HQ-9 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
HQ-9

HQ-9(紅旗9、红旗9)は、中国が開発した新世代アクティブレーダーホーミング長距離地対空ミサイル防空导弹防空導彈)である。輸出名、FT-2000

ロシアS-300PSにおいて使用された5V55 シリーズのミサイルを基として1980年代に開発が開始され、1990年代に完成した。誘導システムの開発には一部アメリカパトリオットミサイルの技術が取り込まれているとされる。

また、艦船発射型のHHQ-9A(海紅旗9A、海红旗9A)も開発され、現在蘭州級駆逐艦などに装備されているが、性能は陸上発射型とほぼ同じである。

仕様[編集]

  • 全長:6.8m
  • 発射重量:1,300kg
  • 実用高度:25-30,000m
  • 射程距離:6-120km
  • 速度:M6
  • 誘導方式:指令更新付慣性+セミアクティブTVM誘導(HHQ-9A)+アクティブ・レーダー・ホーミング(終末)

外部リンク[編集]