中国人民解放軍海軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会
中国共産党中央軍事委員会中華人民共和国中央軍事委員会
中国人民解放軍構成
中国人民解放軍 中国人民解放軍
陸軍 陸軍 海軍 海軍空軍 空軍
第二砲兵部隊戦略ミサイル部隊(第二砲兵)

政治委員 兵種 予備役 人武部
国防大学 軍事科学院 国防科技大学


People's Armed Police cap badge 2007.png中国人民武装警察部隊

中国民兵
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
四総部
総参謀部  総政治部
総後勤部  総装備部
七大軍区・三大艦隊
瀋陽軍区 北京軍区 蘭州軍区
済南軍区 南京軍区 広州軍区
成都軍区
北海艦隊 東海艦隊 南海艦隊
階級制度
人民解放軍  武装警察
行政機関
国防部(国防省) 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法 預備役軍官法
中国人民解放軍軍官軍銜條例 中国人民解放軍政治工作条例
中国人民解放軍海軍
People's Liberation Army Navy
Naval Ensign of the People's Republic of China.svg
国防部
主要艦隊
北海艦隊
東海艦隊
南海艦隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
歴史・伝統
人民解放軍海軍の歴史
人民解放軍海軍の軍服
その他
現役艦艇一覧
歴代艦艇一覧
階級一覧
装備品一覧

中国人民解放軍海軍(ちゅうごくじんみんかいほうぐんかいぐん)は、中華人民共和国海軍組織であり、人民解放軍の海軍部門である。

「人民解放海軍」と表記されることがあるが、「人民解放 海軍」が正式な組織名称である。[1]

概要[編集]

1949年4月23日創立。2012年11月時点で、総兵力は約255,000人(そのうち40,000人が徴集兵)で、海軍航空部隊約26,000人、陸戦隊(海兵隊)約10,000人が含まれる[2]。また沿岸防衛陸上部隊(地対艦ミサイル沿岸砲運用部隊)約28,000人も含まれる[3]。ほかに多数の予備兵力を有している。

保有する主要艦艇は、2000年代初頭の頃は未だ旧式艦がほとんどであったが、その後約10年の内に急激な軍拡を行い新型の戦闘艦や潜水艦等を多数保有するようになった。2012年にはロシアの未成空母を改造し練習空母として就役させた。2012年5月時点で、2000年以降に就役した潜水艦は、弾道ミサイル原子力潜水艦が3隻、原子力攻撃潜水艦が2隻、通常動力潜水艦が33隻となっている。同様に2000年以降に就役した主な水上戦闘艦は、艦隊防空ミサイル戦闘艦が10隻、汎用戦闘艦が20隻となっている[3]

歴史[編集]

1949年、人民解放軍の中で艦艇を装備していた部隊が「解放軍海軍」として独立し、発足した。

国共内戦南シナ海での領土紛争に出動し、小規模な海戦など実戦を経験している。国共内戦では、万山群島上陸戦(1950年)や台州列島一江山島戦役en, 1954-1955年)など島嶼攻略戦で重要な役割を果たしたほか、1965年八・六海戦崇武沖海戦崇武以東海戦, zh:烏坵海戰)では中華民国海軍に勝利を収めている。

ベトナムとの海戦[編集]

1974年西沙海戦では砲艇部隊で南ベトナム海軍の大型艦を破り、1988年赤瓜礁海戦では053型フリゲートほかの優勢な戦力を投じてベトナム海軍揚陸艦を一蹴した。

第一列島線構想と太平洋進出戦略[編集]

1982年鄧小平は中国軍近代化戦略の一環として中国海軍司令員(司令官)の劉華清に戦略構想を命じ、劉は第一列島線作戦を構想する。この構想では中国海軍の近代化にともない、2000年から2010年まで九州南部から沖縄諸島、尖閣諸島台湾を含む東シナ海全域、さらにフィリピンブルネイマレーシアベトナムなど南シナ海にいたる第一列島線内部の制海権確保、2020年までに航空母艦を保有するとともに伊豆諸島小笠原諸島グアムサイパンパプアニューギニアに至る第二列島線内部の制海権を確保、2040年までにアメリカ海軍と対等な勢力を保有し、太平洋を分割統治するという目標がたてられている[4]

1992年には尖閣諸島西沙諸島南沙諸島を中国領土であると規定した領海法を施行。1997年には国防の範囲に「海洋権益の維持」を明記した中華人民共和国国防法を施行した。2009年12月には国家海洋局が中心となって尖閣諸島西沙諸島南沙諸島などの「中国領」の島嶼管理を強化する海島保護法が作成され、国家主席令として発動した[5]

台湾海峡ミサイル危機[編集]

1996年の台湾総統選挙で親日親米派の李登輝候補が優勢になると、中国軍は軍事演習と称して基隆沖海域にミサイルを撃ち込むなどの威嚇恫喝行為を行なった。人民解放軍副総参謀長の熊光楷中将は、アメリカ国防総省チャールズ・フリーマン国防次官補に「台湾問題にアメリカ軍が介入した場合には、中国はアメリカ西海岸核兵器を撃ち込む。アメリカは台北よりもロサンゼルスの方を心配するはずだ。」と述べ、アメリカ軍の介入を強く牽制した[6]アメリカ海軍はこれに対して台湾海峡太平洋艦隊の通常動力空母インデペンデンスイージス巡洋艦バンカー・ヒル」等からなる空母戦闘群(現:空母打撃群)、さらに原子力空母ニミッツ艦隊を派遣した。その後米中交渉によって中国は軍事演習を停止し、米国は部隊を撤退させた。中国軍は1996年当時、主力戦闘機はSu-27J-8J-8IIであったが、これ以降軍の近代化を加速させた。

近年の中国海軍の動向[編集]

以下、近年の中国海軍の動向およびそれに関連する出来事について概説する。

海南島事件[編集]

漢級原子力潜水艦領海侵犯事件[編集]

江凱型フリゲート航行[編集]

尖閣諸島中国漁船衝突事件[編集]

中国海軍レーダー照射事件[編集]

海軍指導者[編集]

歴代海軍司令員[編集]

歴代の中国人民解放軍海軍司令員
氏名[26] 氏名[27] 就任年月 退任年月 備考
1 蕭勁光 萧劲光 1950.01 1980.01 海軍大将
2 葉飛 叶飞 1980.01 1982.08
3 劉華清 刘华清 1982.08 1988.01
4 張連忠 张连忠 1988.01 1996.11
5 石雲生 石云生 1996.11 2003.06
6 張定発 张定发 2003.06 2006.08
7 呉勝利 吴胜利 2006.06

歴代海軍政治委員[編集]

歴代の中国人民解放軍海軍政治委員
氏名[28] 氏名[29] 就任年月 退任年月 備考
1 蘇振華 苏振华 1957.02 1967.06
* 王宏坤(第二) 王宏坤 1966.03 1977.10
2 李作鵬(第一) 李作鹏 1967.06 1971.09
3 蘇振華(第一) 苏振华 1973.03 1979.02
* 杜義徳(第二) 杜义德 1977.10 1980.01
4 葉飛(第一) 叶飞 1979.02 1980.01
5 李耀文 李耀文 1980.10 1990.06
6 魏金山 魏金山 1990.06 1994.01
7 周坤仁 周坤仁 1994.01 1995.07
8 楊懷慶 杨怀庆 1995.07 2003.06
9 胡彦林 胡彦林 2003.06 2008.12
10 劉暁江 刘晓江 2008.12

階級[編集]

海軍学員を階級としては番外と見なすと、5種19階級となる。
士官を軍官と称し、将官・校官(佐官に相当)・尉官に区分する。将官がの3階級、校官がの4階級、尉官がの3階級となり、尉官の下に士官候補生が海軍学員として位置する。
下士官を士官と称し、さらに高級・中級・初級と区分する。海軍一級軍士長から三級までが高級士官、海軍四級軍士長と海軍上士が中級士官、海軍中士海軍下士が初級士官である。は、海軍上等兵海軍列兵の2階級である。

教育機関[編集]

中国海軍の教育機関として、南京南京海軍指揮学院大連大連艦艇学院広州海軍兵種指揮学院 (広州艦艇学院から2003年に改名)、青島青島潜艇学院がある。

主要部隊[編集]

海軍は、北海、東海、南海の3個艦隊司令部から成る。

北海艦隊[編集]

東海艦隊[編集]

南海艦隊[編集]

海軍航空隊[編集]

海軍航空隊は、7個海航師(海軍航空師団)、7個独立飛行団から成り、各種軍用機620機を保有する。

海軍陸戦隊[編集]

整列した海軍の兵士

海軍陸戦隊[30]は、海兵隊(海軍歩兵隊)に相当する組織である。国共内戦中の1950年海南島から国民党を駆逐した部隊を母体として1953年に創設された。1955年には旧国民党軍の手にあった一江山島を奪い名声を博した。しかし、中共軍が台湾を攻撃する全ての計画を放棄したために、1957年に一度は解体された。陸戦隊の解体後も、人民解放軍海軍は小規模な海軍歩兵隊を保持しつづけたが、これには少数の水陸両用戦車部隊が含まれていた。1979年、中国共産党中央軍事委員会は陸戦隊の再編を決定し、海南島南海艦隊に第1海兵旅団が編成された。1995年6月には女子の入隊も認められた。

現在の海軍陸戦隊は、2個の海兵旅団によって構成されている。各々の海兵旅団は1,2000名の兵員を有する諸兵科連合部隊であり、精鋭部隊と見なされている。概ね軽装備であり、63式水陸両用戦車[31]などを有するが、新型の95式自動歩槍、中国版EFVであるZBD-2000[32]など、装備の更新が近年進んでいる[33]。有事には、動員によって総兵力28000名に増強されると伝えられている。

また、中国軍事ブログの新浪軍事によれば一日の訓練時間が12時間に達し[34]、身体能力面の訓練では世界最高レベルで兵隊は「猛虎精神」を持つとしている[35]

艦艇[編集]

潜水艦[編集]

039型潜水艦
輸送中のキロ級潜水艦

人民解放軍海軍(以下、中国海軍と表す。)は潜水艦の戦闘能力の近代化を重要視していて、近隣の他のどの国よりも多くの潜水艦を近年急激に建造し配備してきた。アメリカ海軍艦種類型法に則れば、現在人民解放軍海軍が戦力化している潜水艦は、大きく4種類に類型することができる。SSBN原子力推進弾道ミサイル潜水艦)、SSN原子力推進攻撃潜水艦)、SS通常動力推進攻撃潜水艦)、SSP非大気依存推進攻撃潜水艦)である。推進方式では原子力推進と通常動力推進(ディーゼル・エレクトリック推進のこと)と非大気依存推進の3種類である。任務内容では、潜水艦発射式弾道ミサイルの発射を任務とする弾道ミサイル発射型と、対艦(潜水艦、水上艦、商船)攻撃を主任務とする攻撃型の2種類である。前記の4類型別に、中国海軍の現状の配備状況を以下に記述する。

原子力推進弾道ミサイル潜水艦[編集]

原子力推進弾道ミサイル潜水艦(SSBN)は海上核抑止を主任務とする。中国海軍の最新式のSSBNは晋級094型)である。2012年末時点で、3隻が運用中である。後継計画艦096型の配備が開始されるまでの今後10年程の間に、晋級は5隻以上就役するであろうとアメリカ国防総省の『中国の軍事力に関する年次報告書2013年版』で分析されている[36]

晋級の静粛性については、アメリカ海軍情報局の調査報告書『中国の特色ある現代的海軍』の挿入図を見ると、これまで中国が配備したどの原子力潜水艦よりも静粛性が有るが、ロシア海軍ビクターⅢ級デルタⅢ級と比べると劣っていることを示唆している[37]

晋級の水中速力については、ジェーン海軍年鑑にも記述は無い。晋級とSSNの商級(093型)は、ビクターⅢ級の船体技術の知識を導入し建造されたと推定されている[38]。言わば同根の兄弟艦であり、お互いの動力機関は似通ったものを使用していると推察される。晋級は船体の長さが約30%大きいので、商級の水中速力30ノットには及ばないものの、前級の夏級の水中速力22ノットは上回っていることが想像される。

晋級の潜航深度については、前述のようにビクター級の船体構造との関連性から、ビクター級の潜航深度350mに匹敵するか少なくとも夏級の300mを上回ると推察される。

晋級のソナー性能については、近年の西側諸国の潜水艦ではポピュラーに見受けられる、側面アレイパッシブソナーと曳航アレイパッシブソナーを装備している[38]。このソナーは前級の夏級(092型)には無かったものである。新たに備えられたソナーにより、低周波音を探知する能力が向上し、より遠距離の目標捜索が可能となり、パッシブモード下の目標位置の精度も上がったものと推察される。

晋級の武装については、潜水艦発射式弾道ミサイルJL-2を12発、魚雷発射管6基を搭載する。JL-2は現在開発の中途であり、開発は難航している模様で、まだ実用化されていない。JL-2は計画では射程が7,400kmとなっている[38]。この射程が意味することは、仮に南シナ海でこのミサイルを発射すると、アラスカ州やハワイ諸島は射程に入らないが、日本全土及びグアム島及びオーストラリア大陸全部が射程に入る事である。中国が晋級で獲得するのは、アメリカに対する完全な核抑止ではなく、同盟国向けの不完全な核抑止である。現状では、弾道ミサイル本体が実装されていない玉無しのドンガラ状態の潜水艦であるが、将来この弾道ミサイルが完成した場合には厄介と為り得る。

加えて、最近海南島の亜龍湾には、原子力潜水艦の基地が建設された。そこには、山体をくり貫いて潜水艦を係留できるほど大規模な地下施設が造られ、潜水艦は隠密に潜航したまま入出港が可能となっている[39]。原子力潜水艦は長期潜航能力があるので、この地下施設を使えば一度も浮上することなく隠密に作戦を行うことが原理的には可能となる。

原子力推進攻撃潜水艦[編集]

原子力推進攻撃潜水艦(SSN)は、対潜水艦、対水上艦、対民間船等を攻撃することを主任務とする潜水艦である。また中国SSBNが将来に戦略哨戒を行った場合はその護衛も任務の一つになる事も予想される。中国海軍の最新式SSNは商級093型)である。2012年末時点で、2隻が運用中である。しかし商級は海軍当局とって成功作では無かったようで建造中の2隻をもって生産終了と観られている。後継艦は095型としてすでに建造に着手している模様で、現在4隻が建造中であり漢級と更新するであろうと分析されている[36]

商級の静粛性については、前述のアメリカ海軍情報局の調査報告書[37]の挿入図を見ると、SSBN晋級より劣りSSN漢級(091型)よりは優れていることを示している。中国が建造した原子力潜水艦中で2番目に静かな潜水艦となっている。

商級の水中速力については、ジェーン海軍年鑑では水中速力30ノットとされている。水中速力向上により西側及びロシアの原子力潜水艦の性能に近づいてきているが、まだ劣っている模様である。

潜航深度は、同じくロシアのヴィクター級の構造技術を導入した晋級とほぼ同等の300m以上350m未満と推定される。

ソーナー能力も、晋級と同様に側面アレイパッシブソナー及び曳航アレイパッシブソナーを装備し、低周波音を探知する能力が向上し、パッシブモード下の遠距離捜索能力が向上しているものと推察される[38]

商級の武装については、亜音速マッハ0.9で射程約40kmの対艦ミサイルYJ-82を魚雷発射管から発射可能である。また魚雷については、アメリカ海軍のMk48魚雷をリバースエンジニアリングして生産されたと推定されている、雷速65ノット、射程約45kmのパッシブ/アクティブ音響ホーミング+ウェーキホーミング有線誘導式のYu-6魚雷の発射が可能である[38]

通常動力推進攻撃潜水艦[編集]

通常動力推進攻撃潜水艦(SS)は、推進動力がディーゼル・エレクトリック推進という点を除き、SSNと同様の対艦攻撃を主任務とする。中国海軍は、ディーゼル・エレクトリック推進の攻撃潜水艦の充実を、潜水艦戦力近代化の支綱と考えている[36]。比較的に近代的とされている中国海軍のSSは、キロ型877EKM/636/636M型)12隻及び宋級039/039G型)13隻である[36]

静粛性については、アメリカ海軍情報局の調査報告書[37]の挿入図には、キロ型及び宋級の静粛性のレベルが評価されている。まずキロ型であるが、877EKMの前期型と636/Mの後期型では評価が異なっている。前期型は静粛性が大きく劣っていて明級(035型)と同等の静粛性と評価されている。それに比べ後期型では大きく改善され中国及びロシアで建造されたディーゼル・エレクトリック推進の潜水艦で最も静粛性が有ると評価されている。

次に宋級については、静粛性のある後期のキロ型と静粛性の劣る明級の丁度中間あたりに位置し、静粛性がそれほどあまり無いと評価されている。

水中速力については、ジェーン海軍年鑑では、キロ型が17ノット、宋級が22ノットと推測されている。この数値は、西側の通常動力潜水艦とほぼ同等である。

ソナーについては、キロ型・宋級ともに艦首と側面にアレイパッシブソナーを装備する一方で曳航式アレイソナーは装備してない模様である[38]。パッシブモード下の遠距離捜索能力が幾らか向上しているかもしれない。

キロ型の武装については、キロ改良後期型(636M型)のみクラブSミサイルが魚雷発射管から発射可能である。SIPRIの調査によると、2005年から2009年にかけてロシアから中国にクラブSミサイルの対艦型3M-54E(SS-N-27B)が150発輸出されたとしている。この150発のうち、どれくらいかは不明だが対地攻撃型の3M-14E(SS-N-30B)が含まれている可能性が有るとしている。3M-54Eは対艦終末超音速型の対艦ミサイルで、射程は約220kmである。攻撃目標から約20kmに接近するまではターボジェットで亜音速飛行する。攻撃目標から約20㎞に接近するとターボジェットの後段を捨て前段部の固体ロケットで超音速に加速され目標に突入する[40]。魚雷は、国産のものが使用できず、ロシア製TEST-71(20km/24~40ノット)や53-65(12km/68.5ノットまたは22km/44ノット)を搭載する[38]

宋級の武装については、対艦ミサイルYJ-82が魚雷発射管から発射可能である。魚雷は、商級と同様にYu-6魚雷が発射可能である[38]

非大気依存推進攻撃潜水艦[編集]

非大気依存推進攻撃潜水艦(SSP)は、ディーゼル・エレクトリック機関に加え、大気から隔離された海中という環境下でも独立して電力又は動力を生み出すことができる非大気依存推進機関(AIP機関)を備える。そこで発生させた電力又は動力で推進を行う。比較的にゆっくりと長時間パワーを生み出すことが可能なのでSSより長期間潜航が可能である。中国海軍は、SSPとして国産の元級041型)を12隻運用中である。元級は最終的に20隻建造すると推量されている[36]

元級の静粛性については、アメリカ海軍情報局の調査報告書[37]の挿入図には、キロ改良型と宋級の中間に位置する静粛性と評価されている。宋級の静粛性のレベルから向上していることが推察される。

元級の水中速力、ソナー関係、武装等は、宋級に準じているものと考えられる[38]

AIP機関の方式、それを使用してどれくらい潜航時間が延長されたかは不明である。またAIPを独力で開発したのか、第三国から技術導入を行ったのか明らかになっていない。パキスタン海軍アゴスタ90B型潜水艦ハムザのMESMA機関(閉サイクル蒸気タービン機関)から技術流出したとの疑惑があるが真偽の程は不明である。

航空母艦[編集]

中国に売却された空母ヴァリャーグ(現:遼寧

中国海軍は艦艇部隊に航空援護を提供するための戦闘用航空機部隊を有している。艦艇部隊の外洋志向に呼応して、航空部隊はその覆域を広げる努力を続けており、空中給油による航続距離の延伸のほか、空母の導入も模索していると伝えられている。

空母の技術を研究するため、中国はオーストラリアメルボルン)、ウクライナヴァリャーグ)、ロシアキエフミンスク)の、中古ないし建造途中の航空母艦を計4隻購入した。このうち、75%まで完成した状態でウクライナより購入したヴァリャーグについては、建造中止から15年以上経過した本艦が再就役可能かについては種々の意見があったが[41][42][43]、大連において建造・整備が行われた。2009年の5月に機関部の修復は完了し[44]、2012年9月に遼寧として就役した。

2008年時点では2015年までに5~6万t級通常推進型空母2隻、2020年までに6~7万t級原子力空母2隻を完成させることを目指している[45]

艦載機[編集]

J-15とJ-11B

空母遼寧の艦載機にはロシアのSu-33を参考にJ-11Bを基に国産開発したJ-15[46]が予定されている。開発生産はそれまでもJ-11系列に携わった瀋陽飛機工業集団

J-11B(複座型はJ-11BS)は、ロシアのJ-11[47](純粋な制空戦闘機であり、精密誘導兵器の運用能力を持たず対地攻撃能力は限定的であった)を中国が独自にJ-11A(国産部品・装備の比率を高めた)を経て改良したマルチロールファイター(多用途戦闘機)である。

J-15はJ-11Bを受け継ぎ、精密誘導兵器の運用能力を持ち、空対艦ミサイルの搭載運用を可能(600~700kgクラスの対艦ミサイルなら4発搭載可能)にしている。

主任務として艦隊防空(敵戦闘機や敵攻撃機や対艦ミサイルなどの経空脅威の排除)・制空の他、補助任務として対艦・対地攻撃を行う。Su-30MK2とJ-11BH(J-11Bの海軍型)とJ-11BSH(J-11BSの海軍型)とJ-15とJ-16(Su-30MK2の国産版)の導入により中国人民解放軍海軍はそれまで戦闘機攻撃機で別々に行なっていた任務を一つの機体(Su-27系列)に一本化することが可能になった。また機首左の収納式プローブを用いた空中受油能力を持ち、戦闘行動半径や滞空時間を延長することができる。空中給油機にはロシアからIl-78を8機購入予定であったが交渉は難航しており、他の機体購入か国産開発の可能性もありうる。

2012年11月23日、空母遼寧で行われた訓練で、J-15が初めて飛行甲板への着艦に成功した。

水上戦闘艦(駆逐艦・フリゲート)[編集]

052B型駆逐艦
052C型駆逐艦

中国海軍の洋上兵力は、1950年代に旧ソ連より供与された4隻の7型駆逐艦グネフヌイ級駆逐艦、中国名は鞍山級駆逐艦)およびノックダウン生産した4隻のリガ級フリゲート(中国名は済南型フリゲート)をその端緒とする。その後、中国海軍は戦闘艦の国産化を進め、旧ソ連のコトリン型駆逐艦をベースとした旅大型駆逐艦駆逐艦として開発・配備した。また、沿岸哨戒戦力としてのフリゲートとしては、リガ級の小改正型を建造したのに続いて、大規模な改設計を施した江滬型フリゲートの大量配備に入った。

個艦防空能力

旅大型駆逐艦、江滬型フリゲートのいずれもが対艦ミサイルを主兵装としており、対艦攻撃能力は決して無視できないものではあったが、艦対空ミサイルを持たず、高射砲は旧式であったため、防空能力は貧弱であった。その後、アメリカのスパローを参考に国産開発した艦対空ミサイルであるHQ-61(紅旗61)を搭載した江東型フリゲートの開発も試みられたが、これは1隻しか建造されなかった。また、これらはいずれも戦闘情報センターを持たず、戦術情報処理装置によるシステム化も行われないなど、特にC4I能力には重大な問題があった。中国の経済発展と西側との関係改善を背景に1980年代中盤には、戦術情報処理装置や個艦防空ミサイルについてフランスからクロタルミサイルなど技術が導入された。これを基に中国版のHQ-7(紅旗7)などの開発が進められた。これらの新装備は、1980年代後半より旅大型駆逐艦への搭載が開始され、1990年代初頭には、初の汎用フリゲートとして江衛型フリゲートの整備が開始され、中国海軍は個艦防空(ポイント・ディフェンス)能力を得た。

艦隊防空能力

また、懸案であった艦隊防空(フリート・エリア・ディフェンス)能力の欠如への対策として、1996年よりロシアで工事中断中だった2隻のソヴレメンヌイ級駆逐艦(現代級駆逐艦/956E型駆逐艦)を購入し、さらに2001年には2隻の改ソヴレメンヌイ級駆逐艦(956EM型駆逐艦)を追加発注した。これと並行して、956E型と956EM型にほぼ匹敵するいわば中国版ソブレメンヌイ級ともいえる国産の防空艦として052B型駆逐艦が開発され、2004年より2隻が就役している。

956E型が搭載する9M38 シュチーリ(SA-N-7 ガドフライ)は、艦隊防空ミサイルではあるものの、本国ロシアにおいてはS-300F フォールト(SA-N-6 グランブル)を補完するために開発されたもので、中国海軍は長年の念願であった艦隊防空能力を得たものの、その能力は限定的であった。956EM型と052B型は9M38の改良型の9M38M2 シュチーリ-1(SA-N-12 グリズリー)を搭載している。9M38からの主な改良点は、射程の延伸と同時多目標対処能力の付加である。

中国版イージス艦[編集]

このため、これらと組み合わせて運用するための長射程艦対空ミサイル・システム搭載艦として、S-300PS(SA-10 グランブル)をベースとした国産の艦対空ミサイルであるHHQ-9A(海紅旗9A)を搭載した052C型駆逐艦(中国版イージス艦と呼ばれる)が4隻(2013年)、そしてロシア製のS-300FM リフ-M(SA-N-20 ガーゴイル)を搭載した051C型駆逐艦が2隻建造された。これらの艦は、長射程の艦対空ミサイルを搭載するとともに同時多目標処理が可能であると伝えられ、ある程度の艦隊防空能力を有するものと推定されている。レーダー性能など、その防空能力には疑問を呈する意見もあるが052C型が予期されていた通りの性能を発揮できるのであれば、人民解放軍海軍は西側諸国の戦闘艦に追いつくレベルの同時多目標処理能力を持った艦隊防空艦を手に入れたことになる。

米海軍からの技術盗用

052C型はいくつかのセンサーを除いて、元パワー・パラゴン社技術主任のチー・マック(麦大智)ら中国系米国人4人が20年間に渡り米海軍から盗み出したイージスシステム技術情報に基づいて開発されたとされる。(米国にて公判中)。

次世代フリゲート[編集]

2005年からは次世代フリゲートとして、054型フリゲート(江凱型)を就役させている。054型フリゲートは設計面においてフランスのラファイエット級フリゲートの影響が指摘されている。また、054型をベースに、9M38M2 シュチーリ-1(SA-N-12 グリズリー) を基に国産開発したHQ-16(紅旗16)VLS方式で搭載し、艦隊防空能力を付加した054A型フリゲートが2008年から就役している。これらは、ロシアとフランスの兵器システムをもとに、中国海軍独自の運用要求を加味して改正したものを搭載している。

揚陸艦[編集]

中国人民解放軍は対米国防と並び、台湾武力併合ができる実力を備えることも目標としている。そのため、揚陸艦は他の艦種に比べ急激に建造が進んでいる。2012年末時点の揚陸能力は戦車600両強と兵員1万7千強(+客船徴用7000-15000人程度フォークランド紛争では客船徴用約7000人)である。まだアメリカ軍戦車900両 兵員4万人)の能力には遠く及ばないが、ロシア軍(旧ソ連軍)を抜いて世界2位の規模に達している。

また2007年に中国が就役させたドック型揚陸艦は、これまでのビーチング式揚陸艦と一線を画すものである。ビーチング式揚陸艦が揚陸可能な海岸線は、一説によると世界の海岸線の15%程度なのに対し、ドック型揚陸艦で運用されるエアクッション揚陸艇は世界の海岸線の70%で揚陸が可能としている。ドック型揚陸艦は、ビーチングを考慮した艦首形状や喫水とせずに、船体の大型化や速力の出せるデザインが可能であり、航続距離と速力を向上させることができる。また後部デッキのヘリパッドを使い、ヘリコプターを用いた作戦も可能である。また敵の砲撃の届かない海岸線から遠く離れた水平線距離外に停泊して、水陸両用車両やエアクッション艇を発出させて作戦を行うので、生残存性のうえでも利点のある揚陸方法である。ビーチング式揚陸艦と比べ柔軟性のある運用ができる艦である。このように戦力投射能力が急激に拡大していて、中国の対台湾作戦以上の水陸両用作戦能力を獲得する意図が見え隠れしている。

  • 071型揚陸艦(戦車20両 兵員800人)x2隻(戦車40両 兵員1600人)[48]
  • 玉庭型揚陸艦(戦車10両 兵員250人)x19隻(戦車190両 兵員4750人)
  • 玉康型揚陸艦(戦車10両 兵員200人)x7隻(戦車70両 兵員1400人)
  • 運輸型揚陸艦(戦車6両)x10隻(戦車60両)
  • 玉登型揚陸艦(戦車6両 兵員180名)x1隻(戦車6両 兵員180人) 
  • 玉北型揚陸艦(戦車10両または兵員150人)x10隻(戦車100両または兵員1500人)  
  • 玉海型揚陸艦(戦車2両 兵員250人)x10隻(戦車20両 兵員2500人)
  • 玉連型揚陸艦(戦車5両 兵員250人)x28隻(戦車140両 兵員7000人)
  • 正規揚陸艦隊揚陸能力 戦車626両+兵員17430人

(上記の計算を行うにあたり、揚陸艦の就役数と搭載能力はミリタリーバランス2013年版のデータを参照した。)

現役艦艇一覧[編集]

2013年5月現在の現役艦隊一覧[3]。括弧内最初の数字は艦番号を、2番目の西暦は就役年を表す。既に退役した艦艇については「中華人民共和国海軍艦艇一覧」を参照。

潜水艦[編集]

原子力弾道ミサイル潜水艦(SSBN)
長征11号(411、2007年3月)、長征12号(412、2010年)、長征13号(413、2012年)、長征??号(??? - 2013年就役予定)
長征6号(406、1987年)
原子力攻撃潜水艦(SSN)
長征7号(407、2006年12月)、長征8号(408、2007年6月)、長征?号(???、2014年就役予定)
長征3号(403、1984年9月)、長征4号(404、1988年11月)、長征5号(405、1990年12月)
ミサイル哨戒潜水艦(SSG)[49]
遠征30号(330、2006年)、遠征31号・32号(331・332、2009年)、遠征33号(333、2010年)、遠征34号・35号・37号(334・335・337、2011年)、遠征36号・38号~41号(336・338~341、2012年)
遠征20号(320、1999年6月)、遠征21号(321、2001年4月)、遠征22号(322、2001年12月)、遠征23号(323、2003年11月)、遠征24号(324、2003年12月)、遠征25号(325、2004年)、遠征14号(314、2004年)、遠征15号(315、2004年)、遠征16号(316、2005年)、遠征26号(326、2005年)、遠征28号(328、2005年)、遠征27号(327、2006年)、遠征29号(329、2006年)
遠征68号(368、2004年12月)、遠征69号(369、2005年5月)、遠征73号(373、2005年10月)、遠征70号・71号(370・371、2005年)、遠征72号(372、2006年5月)、遠征74号・75号(374・375、2006年)
哨戒潜水艦(SS)
遠征66号(366、1998年1月)、遠征67号(367、1999年1月)
遠征64号(364、1994年12月)、遠征65号(365、1995年9月)
遠征5号~8号(305~308)、遠征10号~13号(310~313)、遠征56号~63号(356~363)
補助潜水艦(ミサイル試験用)(SSA)
?号(???、2011年)
長城200号(200、1966年9月進水)
救難潜水艇
  • LR-7×1隻
  • DSRV×2隻

航空母艦[編集]

航空母艦(CVM)[49]
遼寧(16 Liao-Ning、2012年9月25日就役)

駆逐艦[編集]

ヘリコプター搭載(着艦スペースのみも含む)ミサイル駆逐艦(DDGHM)[49]
昆明(172 Kun-Ming、2014年3月)、長沙(173 Chang-Sa、2015年就役予定)
瀋陽(115 Shen-Yang、2006年10月)、石家荘(116 Shi-Jia-Zhuang、2007年3月)
*瀋陽級は、ヘリコプター着艦スペースのみ持ち搭載機は無し
蘭州(170 Lan-Zhou、2004年)、海口(171 Hai-Kou、2005年)、長春(150 Chang-Chun、2013年1月)、鄭州(151 Zheng-Zhou、2013年12月)、済南(152 Ji-Nan、2014年就役予定)、西安(153 Xi-An、2014年就役予定)
広州(168 Guang-Zhou、2004年)、武漢(169 Wu-han、2004年)
956型:杭州(136 Hang-Zhou、1999年)、福州(137 Fu-Zhou、2001年)
956EM型:泰州(138 Tai-Zhou、2005年)、寧波(139 Ning-Bo、2006年)
深圳(167 Shen-Zhen、1999年)
哈爾浜(112 Ha-r-Bin、1994年)、青島(113 Qing-Dao、1996年)
ミサイル駆逐艦(DDGM)[49]
開封(109 Kai-Feng)、大連(110 Da-Lian)、湛江(165 Zhan-Jiang)、珠海(166 Zhu-Hai)
ミサイル駆逐艦(DDG)[49]
重慶(133 Chong-Qing)、遵義(134 Zun-Yi)、南昌(163 Nan-Chang)、桂林(164 Gui-Lin)

フリゲート[編集]

ヘリコプター搭載ミサイルフリゲート(FFGHM)[49]
舟山(529 Zhou-Shan、2008年1月)、徐州(530 Xu-Zhou、2008年1月)、衡陽(568 Heng-Yang、2008年6月)、黄山(570 Huang-Shan、2008年5月)、益陽(548 Yi-Yang、2010年10月)、玉林(569 Yu-Lin、2010年2月)、運城(571 Yun-Cheng、2010年1月)、煙台(538 Yan-Tai、2011年6月)、常州(549 Chang-Zhou、2011年5月)、塩城(546 Yan-Cheng、2012年6月)、臨沂(547 Lin-Yi、2012年12月)、維坊(550 Wei-Fang、2013年6月)、衡水(572 Heng-Shui、2012年7月)、柳州(573 Liu-Zhou、2012年12月)、三亜(574 San-Ya、2013年12月)、岳陽(575 Yue-Yang、2013年5月)
馬鞍山(525 Ma-An-Shan、2005年2月)、温州(526 Wen-Zhou、2006年9月)
嘉興(521 Jia-Xin、1998年11月)、連雲港(522 Lian-Yung-Ang、1999年2月)、蒲田(523 Pu-Tian、1999年10月)、三明(524 San-Ming、1999年11月)、宜昌(564 Yi-Chang、1999年12月)、葫芦島(565 Hu-Lu-Dao、2000年7月)、懐化(566 Huai-Hua、2002年3月)、襄樊(567 Xiang-Fan、2002年9月)、洛陽(527 Luo-Yang、2005年1月)、綿陽(528 Mian-Yang、2004年10月)
安慶(539 An-Qing、1991年12月)、淮南(540 Huai-Nan、1992年7月)、淮北(541 Huai-Bei、1993年8月)、銅陵(542 Tong-Ling、1994年4月)
ミサイルフリゲート(FFG)[49]
自貢(558 Zi-Gong)、北海(559 Bei-Hai)、東莞(560 Dong-Guan)、汕頭(561 Shan-Tou)、江門(562 Jiang-Men)、仏山(563 Fo-Shan)
滄州(537 Cang-Zhou)
台州(533 Tai-Zhou)、金華(534 Jin-Hua)、丹東(543 Dan-Dong)、臨汾(545 Lin-Fen)、韶関(553 Shao-Guan)、昭通(555 Zhao-Tong)
長治(519 Chang-Zhi)
火力支援フリゲート
九江(516 Jiu-Jiang)

コルベット[編集]

ミサイルコルベット(FSGM)[49]
大同(580 Da-Tong、2013年5月)、営口(581 Ying-Kou、2013年8月)、蚌埠(582 Beng-Bu、2013年1月)、上饒(583 Shang-Rao、2013年6月)、梅州(584 Mei-Zhou、2013年7月)、百色(585 Bai-Se、2013年10月)、吉安(586 Ji-An、2014年1月)、掲陽(587 Jie-Yang、2014年1月)、威海(590 Wei-Hai、2014年3月)、恵州(596 Hui-Zhou、2013年7月)、欽州(597 Qin-Zhou、2013年7月)

哨戒艦艇[編集]

高速ミサイル戦闘艇(PGF)[49]
2101-2108、2208-2219、2308-2331、????-????
ミサイル戦闘艇(PG)[49]
  • 037/2型、紅箭(Hou-Jian)型×6隻
陽江(770 Yang-Jiang、1991年)、順徳(771 Shun-De、1995年)、南海(772 Nan-Hai、1995年)、番寓(773 Pan-Yu、1995年)、連江(774 Lian-Jiang、1999年)、新会(775 Xin-Hui、1999年)
  • 037/1G型、紅星(Hou-Xin)型 ×20隻
651-656、751-760、764-767
駆潜艇(PC)
  • 037/1S型、海青(Hai-Qing)型 ×22隻
611-614、631-635、710-713、743-744、761-763、786-789
  • 037/1型、海久(Hai-Jiu)型×2隻
688、693
  • 037型、海南(Hai-Nan)型 ×45隻
621-622、624-630、643、649-650、674、677、680-687、689、692、695-697、699-700、705-709、721-723、727-729、731-732、740-742
哨戒艇(PC)
  • 062/1型、海鳩(Hai-Zhui)型/上海(Shang-Hai)3型 ×60隻
1101-1112、1201-1208、1231-1245、1271-1282、1301-1313
哨戒ボート(PB)
  • 026H型×4隻
7358-7361

機雷戦艦艇[編集]

航洋掃海艇(MSO)
  • 6610型、T-43型 ×15隻(22隻予備役)
808-809、811-813、830-838、850
掃討掃海艇(MCMV)
  • 081型、渦池(Wo-Chi)型 ×9隻[64][65]
張家港(805 Zhang-Jian-Gang)、靖江(810 Jing-Jiang)、瀏陽(839 Liu-Yang)、潞西(840 Lu-Xi)、孝義(841 Xiao-Yi)、842、843、鶴山(844 He-Shan、2013年10月)、青州(845 Qing-Zhou、2014年1月)
  • 082-I型、渦蔵(Wo-Zang)型 ×2隻
霍邱(804 Huo-Qiu、2005年)、崑山(818 Kun-Shan、2012年)
沿岸掃海艇(MSC)
  • 082型、渦掃(Wo-Sao)型 ×16隻
800-803、806-807、816-817、820-827
  • 改062型、撫順(Fu-Shun)型/改上海(Shang-Hai)2型 ×20隻以下
無人掃海艇(MSD)
  • 529型 ×6隻
8041、8042、8043、8181、8182、8183
機雷敷設・掃海艇母艦(ML/MST)
  • 918型、渦雷(Wo-Lei)型 ×1隻
遼陽(814 Liao-Yang)
  • その他にトロール船、動力付ジャンクなどを改修した多くのタイプの補助掃海艇がおよそ50隻就役中。

両用戦艦艇[編集]

ドック型輸送揚陸艦(LPD)
崑崙山(998 Kun-Lun-Shan、2008年)、井崗山(999 Qi-Lian-Shan、2011年)、長白山(989 Chang-Bai-Shan、2012年)
戦車揚陸艦(LST)
八仙山(913 Ba-Xian-Shan、2003年)、天柱山(911 Tian-Zhu-Shan、2004年)、華頂山(992 Hua-Ding-Shan、2004年)、艦名不明(918、2004年)、羅霄山(993 Luo-Xiao-Shan、2004年)、大青山(912 Da-Qing-Shan、2004年)、戴雲山(994 Dai-Yun-Syan、2004年)、万羊山(995 Wan-Yang-Shan、2004年)、老鉄山(996 Lao-Tie-Shan、2004年)、雲霧山(997 Yun-Wa-Shan、2004年)
峨眉山(991 Emei-Shan、1992年)、丹霞山(934 Dan-Xia-Shan、1995年)、雪峰山(935 Xue-Feng-Shan、1995年)、海洋山(936 Hai-Yang-Shan、1996年)、青城山(937 Qing-Cheng-Shan、1996年)、雁蕩山(908 Yan-Dan-Shang、1997年)、九華山(909 Jiu-Hua-Shan、2000年)、黄崗山(910 Huang-Gang-Shan、2001年)、普陀山(939 Pu-Tuo-Shan、2001年)、天台山(940 Tian-Tai-Shan、2002年)
雲台山(927 Yun-Tai-Shan)、五峰山(928 Wu-Feng-Shan)、紫金山(929 Zi-Jin-Shan)、霊岩山(930 Ling-Yan-Shan)、洞庭山(931 Dong-Ting-Shan)、賀蘭山(932 He-Lan-Shan)、六盤山(933 Liu-Pan-Shan)
中型揚陸艦(LSM)
  • 073A型、運輸型(Yun-Shu) ×10隻
嵊山(941 Sheng-Shan、2004年)、魯山(942 Lu-Shan、2004年)、玉山(943 Yu-Shan、2004年)、蒙山(944 Meng-Shan、2004年)、華山(945 Hua-Shan、2004年)、嵩山(946 Song-Shan、2004年)、廬山(947 Lu-shan、2004年)、雪山(948 Xue-Shan、2004年)、衝山(949 Heng-Shan、2004年)、泰山(950 Tai-Shan、2004年)
  • 073型、玉登型(Yu-Deng) ×1隻
武当山(990 Wu-Dang-Shan、1994年)
3111-3113、3115-3117、3229、3231、3244、7593-7595
973-975、977、979-980、986
汎用揚陸艇(LCU)
  • 074A型、玉北型(Yu-Bei) ×10隻
3128、3315、 3232、 3129、3316、3317、3318、3233 - 2004年
3234、3235 - 2005年
  • 067型、玉南型(Yun-Nan) ×120隻
  • 271型 ×25隻
機動揚陸艇(LCM)
  • 068/069型、玉青型(Yu-Chin) ×20隻
ミサイルエアクッション揚陸艇(ACVM)
3325-2013年
エアクッション揚陸艇(LCAC)
3320
汎用エアクッション揚陸艇(UCAC)
  • 722-2型、鯨沙2型(Jing-Sha)×10隻
452、???-???

兵員輸送艦[編集]

兵員輸送艦(AP)
830、831、834、835

艦隊洋上補給艦[編集]

補給艦(AOR)
千島湖(886 Qian-Dao-Hu、2004年)、微山湖(887 Wei-Shan-Hu、2004年)、太湖(889 Tai-Hu、2013年6月)、巣湖(890 Chao-Hu、2013年9月)
  • 南運(Nan-Yun)型×1隻
青海湖(885 Qing-Hai-Hu、1996年)
  • 福清(Fu-Qing)型×2隻
洪沢湖(881 Hong-Ze-Hu)、番陽湖(882 Po-Yang-Hu)

輸送艦艇[編集]

貨物輸送艦(AK)
  • 904型、大運(Da-Yun)型×2隻
883、884
  • 073型、煙台(Yan-Tai)型 ×4隻
東運745、東運757、東運801、南運938
  • 紅旗(Hong-Qi)型 ×6隻
北運443、東運755、東運756、東運771、南運832、南運836
貨物・燃料輸送艦(AK/AOT)
  • 弾島(Dan-Dao)型 ×14隻
201、北運455、北運484、北運485、北運529、北冷599、
東運758、東運759、東運791、
南運802、南運803、南運841、南運844、南運855
  • 弾林(Dan-Lin)型 ×9隻
北運531、北運591、北運592、北運594、
東運794、
南運827、南運834、南運835、南運975
燃料輸送艦(AOT)
  • 金油(Jin-You)型 ×3隻
東油622、東油625、東油675
  • 勝利(Sheng-Li)型 ×2隻
東油620、東油621
  • 福林(Fu-Lin)型 ×19隻
北油400、北油561、北油562、北油566、北油572、北油581、
東油632-東油635、東油638、東油639、東油642、東油650、
南油941、南油961、南油962、南油966、南油969、南油970
小型燃料輸送艦(AOL)
  • 玉林(Yu-Lin)型 ×4隻
東油648、東油649、南油964、南油965
  • 576級×6隻
北油576、東油633、東油636、南油958、南油963、南油976
  • 565級×7隻
北油565、東油631、東油633、東油641、南油957、南油959、南油973
燃料・真水輸送艦(AOT/AWT)
  • 福州(Fu-Zhou)型 ×18隻
北水555、北水557、北水560、北水563、北水570、北水573、
東水606、東水607、東水628、東水629、東水643、東水644、
南水913、南水920、南水932、南水937、南水938、南水940
小型燃料・真水輸送艦(AOTL/AWTL)
  • 広州(Guang-Zhou)型 ×6隻
北水571、北水590、北水593、
東水624、東水645、南水954

潜水艦支援艦艇[編集]

潜水艦救難艦(ASR)
  • 926型、大老(Da-Lao)型 ×3隻
海洋島(864 Hai-Yang-Dao、2010年)、長島(867 Chang-Dao、2013年)、 ?(??? ?、2013年)
  • 925型、大江(Da-Jiang)型×3隻
長興島(861 Chang-Xing-Dao)、崇明島(862 Chong-Ming-Dao)、永興島(863 Yong-Xing-Dao)
潜水艦母艦(ASL)
  • 648型×1隻
東修911
  • 922II/III型、大浪(Da-Lang)型×4隻
北救122、北救138、東救332、南救510
  • 946型、大州(Da-Zhou)型×2隻
南救502、北救137

救難艦[編集]

救難艦(ARS)
  • 946A型、大東(Da-Dong)型×1隻
東救304
  • ロスラヴァル型×1隻

調査艦艇[編集]

ミサイル追跡・情報収集艦(AGM/AGI)
北極星(851 Bei-Ji-Xing、2000年)、天王星(853 Tian-Wang-Xing、2010年)
情報収集艦(AGI)
  • 814A型、大諜型(Da-Die)×1隻
北調900(900 Bei-Diao、1986年)
測量艦(AGS)
  • 636A型、シューパン(Shu-Pang)型 ×3隻
李四光(871 Li-Si-Guang)、竺可楨(872 Zhu-Ke-Zhen)、錢三強(875 Qian-San-Qiang)
  • 813型 ×1隻
啓明星(852 Qi-Ming-Xing)
  • 635-II型、甘竹(Gan-Zhu)型 ×1隻
南測420
  • 635型、延来(Yen-Lai)型 ×5隻
東測226、東測227、南測420、南測427、北測943
海洋観測艦(AGOR)
  • カン(Kan)型 ×2隻
101、102
海洋観測・試験艦(AGOR/AGE)
  • 909型、大華(Da-Hua)型 ×3隻
畢昇(891 Bi-Sheng、1997年)、華羅庚(892 Hua-Luo-Geng、2006年)、チー・アンラオ(893 Qi-An-Lao、2011年進水)
ヘリコプター搭載ミサイル追跡艦(AGMH)
遠望3(Yuan-Wang 3)
遠望5(Yuan-Wang 5)、遠望6(Yuan-Wang 6)

砕氷艦[編集]

砕氷・情報収集艦(AGB/AGI)
海氷723
  • 延哈(Yan-Ha)型 ×2隻
海氷721、海氷722

練習艦[編集]

練習フリゲート(FFGH/FFG)
  • 江滬4型×1隻
旅順(544 Lu-Shun、1986年)
  • 江滬1型×1隻
南平(517 Nan-Ping、1976年)
士官学校生練習艦(AXT)
  • 795型、大新(Da-Xin)型 ×1隻
鄭和(81 Zheng-He、1987年)
航空練習艦(AXT)
  • 世昌級×1隻
世昌(82 Shi-Chang、1997年)

病院船[編集]

病院船(AH)
  • 920型、安衛(An-Wei)型 ×1隻
岱山島(866 Dai-Shan-Dao、2008年)
南医832、南医09
  • 北医01級、安康(An-Kang)型 ×5隻
北医01、南医10、南医11、東医12、東医13

曳船[編集]

艦隊航洋曳船(ATF)
  • 島閘(Dao-Zha)型 ×1隻
  • 拖中(Tu-Zhong)型 ×3隻
南拖154、北拖710、東拖830
  • 滬救(Hu-Jiu)型×19隻
南拖147、南拖155、南拖156、南拖164、南拖174、南拖175、南拖185、
北拖622、北拖635、北拖711、北拖712、北拖717、北拖764、
東拖836、東拖837、東拖842、東拖843、東拖875、東拖877
  • グロモヴォイ型×16隻
南拖149、南拖153、南拖157、南拖161-南拖163、南拖166、
北拖615、北拖651、北拖680、北拖683、北拖684、
東拖802、東拖811、東拖824、東拖827
補助航洋曳船(ATA)
  • 拖強(Tu-Qiang)型 ×4隻
南拖181、南拖182、南拖189、北拖721
  • ロスラヴァル型×17隻
南拖167、南拖168、
北拖604、北拖613、北拖618、北拖630、北拖631、北拖646、北拖704、北拖707、北拖716、
東拖852-東拖854、東拖861-東拖863、東拖867

その他の補助艦[編集]

消磁艦(ADG)
  • 延排(Yen-Pai)型 ×11隻
南勤202、南勤203、南勤205、
北勤735、北勤736、北勤745、北勤746、
東勤860、東勤863、東勤864、東勤870
設標艦(ABU)
  • 延南(Yan-Nan)型 ×9隻
124、263、463、982、983、B21、B22、B24、B25
電纜敷設艦(ARC)
  • 991型、游電(You-Dian)型 ×8隻
233、234、764、765、868、873、874、882
魚雷揚収艦(YPT)
  • 大丑(Da-Chou)型 ×1隻
846 - 2006年

航空機一覧[編集]

2013年5月現在[3]

固定翼機
回転翼機

脚注[編集]

  1. ^ 英語では「 People's Liberation Army Navy」と表記され、「PLAN」もしくは「PLA Navy」と略号される。
  2. ^ IISS,The Military Balance 2013, Routledge, 2013, p. 289 -
  3. ^ a b c d Stephen Saunders,Jane's Fighting Ships 2013-2014, Janes Information Group, 2013, p. 127 -
  4. ^ 第一列島線中国人民解放軍#太平洋分割管理構想参照
  5. ^ a b [1]中華人民共和国中央人民政府HP「海島保護法」
  6. ^ 「核武制美—朱成虎不是第一位」『博訊』2005年7月17日
  7. ^ a b c d [2]魚拓前田宏子「中国における国益論争と核心的利益」PHP Policy Review,2012.2.2.Vol.6-No.48
  8. ^ 2010年4月30日付けの読売新聞朝刊より(一部引用)
  9. ^ 「中国、新たに東シナ海も「核心的利益」 香港紙報道」朝日新聞 2010年10月2日。[3]
  10. ^ 共同通信. 2011年3月2日. 尖閣諸島問題参照
  11. ^ 尖閣諸島問題参照
  12. ^ 尖閣諸島問題参照
  13. ^ 中国海軍艦隊が釣魚島海域に初進入 - チャイナネット(2012年10月21日)
  14. ^ [4]日本経済新聞「南シナ海も核心的利益 中国国家海洋局長」 2012/10/26
  15. ^ 尖閣諸島問題参照
  16. ^ a b c [5]「習総書記「戦えば必ず勝利せよ」=威嚇能力向上指示、尖閣けん制か-中国」時事ドットコム2013,2.7.
  17. ^ a b 中国海軍艦艇の動向について - 防衛省(2013年2月5日)
  18. ^ レーダー照射は尖閣沖100キロの公海上 - NHKニュースWEB(2013年2月6日)
  19. ^ 2013年1月30日に中国国営通信社新華社報道
  20. ^ 演習出港の中国軍艦、宮古海峡を通過予定 日本へ示威行為 - MSN産経ニュース(2013年1月30日)
  21. ^ a b [6]産経新聞2013.2.6.「事実上の「攻撃予告」
  22. ^ [7]「中国艦が海自護衛艦に射撃レーダー照射」産経新聞2013.2.5.
  23. ^ [8]「「偶発的な事件や誤算高める」米報道官が懸念」産経新聞2013.2.6
  24. ^ 射撃管制装置参照
  25. ^ 富坂聰週刊文春』2013年2月21号、pp28-9
  26. ^ 日本での表記。
  27. ^ 簡体字による表記。
  28. ^ 日本での表記。
  29. ^ 簡体字による表記。
  30. ^ 英名をPeople's Liberation Army Marine Corpsと称する
  31. ^ PT-76を元に開発された水陸両用戦車
  32. ^ ZBD-2000
  33. ^ 水陸両用戦車に至っては、1995年から約十年の間に三車種も変わっている(63式→63A式→ZBD-2000)
  34. ^ [9]
  35. ^ [10]2008年03月27日「中国海军陆战队炼狱式体能训练创多项世界之最」
  36. ^ a b c d e 2013年度,中国軍事力・防衛発展報告書アメリカ国防総省2013年5月
  37. ^ a b c d 中国の特色ある現代的海軍アメリカ海軍情報局2009年8月
  38. ^ a b c d e f g h i 小林正男「特集・中国海軍 潜水艦部隊の実力と今後」『世界の艦船』774号、2013年3月。
  39. ^ New Chinese SSBN Deploys to Hainan Island」 FAS Strategic Security Blog, April 24, 2008
  40. ^ 3M-54Klub,SS-N-27全米科学者連盟(FAS)Web site,2013年5月12日閲覧
  41. ^ 田岡俊次.2007.『北朝鮮・中国はどれだけ恐いか』朝日新聞社. ISBN:4022731362
  42. ^ ポルトフ,アンドレイ V.「元ロシア空母「ワリヤーグ」が中国空母に!?」『世界の艦船』2006年3月号(通巻第655集)、148-153頁
  43. ^ 宇垣大成「中国初の空母となるか!? 旧ソ連未成空母『ワリヤーグ』の去就」『世界の艦船』2006年5月号(通巻第658集)、100-103頁
  44. ^ 朝日新聞「中国の訓練用空母、主要部分が完成 旧ソ連艦を改修」(2009年5月1日/峯村健司)
  45. ^ 朝日新聞(2008年12月30日1面)
  46. ^ J-15はJ-11Bの機体構造と脚を強化し、テイルコーンを短縮化し、カナードとアレスティングフックと主翼および水平尾翼の折りたたみ機構を備え、艦上戦闘機化した機体と言える。また機体はレーダー波吸収塗料を塗装しステルス性を高め、複合材を多用して軽量化し、その分を兵装搭載量や燃料の増加にあて、IRST・国産のレーダー・電子機器・マルチファンクションディスプレイ・3軸安定式4重デジタルフライ・バイ・ワイヤを搭載し、オリジナルのSu-33より多くの面で優れているとされる。エンジンはロシアのAL-31Fか、AL-31Fと同クラスの国産エンジンWS-10A英語版(太行)もしくはその推力強化型であるFWS-10Hとされる。
  47. ^ Su-27SKのライセンス生産機
  48. ^ 日本国周辺の軍事 中国海軍
  49. ^ a b c d e f g h i j この分類名は、あくまで『ジェーン海軍年鑑』で便宜のために定義されたものであり、必ずしも普遍性を持つものではない。艦種の定義は各国海軍により様々で異なる。ジェーン海軍年鑑では20マイル以下の近接対空ミサイルを搭載していれば(M)を、20マイル以上の対空ミサイル、対艦ミサイル、対潜ミサイルの内のいずれか1種類以上搭載していれば(G)の記号を与えてる。またヘリコプターを搭載するもの、または着艦スペースのあるものは(H)の記号を与えている。最高速力35ノット以上の艦艇は(F)の記号を与えている。
  50. ^ Details emerge on Chinese 'Type 032' submarine」IHS Jane's 360, 23 July 2013
  51. ^ 052D型は2014年2月初頭現在建造中の艦である。建造中あるいは計画されている隻数については情報源により異なる。アメリカ合衆国国防省の公式報告書『Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2013』では建造中の隻数には触れず、最終的に12隻以上が建造される見込みであるとしている。『ジェーン海軍年鑑2013-2014版』では建造中と計画を合わせ10隻になるであろうと分析している。雑誌『世界の艦船2013年12月号』では、執筆の時点で4隻が建造中であることを短く伝えている。中国で発行されている雑誌『艦船知識2014年2月号19頁』でも、2013年の中国海軍の新造艦艇を総括した記事で4隻が艤装あるいは公試中であると伝えている。本覧では建造中の隻数は『世界の艦船』及び『艦船知識』を、計画隻数は『ジェーン海軍年鑑』を採用する。
  52. ^ 我海军首艘052D型驱逐舰昆明舰正式服役(图)_中国军网、2014年3月23日閲覧
  53. ^ 052C型の計画総建造数はアメリカ合衆国国防省の公式報告書『Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2013』と『ジェーン海軍年鑑2013-2014版』では6隻と変わらない。『艦船知識2014年2月号21頁』の記事で2013年中に計2隻が就役したとされているので、就役済隻数はこれを引用する。
  54. ^ 西宁舰告别蓝色海疆_中国军网、2014年3月21日閲覧
  55. ^ 海军航空工程学院132舰接收仪式在烟台港举行_胶东在线、2014年3月21日閲覧
  56. ^ 054A型の計画総建造数はアメリカ合衆国国防省の公式報告書『Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2013』では18隻以上、『ジェーン海軍年鑑2013-2014版』では20隻と異なる。『艦船知識2014年2月号21頁』の記事で2013年中に計3隻が就役したとされているので、就役済隻数はこれを引用する。計画総建造数は『ジェーン海軍年鑑2013-2014版』のデータを保持する。
  57. ^ 国产第二代导弹护卫舰黄石舰芜湖舰退役[组图_新华军网]、2014年3月21日閲覧
  58. ^ 淮安舰光荣退役 以周恩来总理家乡命名的导弹护卫舰_中国江苏网、2014年3月21日閲覧
  59. ^ 中国海军镇江舰退役 图解第一代导弹护卫舰_新华军网、2014年3月21日閲覧
  60. ^ 吉安舰入列海军东海舰队_新华网、2014年3月21日閲覧
  61. ^ 056型の計画総建造数はアメリカ合衆国国防省の公式報告書『Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2013』では20隻から30隻、『ジェーン海軍年鑑2013-2014版』では30隻と異なる。『艦船知識2014年2月号21頁』の記事で2013年中に計8隻が就役し、『艦船知識2014年3月号4頁』の記事で艦番号586のコルベット「吉安」が2014年1月8日東海艦隊に就役したとしているので、就役済隻数はこれらを引用する。計画総建造数は『ジェーン海軍年鑑2013-2014版』のデータを保持する。
  62. ^ 海军新型护卫舰“揭阳舰”正式入列人民海军战斗序列_中国军网、2014年3月21日閲覧
  63. ^ 新型护卫舰威海舰加入海军战斗序列_中国军网、2014年3月21日閲覧
  64. ^ 海军某新型扫雷舰鹤山舰入列南海舰队某扫雷舰大队_中国军网、2014年3月21日閲覧
  65. ^ 海军新型扫雷舰“青州舰”正式入列人民海军战斗序列_中国军网、2014年3月21日閲覧
  66. ^ 903型は『艦船知識2014年2月号20頁』の記事で2013年中に計2隻が就役したとされているので、就役済隻数はこれを引用する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]