愛宕 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛宕
艦歴
発注: 1883年度計画
起工: 1886年7月17日
進水 1887年6月18日
就役 1889年3月2日
その後 1904年11月6日座礁沈没
除籍 1905年6月15日
性能諸元
排水量 常備:614t
全長 垂線間長:47.0m
全幅 8.20m
吃水 2.95m
機関 2軸レシプロエンジン2基、丸罐2
950馬力
燃料 石炭60t
最大速 11.0kt
兵員 104名
兵装 21cm砲1基
12cm砲1基
その他1基

愛宕(あたご)は、日本海軍砲艦摩耶型の3番艦である。艦名は京都府愛宕山にちなんで命名された。

概要[編集]

横須賀造船所1889年3月2日に竣工、1890年8月23日に第一種と定められる。船体構造は鋼骨鉄皮であった。

日清戦争では旅順大連威海衛攻略作戦等に参加。1898年3月21日、二等砲艦に類別。北清事変では1900年6月から10月にかけて活動した。

日露戦争では、旅順攻略作戦に参加。1904年10月6日、哨区に向かう途中で北隍城島南隍城島の間で座礁し沈没[1]。乗員は駆逐艦薄雲により救助された[1]1905年6月1日、喪失公表[2]

艦長[編集]

  • 沢良煥 少佐:1888年5月14日 - 1890年9月17日
  • 副島種藤 少佐:1890年9月17日 - 1891年6月11日
  • 迎敦忠 少佐:1891年6月11日 - 1891年7月23日
  • 島崎好忠 少佐:1891年7月23日 - 1892年6月3日
  • 植村永孚 少佐:1892年6月3日 - 1893年1月26日
  • 上村正之丞 少佐:1893年1月26日 - 1894年2月2日
  • 井上良智 少佐:1894年2月2日 - 1895年5月11日
  • 中溝徳太郎 少佐:1895年5月11日 - 1896年11月18日
  • 永峰光孚 少佐:1896年11月18日 - 1897年6月23日
  • 成川揆 中佐:1898年1月22日 - 1899年9月29日
  • 竹内平太郎 中佐:1899年9月29日 - 1900年9月1日
  • 和田賢助 中佐:1900年9月1日 - 12月6日
  • 小橋篤蔵 中佐:1901年2月14日 - 10月31日
  • 木村浩吉 中佐:1902年4月22日 - 11月1日
  • 石橋甫 中佐:1902年11月1日 - 1903年6月22日
  • 久保田彦七 中佐:1903年12月28日 - 1904年12月22日

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日露旅順海戦史、234ページ
  2. ^ 『官報』第6574号、明治38年6月1日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]