唐津 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese gunboat Karatsu 1942.jpg
写真は砲艦「唐津」時代のルソン
艦歴(()は「ルソン」時のデータ)
計画
起工 - (1924年
進水 - (1927年9月12日
就役 - (1928年6月)
その後 1945年2月5日爆破処分
除籍 1945年4月10日
性能諸元(()は「ルソン」時のデータ)
排水量 常備:575トン
全長 65.4m
全幅 9.52m
吃水 1.72m
機関 ソーニクロフト式重油専焼缶 2基[1]
直立三段膨脹式レシプロ蒸気機関 2基[1]、2軸推進
最大出力 3,150hp
速力 16.0ノット
航続距離
乗員 1942年8月1日 定員83名[2]
(80名)
兵装 3インチ:7.62cm(50口径)単装速射砲3基
ルイス式7.7mm(30口径)単装機銃10丁

唐津(からつ)は日本海軍砲艦。自沈したアメリカ海軍の砲艦ルソン(USS Luzon, PG-47)を接収したものである。

艦歴[編集]

ルソン[編集]

1928年6月、上海の江南造船所で米海軍砲艦「ルソン」として竣工。その後河川砲艦へ類別され、1941年に米アジア艦隊揚子江部隊の旗艦としてフィリピンへ移動。1942年5月6日、日本軍の進攻によりコレヒドール沖で自沈した。

唐津[編集]

マニラの日本海軍第103工作部が修理を担当。1942年8月1日、日本海軍籍に編入し「唐津」と命名され砲艦に類別、第3南遣艦隊付属に編入。同年10月14日に整備が完了したといわれている。兵装も日本軍のものと交換したらしいが詳細不明。沿岸部での対潜哨戒任務に従事するが、1944年3月3日にスル海東部で米潜水艦ナーワル(USS Narwhal, SS-167)の雷撃を受け船体前部を切断大破、曳航されてマニラに帰投する。10月1日に軍艦から除かれ艦艇の砲艦に類別が変更された。マニラでまだ修理中であった1945年2月5日、日本軍撤収のため爆破処分された。同年4月10日除籍。

艦長[編集]

(注)1944年10月1日以降は「砲艦長」。

  1. 若杉次一 少佐:1942年8月1日[3] - 1943年10月10日[4]
  2. 馬越正博 少佐:1943年10月10日[4] - 1944年3月3日戦死、同日付任海軍中佐[5]。以後1945年1月16日まで艦長を置かず。
  3. 眞方信男 大尉:1945年1月16日[6] - 1945年2月25日[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界の艦船 『日本海軍特務艦船史』、p. 104。
  2. ^ 海軍定員令 昭和17年8月1日付 内令第1418号改正分 「第71表ノ2 砲艦定員表 其ノ8」。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070164400 で閲覧可能。この数字は特修兵を含まない。
  3. ^ 昭和17年8月1日付 海軍辞令公報 (部内限) 第910号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072086500 で閲覧可能。
  4. ^ a b 昭和18年10月13日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1237号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072093800 で閲覧可能。
  5. ^ 昭和19年6月8日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1509号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072099500 で閲覧可能。
  6. ^ 昭和20年1月25日付 秘海軍辞令公報 甲 第1703号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072103100 で閲覧可能。
  7. ^ 昭和20年3月3日付 秘海軍辞令公報 甲 第1736号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072103600 で閲覧可能。

参考文献[編集]

  1. 雑誌「丸」編集部、写真|日本の軍艦 第9巻 軽巡Ⅱ、光人社、1990年
  2. 世界の艦船 No. 522 増刊第47集 『日本海軍特務艦船史』、海人社、1997年、ISBN 4-905551-59-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]