興津 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese minelayer Okitsu 1945.jpg
船団護衛中の「興津」 (1945年)
艦歴
発注: Cantieri Navali Riuniti社アンコーナ造船所
起工: 1925年
進水: 1927年5月22日
就役: 1927年5月22日
除籍: 1945年9月30日
性能諸元(()内のデータはイタリア海軍時代のもの)
排水量: 常備:700トン(615トン)
満載:-トン(850トン)
全長: (66.0m
62.2m(垂線間長)
全幅: 8.7m
吃水: 2.6m(2.4m)
機関: ヤーロー重油専焼水管缶2基
+三段膨張型三気筒直立レシプロ機関2軸推進
最大
出力:
1,500hp
最大
速力:
13.7kt(公試時:14ノット)
燃料: 重油:75トン
乗員: 66名
兵装: 三年式 8cm(40口径)単装高角砲1基1門
25mm(60口径)連装機銃2基+同単装機銃4基8門
爆雷36個
(レパント:
10cm(47口径)単装速射砲2基
アームストロング 7.62cm(40口径)単装高角砲1基
口径不明機関銃2丁
爆雷80個

興津(おきつ)は、日本海軍砲艦。本艦の前身はイタリア海軍のアツィオ級敷設艦(it:Classe Azio)「レパント」で、本艦はこれを接収したものである。艦名は現在の静岡県静岡市清水区の景勝地「興津」にちなむ。

艦歴[編集]

イタリア海軍敷設艦「レパント」 (1938年)
中華民国巡邏艦「咸寧」 (1956年頃)

イタリア海軍敷設艦「レパントLepanto」で、太平洋戦争戦利艦(厳密には元同盟国放棄艦艇の再利用)である。イタリアマルケ州アンコーナ県県都アンコーナのリウニーティ造船(Cantieri Navali Riuniti:CNR)で建造。第二次世界大戦でイタリアが降伏したため、1943年9月9日に上海で自沈した。

同艦を大日本帝国海軍の第一海軍工作部が引き上げて復旧整備を実施し、1944年3月1日軍艦籍に編入して「興津」と命名し、砲艦に類別した。佐世保鎮守府籍[1]。その後は上海高雄間の船団護衛などに従事した。1944年10月1日に軍艦から除かれ艦艇の砲艦に類別が変更された。

終戦時には舟山列島にあった。その後、中華民国に接収され国府海軍の「咸寧」[2]となった。1950年6月に米軍式装備とし、3インチ砲3門、40mm機関砲2門、20mm機関砲4門となった。1956年除籍。





興津艦長[編集]

(注)1944年10月1日以降は「砲艦長」。

  • 濱崎長太郎 少佐:1944年3月25日[3] - 1945年2月5日[4]
    • (臨時)杉山忠嘉 少佐:1944年10月3日[5] - 1944年11月1日[6]
  • 肱岡虎次郎 少佐:1945年2月5日[4] -

脚注[編集]

  1. ^ 昭和19年3月1日付 内令第389号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070196200 で閲覧可能。
  2. ^ 『真実の艦艇史』、p. 158。
  3. ^ 昭和19年3月25日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1391号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072096900 で閲覧可能。
  4. ^ a b 昭和20年2月10日付 秘海軍辞令公報 甲 第1718号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072103400 で閲覧可能。
  5. ^ 昭和19年10月10日付 秘海軍辞令公報 甲 第1615号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072101400 で閲覧可能。
  6. ^ 昭和19年11月14日付 秘海軍辞令公報 甲 第1643号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072101900 で閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]