ソレント海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス本土からワイト島を分けるソレント海峡を臨む衛星画像

ソレント(Solent)イギリス本土からワイト島を分ける海峡である。ヨットのメッカで、フェリーで往復する世界で最も高価な水域の一つとして知られている。ワイト島に守られ、非常に複雑な潮汐パターンを見せ、サウサンプトンが港として成功するのに大いに寄与している。ポーツマスは同じ海岸にある。ゴスポート近郊のギルキッカーポイント沖のスピットヘッドは、海軍が君主の観閲を受ける場所として知られている。

歴史[編集]

サウサンプトン河口を守るカルショット城

元々は川谷であり、ソレントは何千年にも亘って徐々に拡大し深くなってきた。フローム川はソレント川の水源であり、別のイッチェン川テスト川の2つは、フローム川に注ぎこんでいた。人類が居住した跡が、先史時代、ローマ時代、サクソン時代の遺跡から見付かっていて、人類がこうした時代に飛躍的に高い土地に移動したことを示している。

初期のノルマン時代の報告にヘイリング島の南部の多くが海進で失われたとある。ソレントのヘイリング島南部は、石が堆積し、スキューバダイビング中に石造建築物(恐らく教会)が発見された。その教会は嘗て島の中部にあったという古い報告がある。同じくらいの土地がソレント沿岸の他の場所で失われていたら、ソレントがローマ時代に狭まった可能性があり、ユリウス・カエサルの時代の人々が、浅瀬をワイト島まで歩けたというカエサルの報告は信じられるかも知れない。オランダのようなイングランド南西部は、歴史時代に一様にゆっくりと沈降して来た。

中世後期、ヘンリー8世はソレントの沿岸各地に広大な沿岸防衛設備を建造し、東西の行き来を効果的に管理した。更に多くの要塞が19世紀に陸上と海上に造られた。

ソレント川中流域の川岸ブランブルは、堆積物に晒されている。この点はこの地域に特有の堆積形態であり、川の流れを魅力的なものにしている。一年で最も水量が少なくなる時期にブランブルで毎年クリケット大会が行われるが、ウィケットが(訳注:クリケットで使う道具の一つ)一杯になったらすぐに引き分けで終わるのである!

地理[編集]

遠くにワイト島を臨む、レペ・カントリー公園近くの塩沼

1万年前サウスダウンズに平行して南イングランド白亜構造帯の一部である白亜岩が、ドーセット南部のパーベック地帯からワイト島東端まで走っていた。白亜岩後背地の内陸部は、脆い砂と粘土、砂利であった。こうした脆い土壌や岩を通して西部のドーセットフローム川、スタワー川やボーリュー川、テスト川、イッチェン川、ハンブル川からの多くの川が流れ、西から東へ現在のソレント東端のイングランド海峡に流れ込む広大な河口を形成した。この広大な河口は、森のある谷を流れ、現在ソレント川と呼ばれている。

ブリテン北部を覆っていた氷河が、氷河期末期に溶けると、ソレントを形成する2つのことが起きた。まず大規模な洪水がソレント川とその支流に押し寄せ、河口を深く切り込んだ。次にスコットランドを覆っていた氷がなくなると、後氷期の海進によりスコットランドとスカンディナヴィアの海進でマントルがオランダとイングランド南部の下から引き上げられたためにブリテン島の東西の地軸が傾いた。多くの時が過ぎ、ソレントの水深を深めるのと同様にサウサンプトン水道やプール港のような今日では特徴あるリアス式海岸を形成する多くの谷を刻む(現在も続く)南部で大地が沈降した。ソレント川の河口は徐々に溢れ、やがてワイト島は島のニードルズと本土のオールドハリーロックの間の白亜の分水嶺が侵食されて本土と別れることになった。7000年前に起きたと考えられている。

「ソレント」の他の例[編集]

ショート ソレントはしばしば単にソレントと呼ぶが、飛行艇の一種である。

関連項目[編集]