039A型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
039A型潜水艦 (元型)
Yuan (Type 039A) Class Attack Submarine.JPG
基本情報
種別 攻撃型潜水艦
運用者  中国人民解放軍海軍
就役期間 2006年 - 現在
前級 039型 (宋型)
次級 最新
要目
排水量 水上2,000トン / 水中2,400トン
全長 72.0 m
全幅 8.4 m
吃水 5.5 m
機関 ディーゼル・スターリング・エレクトリック方式
・陜西-MTU 16V396 SE83/84
 ディーゼル発電機×4基
スターリング発電機
電動機×1基
推進器 スクリュープロペラ×1軸
出力 6,092馬力
速力 浮上時16ノット / 潜没時23ノット
乗員 58名
兵装 533mm魚雷発射管×6門
(魚雷機雷USM運用可能)
テンプレートを表示

039A型潜水艦中国語: 039A型潛艇)は、中国人民解放軍海軍の運用する攻撃型潜水艦の艦級。NATOコードネーム元型: Yuan-class)。なお艦型番号は041型ともいわれている[1][2]

設計[編集]

セイル部分は039型(宋型)に類似しているが、全体的には、ロシアから輸入していたキロ型の影響が指摘されている。船型は両型と同じ、涙滴型船型・1軸推進方式が踏襲された。推進器も同じく7翼のスキュード・プロペラといわれている[3]。構造様式は完全複殻式とされており、最大潜航深度は039型と同じく300メートルといわれている[1]

本型の最大の特徴が、非大気依存推進(AIP)機関であり、これはスターリングエンジンを用いたものと言われている[1]。人民解放軍海軍は1980年代よりAIPについての予備研究に着手したとされる。およそ15年の検討において、燃料電池は安全性と技術的困難、クローズド・サイクル・ディーゼル(CCD)は水中放射雑音の面から不適とされ、最終的にスターリングエンジンが選定された。1991年より、第711研究所はスターリングエンジンの研究を開始しており、1998年には理論モデル(出力75キロワット)を作成、2002年には試作機を完成させた。そして2万時間もの試験運転を経て、2004年に本型に搭載されたとされている。なお本型の搭載機については、ジェーン海軍年鑑では、確実性に疑問符をつけつつ、出力75キロワットの機関を2基搭載しているものと推測しているが、これは本型よりも一回り小型のスウェーデン海軍ゴトランド級(A-19型)と同程度の出力となる[4]

なお、AIPに頼らない通常のディーゼル・エレクトリック方式での航走の際に用いる発電機の原動機としては、039型と同様に、MTU 396 SE84シリーズのディーゼルエンジンが搭載されていると見られている。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、2012年末までにドイツMTUフリードリヒスハーフェン社から56基の潜水艦用ディーゼルエンジンが輸出されたとされている。またMTUディーゼルのライセンス生産も行われている[4]

装備[編集]

ソナーは、艦首のアクティブ/パッシブ両用アレイと、艦側面に貼り付けられたパッシブ・アレイによって構成されており、曳航アレイは備えていないものと見られている[4]

標準的な533mm魚雷発射管を、上に2本、下側に4本と上下に並べて装備している。ここからは、YJ-82潜水艦発射対艦ミサイル(USM)と魚雷、機雷を運用できる[1][4]

同型艦[編集]

建造は、基本的には武漢市の武昌造船廠で行われているが、338号艦および341号艦のみ上海市の江南造船廠で建造されている[2]

# 進水 就役 配属
330 2004年5月31日 2006年 東海艦隊
331 2007年8月31日 2008年
332 2007年11月 2009年
333 2008年 2010年
334 2010年 2011年
335
336
337 2011年 2012年
338 n/a
339 n/a 東海艦隊
340 北海艦隊
341

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 111-112. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ a b 「写真特集 今日の中国軍艦」、『世界の艦船』第816号、海人社、2015年5月、 25頁、 NAID 40020406561
  3. ^ 「潜水艦 (特集・中国海軍の新型艦艇) -- (注目の中国新型艦艇)」、『世界の艦船』第686号、海人社、2008年2月、 84-87頁、 NAID 40015771004
  4. ^ a b c d 小林正男「潜水艦「元」型 (特集 中国の現代軍艦)」、『世界の艦船』第799号、海人社、2014年6月、 86-87頁、 NAID 40020064125

外部リンク[編集]