルジック工場で建造され,、竣工4年目で日露戦争に参加した。1904年(明治37年)2月9日からの旅順口攻撃に参加し、5月15日旅順港閉塞作戦で旅順港外、老鉄山沖を航行中に左舷艦底に触雷し、航行不能となる。「笠置」が曳航準備をほとんど終えた午後0時33分に2回目の触雷をし後部火薬庫が誘爆、大爆発を起こして約2分で沈没した。のちに芥川龍之介の妻となる塚本文の父、塚本善五郎(第一艦隊第一戦隊先任参謀)も、本艦と共に戦死している[2]

艦歴[編集]

歴代艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長
  • 植村永孚 大佐:1899年3月22日 - 1900年8月1日
艦長
  • 植村永孚 大佐:1900年8月1日 - 1901年7月5日
  • 梨羽時起 大佐:1901年7月5日 - 1902年7月18日
  • 島村速雄 大佐:1902年7月18日 - 1903年10月27日
  • 中尾雄 大佐:1903年10月27日 - 1904年5月24日

脚注[編集]

  1. ^ 『日本戦艦物語I』による。ただし括弧書きで記載され、その説明はない。『昭和造船史』では空欄となっている。
  2. ^ #海軍兵学校物語p.73
  3. ^ 『官報』第5275号、明治34年2月5日。

参考文献[編集]

  • 鎌田芳朗 『海軍兵学校物語』 原書房、1979年7月。
  • 福井静夫『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0607-8
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 泉江三『軍艦メカニズム図鑑-日本の戦艦 上』グランプリ出版、2001年。 ISBN 4-87687-221-X
  • 官報

関連項目[編集]