ポーツマス海軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーツマス海軍基地の腕木信号塔

座標: 北緯50度48分16秒 西経1度06分09秒 / 北緯50.80442度 西経1.10242度 / 50.80442; -1.10242

ポーツマス海軍基地 (HMNB Portsmouth, HMS Nelson) はイギリス海軍の3つの軍港の1つである。

基地はポーツマス市のポーツマス入り江東岸、ソレント海峡ワイト島の北側に位置している。ポーツマスは乾ドック発祥の地であり、現在もイギリス水上艦隊の2/3がこの港を拠点としている。また基地は、VTグループなどの造船や、補修と補給を請け負うフリート・サポート・リミテッド、乗員の陸上生活支援の拠点という性格も備えている。英海軍の最古の基地であり、何世紀もの間ブリテン島の歴史や防衛上非常に重要な存在であり続けてきた。さらに最盛期には世界最大の工業地帯でもあった[1]

ポーツマス海軍基地には博物館も備わっており、メアリー・ローズの遺物や戦列艦ヴィクトリー装甲艦ウォーリアなどの著名な展示物が存在してある。

脚注[編集]

  1. ^ ABROAD AGAIN IN BRITAIN, BBC

関連項目[編集]