蟠竜丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蟠竜丸
BanryuuMaru.jpg
蟠竜丸(1868年)
蟠竜丸
艦種 木造スクーナー型コルベット
艦歴
起工 グリーン造船所
(イギリス ブラックウォール)
就役 1856年
主な所属 江戸幕府
最後の軍役 箱館湾海戦
除籍 1888年
その後 1897年に解体
性能諸元
排水量 370t
全長 42.2m
全幅 6.4m
機関 スクーナー型3本マスト帆走
60馬力蒸気内車
最大速度 7.7ノット
乗員 定員58名
士官2名・見習士官12名・水夫44名
兵装 備砲6門
12斤滑腔砲4門・6斤施条砲2門
明治初期に大幅に改修
テンプレートを表示
朝陽丸を撃沈する蟠竜丸
(箱館湾海戦)

蟠竜丸(ばんりゅうまる)は、幕末期、江戸幕府が所有していた軍艦のひとつ。また、日本海軍初期の軍艦。もとはイギリスの王室ヨットでビクトリア女王から江戸幕府に贈呈された。木造スクーナー型蒸気船。長さ23間(約41.8m)、幅3間(約5.45m)、深さ1丈7尺(約3.23m)、排水量370トン。蟠龍蟠竜艦。後、雷電

概要[編集]

安政5年(1858年)7月4日、日英修好通商条約に調印するために来日した英国使節エルギン伯爵ジェイムズ・ブルースにより、ヴィクトリア女王の名において将軍に寄贈された。小型でスマートな快速遊覧船ながら構造が頑丈で、幕府はこの船を砲艦に改造した。

慶応4年(1868年)4月11日の江戸城無血開城にあたって新政府軍への譲渡が約束されていたが、海軍副総裁・榎本武揚が天候不良などを理由にこれを延期し、最終的には拒否。同年8月19日には松岡磐吉を艦長として開陽丸回天丸神速丸などとともに品川沖を脱出、蝦夷地に渡り、箱館戦争において旧幕府海軍の主力艦となった。

明治2年(1869年)3月25日の宮古湾海戦では、暴風雨に遭い、僚艦とはぐれたため参戦には至らなかったが、箱館湾海戦では弁天台場や座礁させて砲台となった回天丸に援護されながら、一艦で新政府軍艦隊に応戦した。同年5月11日の箱館総攻撃の際には新政府軍艦朝陽丸の火薬庫に砲撃を命中させ、朝陽丸は大爆発を起こして轟沈。旧幕府軍の士気を一気に向上させた。しかし間もなく新政府軍の集中砲火を浴び、蟠竜丸は弁天台場まで退いたが、浅瀬に乗り上げてしまったため、乗組員は船体へ放火後、七重浜へ上陸、本陣五稜郭へ撤退した。蟠竜丸の火災は帆柱を炎上させるのみで船体には殆ど引火せずそのうち帆柱が折れ、バランスを崩して横転し、火災は鎮火してしまった。

その後、イギリス人により燃え残りの船体が引き揚げられ、上海で修理される。この修理で帆柱の数が3本から2本に変わるなど船体上部がほぼ新造される大規模な改修を受けた。明治6年(1873年)に開拓使が購入し、「雷電丸」と名を改める。明治10年(1877年)、日本海軍の軍艦となって「雷電(艦)」と改名し、横須賀に配備された。明治27年(1894年)発行の大日本帝国軍艦帖によると、この時の要目は、排水量370トン、垂線間長41.472m、幅6.960m、吃水2.896mであったという。明治21年(1888年)1月28日に廃艦となり[1]高知県に無償で払い下げされて捕鯨船となる。その後さらに愛知の汽船会社に買い取られて商船となり、明治30年(1897年)、大阪の造船所で解体された。

艦長[編集]

日本海軍
  • 佐藤鎮雄 少佐:1883年3月2日 - 1884年1月21日
  • 原田元信 少佐:1884年2月8日 - 2月21日
  • 五藤国幹 少佐:1884年2月21日 -

脚注[編集]

  1. ^ 明治21年海軍省告示第1号(『官報』第1372号、明治21年1月28日)

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]