JL-1 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Julang-1 (JL-1), NATO : CSS-N-3
JL-1 and JL-2.PNG
JL-1及びJL-2.
種類 SLBM
原開発国 中華人民共和国の旗 中国
運用史
配備先  中国人民解放軍海軍
開発史
開発者 黄纬禄
開発期間 1970年代
製造業者 307工場 (南京晨光集团有限责任公司)
製造期間 1980年代
諸元
全長 10.7メートル (35 ft)
全幅 1.4メートル (4.6 ft)

弾頭 核弾頭
エネルギー出力 200-300 kt?

推進薬 固体燃料
行動距離 1,700 km (JL-1), 2,500 km (JL-1A)
発射
プラットフォーム
092型原子力潜水艦

JL-1(Julang-1,巨浪1号)は中華人民共和国が開発した潜水艦発射弾道ミサイルアメリカ国防総省のコードネームとしてCSS-N-3が付けられている。1970年代末より本格開発が開始された。JL-1の陸上発射型がDF-21 東風21である。

概要[編集]

中華人民共和国は、1964年に核実験に成功し、それとともに核兵器運搬手段である弾道ミサイルの開発にも取り組むようになった。1970年代にはDF-3DF-4など液体燃料ロケットを用いた弾道ミサイルの配備にこぎ着けている。それらの後継として、より即応性に優れた固体燃料ロケットを用いた弾道ミサイルとして、JL-1/DF-21の開発が開始された。

JL-1/DF-21の検討は1967年から行われていたが、本格開発を開始したのは1970年代末である。最初の陸上からの試射は1982年4月30日に行われた。同年10月12日には水中の031型通常動力弾道ミサイル潜水艦からの試射に成功している。このミサイルの総設計者は黄纬禄(1916-)と副設計主任を務めた中国工程院会員の陈德仁(1922 - 2007年12月21日)である。ミサイルは南京晨光集团有限责任公司(307工場)で組み立てられた。1986年に092型原子力潜水艦(夏級)艦番号406に配備された。

JL-1は二段式固体燃料ロケットであり、単弾頭のミサイルである。射程は1,700km前後と中程度のものとなっている。そのため、事実上、射程内にあるのは中華人民共和国近隣諸国のみである。

JL-1は092型原子力潜水艦(夏級)に12基搭載されている。夏級における運用は決して順調なものではなく、夏級からの試射に成功したのは就役後数年を得た1988年のことである。1990年代には射程延長型のJL-1Aが開発されている。

JL-1は当初、改造された031型通常動力弾道ミサイル潜水艦「長城200号」に配備された。その後、再び改造されてJL-2のような他のミサイルの試験に使用され複数回発射試験に成功した。

要目[編集]

  • 全長:10.7m
  • 胴体直径:1.4m
  • 重量:14.7t
  • 弾頭重量:600kg
  • 射程:1,700km(JL-1)、2,500km(JL-1A)

関連項目[編集]

出典[編集]

  • Norris, Robert, Burrows, Andrew, Fieldhouse , Richard "Nuclear Weapons Databook, Volume V, British, French and Chinese Nuclear Weapons, San Francisco, Westview Press, 1994, ISBN 0-8133-1612-X
  • Lewis, John Wilson and Xue Litai, "China's Strategic Seapower: The Politics of Force Modernization in the Nuclear Age," Stanford, 1994.

外部リンク[編集]