ウェーク (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多多良
艦歴
発注: 江南造船所
起工: 1927年
進水: 1927年5月28日
就役: 1927年12月28日
退役:
その後: 1941年12月8日に日本海軍により捕獲
1945年8月に再捕獲
1946年に中華民国に移管
1949年4月23日に人民解放軍に投降後、不明
除籍: 1942年3月25日
性能諸元
排水量: 常備:350トン
全長: 159 ft 5 in (48.59 m
全幅: 27 ft 1 in (8.25 m)
吃水: 5 ft 3 in (1.6 m)
機関: 三段膨張式レシプロ機関2基2軸推進
最大出力: 950hp×2
最大速力: 14.5 ノット
乗員: 士官、兵員59名
兵装: 3インチ:7.62cm(50口径)単装速射砲2基2門
ルイス式7.7mm(30口径)単装機銃8基
13ミリ連装機銃2基

ウェーク(USS Wake, PR-3)はアメリカ海軍河用砲艦。就役時の艦名はグアム(Guam, PG-43)であった。トリポリ戦争以降初めて敵に捕獲されたアメリカ海軍の艦艇である。

艦歴[編集]

アメリカ海軍時代[編集]

グアムは1927年5月28日に江南造船所英語版進水し、同年12月28日に就役。1928年には、ハルナンバー英語版が PG-43 から PR-3に変更された。グアムや後に就役したパナイ (USS Panay, PR-5) など、アメリカ海軍の河用砲艦の第一の任務は自国民の宣教師およびその他外国人の保護であり、次いで日本の動向を探る「スパイ船」「浮かぶ無電所[1]」としての役割であった。就役後一貫して所謂「揚子江パトロール」の任務に就いていたグアムだったが、1937年に日中戦争が勃発すると日本の脅威をまともに受けることとなった。1939年までには、グアムがどのような行動をとっても、日本の艦艇による「護衛」がつけられることとなった。

1941年1月、グアムは新造艦にその名を譲って、ウェークと改名された。11月25日、ウェークは漢口の海軍基地の閉鎖を命じられ、上海へ向かった。この頃、上海には支那方面艦隊古賀峯一中将)の旗艦である巡洋艦出雲が、上海に残っていたウェークおよびイギリス砲艦ペテレル (HMS Peterel) と相対するような形で停泊しており、古賀中将はさらに駆逐艦と砲艦鳥羽を呼び寄せ、外灘内の公園に海軍陸戦隊の15センチ砲を据えてウェークとペテレルを包囲する形とした[2]。10月28日には、長江を航行する船の船長などを務めていた経験のあるコロンブス・ダーウィン・スミス(Columbus Darwin Smith)少佐が艦長に任命された[3]。この時期、定員55人であったウェークの乗員は14人に減らされていた[3]

1941年12月8日、真珠湾攻撃によって日本はアメリカとの間に開戦した。その前日、スミス艦長のもとに日本の士官から「艦長と乗員のために七面鳥を渡したい」との申し出があった。この申し出には、「翌朝、艦長はどこにいるか」という問いかけもついていた。古賀中将はウェークとペテレルを無傷で拿捕する腹積もりで、事前にあらゆる工作を以って二砲艦を上海に釘付けにしていたのである[2]。8日未明、スミス艦長は真珠湾攻撃に関する情報を補給士官から受け取ってウェークに急行した。その前後に、出雲からウェークとペテレルに降伏勧告のための軍使が派遣され、出雲、蓮、鳥羽の三艦はウェークとペテレルが歯向かえば即座に撃沈できよう、あらかじめ砲の照準をウェークとペテレルに定めていた[2]。スミス艦長は圧倒的な日本軍に取り囲まれては多勢に無勢と感じ、乗員による自沈の試みも成功しなかったため、ついにウェークは白旗を掲げて降伏。朝日新聞は「(降伏)勧告文を見ただけでスミス艦長はあへなく降伏した」と伝えた[4]。ウェークは第二次世界大戦で唯一降伏したアメリカ海軍の艦船となった。他方、ペテレルは艦長が降伏を拒絶したため、出雲、蓮、鳥羽などの砲撃で呆気なく撃沈された[5]。ウェークは1942年3月25日に除籍された。スミスは捕虜収容所に収容されたが、後にほか2名とともに脱出した[6]

2011年現在、砲艦のウェーク以降に就役したアメリカ海軍の艦艇に、カサブランカ級航空母艦の一艦であるウェーク・アイランド (USS Wake Island, CVE-65) を別にすると「ウェーク」と命名された艦艇は存在しない。

多多良(多々良)[編集]

ウェークの拿捕は、12月8日午後1時の大本営発表で真珠湾攻撃の成功に続いて発表された。

ニ、帝国海軍は本八日未明上海に於て英砲艦「ペトレル」を撃沈せり、米砲艦「ウェーキ」は同時刻我に降伏せり

大本営海軍部発表 昭和16年12月8日午後1時

ウェークは1941年12月15日に日本海軍籍へ編入。「多多良[7]と命名され(姉妹艦「ツツイラ」 (USS Tutuila, PR-4) との音の類似に基づく命名)、同日に支那方面艦隊上海根拠地隊に編入された。

開戦劈頭我に降伏せる米軍艦「ウェーキ」は帝国海軍軍艦籍に編入せられ、軍艦「多多良」と命名せられたり

大本営海軍部発表 昭和16年12月15日午前9時45分、片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』242ページ

1942年1月26日に江南造船所での艦内修理改造完了。備砲は後に日本軍の8センチ砲に交換、機銃はそのまま使用されたと言われている。大戦前半は主に上海、天生などに、後半は南京安慶九江などに警泊することが多くなった。1944年10月10日、多多良は鳴海とともに第二十四砲艦隊を編成し、その旗艦となった[8]。この頃にはP-51などの襲撃を受けることも多くなっていったが、多多良と鳴海は空襲のたびに対空砲火の他に阻塞を揚げてこれに対抗した[9]。1945年1月1日から2月3日まで江南造船所で修理を行った後[9]、再び九江方面で行動。しかし、戦況悪化により砲艦隊にも被害が続出したので、全ての砲艦は上海に回航される事となった。多多良は鳴海とともに蕪湖で13ミリ連装機銃2基を陸揚げし[10]、無武装状態で上海に係留されたまま、無傷で終戦を迎えた。9月30日に日本海軍籍を除籍。

終戦後は中華民国軍が接収し、名前を「太原」と改名。国共内戦再発後に中国人民解放軍海軍に投降したが、以後の消息は定かではない。

脚注[編集]

  1. ^ 片桐, 243ページ
  2. ^ a b c 木俣, 251ページ
  3. ^ a b 『長江パトロール』、p.415
  4. ^ 昭和16年12月9日夕刊(8日発行)。本当に勧告文を見た「だけ」で降伏したかどうかは不明
  5. ^ 木俣, 252ページ
  6. ^ 『長江パトロール』、p.418
  7. ^ 片桐, 242ページ、『支那方面艦隊司令部戦時日誌』pp.13 、『戦利船利用予定表』pp.2 、『第二十四砲艦隊戦時日誌』、『現有品目録』pp.1,2 、『日本海軍特務艦船史』。「多々良」の表記は『写真 日本の軍艦9』、『現有品目録』pp.34 、木俣, 252ページ、田村, 132ページなど
  8. ^ 田村, 132ページ
  9. ^ a b 田村, 134ページ
  10. ^ 田村, 135ページ

参考文献[編集]

  • 朝日新聞:昭和16年12月9日夕刊(8日発行)
  • 支那方面艦隊司令部『自昭和十七年一月一日至昭和十七年一月三十一日 支那方面艦隊司令部戦時日誌』(昭和16年12月1日~昭和19年5月31日 支那方面艦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030035300
  • 『戦利船利用予定表』(戦利船利用予定表) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08050117800
  • 第二十四砲艦隊『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第二十四砲艦隊戦時日誌』(第24砲艦隊戦時日誌) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030201700
  • 砲艦多多良『昭和二十年八月三十一日現在 現有品目録』(現有品目録 砲艦多々良) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08010875100
  • 木俣滋郎「緒戦時の知られざる海戦」『丸・別冊 太平洋戦争証言シリーズ(8) 戦勝の日々 緒戦の陸海戦記』潮書房、1988年
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦9 軽巡II』光人社、1990年、ISBN 4-7698-0459-8
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝 全八六〇余隻の栄光と悲劇』光人社、1993年、ISBN 4-7698-0386-9
  • 世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史』海人社、1997年3月号増刊
  • 田村俊夫「元イタリア河用砲艦だった「鳴海」の生涯を徹底調査でたどる」『歴史群像太平洋戦史シリーズ51 帝国海軍 真実の艦艇史2』学習研究社、2005年、ISBN 4-05-604083-4
  • ケンプ・トリー、『長江パトロール 中国におけるアメリカ海軍』、長野洋子 訳、出版共同社、1988年、ISBN 4-87970-048-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]