福池型補給艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福池型補給艦
887 Nanhai Fleet PLAN.jpg
基本情報
種別 補給艦
建造期間 2002年 - 2005年
就役期間 2004年 - 就役中
前級 福清型補給艦英語版
要目
満載排水量 23,000 t
全長 178.5 m
全幅 24.8 m
吃水 8.7 m
主機関 SEMT ピルスティク16PC2-6 V400
ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 24,000馬力
速力 20ノット
航続距離 10,000海里 (15kt巡航時)
乗員 130名
兵装 76F式37mm連装機関砲×4基
搭載機 Z-8ヘリコプター×1機
レーダー 354型 対空対水上捜索用
テンプレートを表示

福池型補給艦(フーチーきゅうほきゅうかん、英語: Fuchi class replenishment oilers)は中国人民解放軍海軍補給艦の艦級に対して付与されたNATOコードネーム。人民解放軍海軍での名称は903型総合補給艦903型综合补给舰[1]

概要[編集]

設計にあたり、タイ王国海軍向けに建造された補給艦「シミラン」をタイプシップとしていると言われていることから船体サイズ及び外観は類似しているが、補給装置の形状及び配置は大きく異なっており、補給物資搭載位置等艦内配置も変更されているものと推測される。

補給物資の搭載量は、燃料10,500トン、清水250トン、ドライカーゴ680トン。2組ある洋上補給ステーションは前方が燃料用、後方がドライカーゴ用で、燃料用には1基につき2箇所の給油ステーションが設けられている。補給の指揮管制所は片舷3箇所、計6箇所設けられている。

補給能力は、福清型補給艦英語版と比較し、燃料・清水で3倍、ドライカーゴで4倍となり、補給装置の近代化もあり、総合的な補給能力は大幅に向上したと見られている。

また、福清型補給艦には無かったヘリコプター格納庫が設けられ、縦引き・横引き・搭載ヘリコプターを利用したヴァートレップ輸送の3種類の補給手段を装備することになった。

ドライカーゴ用の補給ポストは装備されているが、重量物用ではないと見られ、ミサイルや砲弾などの重量物はクレーンを用いて行う。福池型は、中国国産補給艦では初めて弾薬等の洋上受け渡しが可能となった。ただし、クレーンによる受け渡しは受給ポストを用いる方式に比べ補給艦と受給艦が接近する必要があり、荒天時の重量物の補給には制約が伴うと見られる。

設計上ダメージコントロールに対しても配慮が為されており、艦内の配線系統、防火隔壁、通排気系統などの設計では、多くの新機軸が導入されたと見られている。従来、甲板に露出して設置されていた燃料補給用配管の大部分を艦内に格納する事で、安全性と作業効率の向上が図られている。

船体は中国海軍の補給艦としては初めて二重船殻構造とし、浸水時の抗堪性と燃料漏れに対する配慮がなされ、船体幅が増加したことで、安定性も向上し、荒天時の洋上補給能力が改善されている。ただし、補給装置は受給側と連動するもので、中国艦艇には受給設備があまり重視されていない。新型の駆逐艦フリゲートにおいても、給油に関し、プローブ・レシーバーの類が見当たらない。ドライカーゴについても受給ポストは装備されているが、重量物用ではない。長期間の継戦能力に結びつく洋上補給能力の向上は、補給を受ける側の装備にも左右され、今後の中国海軍の課題と見られている。

また、充実した医療施設を保有しており、手術室、レントゲン撮影室、病室、隔離病室などを備えており、他の随伴艦で手術や治療を必要とする傷病者が発生した場合、ヘリコプターで迅速に搬送し処置を行う事が可能である。加えて、工作艦としての能力も備えており、必要に応じて修理工作任務に当たる。

兵装として艦橋前及びヘリコプター格納庫上に76式F型63口径37mm連装機関砲各2基、合計4基を装備している。タイプシップのシミランと同様の設置位置だが、同艦では設置スペースのみで装備されないままとなっているのに対し、本型では新造時より搭載されている。

現在の所、福池型の建造は4隻に留まっているが、設計は成功したと見られているようで、同型をタイプシップとして派生型の撫仙湖級輸送艦920型病院船英語版が建造されている。

2008年末より開始したソマリア沖海賊対策に福池型が交代で派遣されており、派遣艦の補給任務に従事している。

同型艦[編集]

# 艦名 進水 就役 配属
886 千島湖
Qiandaohu
2003年
3月22日
2005年
4月30日
東海艦隊
887 微山湖
Weishanhu
2003年
6月
2005年
4月30日
南海艦隊
889 太湖
Taihu
2012年
3月22日
2013年
6月18日
北海艦隊
890 巢湖
Chaohu
2012年
5月7日
2013年
9月12日
東海艦隊
    2014年
5月30日
 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

同時期の諸外国海軍の補給艦

外部リンク[編集]