須磨 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese gunboat Suma 1942.jpg
砲艦「須磨」(1942年)
艦歴
計画 1915年2月 イギリス海軍戦時緊急計画
発注 サンダーランド社造船所
起工 1915年
進水 1915年10月9日
就役 1916年1月5日に「モス」として就役。1941年12月に喪失。
再就役 1942年7月1日に「須磨」として就役
その後 1945年3月19日触雷沈没
除籍 1945年5月10日
性能諸元
排水量 常備:645トン
満載:750トン
全長 72.4m
水線長 70.1m
全幅 10.97m
吃水 1.22m
機関 ヤーロウ重油専焼水管缶2基
+ノース・イースタン・マリーン・エンジニアリング・ワークス式直立三段膨張式レシプロ機関
2基2軸推進
最大出力 2,000hp
最大速力 14.0kt
航続距離 -/-海里
燃料 重油:54トン
乗員 竣工時:約60名
日本海軍時:84名(1945年3月)
兵装(モス) ヴィッカース Mk.VII 15.2cm(45口径)単装速射砲2基
アームストロング 7.62cm(40口径)単装速射砲1基
7.7mm(94口径)単装機銃4丁
兵装(須磨) (1942年7月1日 引渡時)
Mk.VII 15.2cm(45口径)単装速射砲1基

(1942年10月3日 改造完了時)

Mk.VII 15.2cm(45口径)単装速射砲1基
毘式 4cm(39口径)単装機関砲2基
九三式13mm単装機銃2基
九二式7.7mm単装機銃2基

(1945年3月13日 最終時)
三年式 8cm(40口径)単装高角砲1基
毘式 4cm(39口径)単装機関砲
九六式 25mm(60口径)連装機銃2基
九三式13mm単装機銃2基&同単装機銃2基
九二式7.7mm単装機銃2基

須磨 (すま)は日本海軍砲艦。元は旧イギリス海軍河用砲艦インセクト級「モス Moth」で、太平洋戦争戦利艦。艦名は神戸市の景勝地「須磨」にちなんで名づけられた。この名を持つ日本海軍の艦船としては2隻目。日本海軍が運用した河用砲艦中、最大の艦だった。艦名「須磨」は旧艦名「モス」をひっくり返した「スモ」との音の類似に基づく命名。

艦歴[編集]

1916年イギリスのサンダーランド造船会社で竣工。1942年香港攻略戦の際に、香港のネービーヤードの乾ドック内で自沈したが、海軍第二工作部が修理、1942年7月1日に日本海軍籍に編入し「須磨」と命名、砲艦に類別した。

艦長・旭龍雄少佐(海兵五三期)が着任し、支那方面艦隊第二遣支艦隊に配属されたが兵装が充分ではなかったため、旭少佐指揮のもと7月20日から上海で工事を再開した。内容は武装の強化、艦橋の大型化、兵員室及び通風筒の設置等で、これらの工事は10月3日に完了し、以後、長江流域の哨戒作戦等に参加した。1945年3月19日、安慶天申橋にて触雷し沈没。同年5月10日に除籍された。

参考文献[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)
  1. 雑誌「丸」編集部『写真|日本の軍艦 第9巻 軽巡Ⅱ』光人社、1990年。
  2. 雑誌「歴史群像」 太平洋戦史シリーズ No.45 帝国海軍 真実の艦艇史、学習研究社、2004年 ISBN 4-05-603412-5
  3. モデルアート11月号臨時増刊 艦船模型テクニック講座 Vol.7 日本海軍艦艇図面集 巡洋艦/敷設艦/砲艦、モデルアート社、1990年 雑誌コード 08734-11

関連項目[編集]