DF-4 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DF-4/CSS-3
種類 ICBM
運用史
配備期間 1975-1976年[1][2]
配備先 中華人民共和国の旗 中国
開発史
製造業者 211工場 (Capital Astronautics Co.)
値段  ?
諸元
重量 82,000 kg
全長 28.05 m
弾体直径 2.24 m

弾頭 1機,[1] または3機 (DF-4A)[6][7]
エネルギー出力 3.3 Mt[1]

エンジン 液体燃料
搭載容量 3300 kt
行動距離 5,500 km[1]-7,000 km[3][4][5]
速度  ?
誘導方式 慣性誘導恒星天測航法
DF-4の射程

DF-4: 東風-4Dong-Feng-4)は、中華人民共和国が開発した核弾頭が搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)。中国人民解放軍第二砲兵部隊にて運用されている。アメリカ国防総省コードはCSS-3。

中華人民共和国は1960年代よりICBMの開発を行なっていたが、実用化は遅れていた。DF-4は1965年頃[8]より開発が開始された。1975年か1976年頃より配備が開始されたが、1984年時点においても配備は8基に過ぎなかったと推測されている[9]。一部のミサイルは横穴式の洞窟サイロに配備されており、横穴から引き出し立ち上げ後に発射する方式となっている。

DF-4の射程は5,400km以上で、ペイロードは2,190kg。ソ連全域のほか、グアムアラスカ州が射程内に入る。液体燃料ロケットであり、DF-3に二段目を加えたものである。固定式発射台より打ち上げられる。DF-31への更新が進められ、2000年代の配備数は20発以下と推測されている[10]

要目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d The Federation of American Scientists & The Natural Resources Defense Council Chinese Nuclear Forces and U.S. Nuclear War Planning p. 202 [1]
  2. ^ PRC Defense Policy and Armed Forces, National Intelligence Estimate 13-76, November 11, 1976, p. 47.
  3. ^ http://www.cdi.org/issues/nukef&f/database/chnukes.html#df4
  4. ^ http://www.fas.org/nuke/guide/china/theater/df-4.htm
  5. ^ http://www.globalsecurity.org/wmd/world/china/df-4.htm
  6. ^ http://www.5school.com/wap.aspx?nid=12900&p=2&cid=100&sp=87
  7. ^ http://csatm.cn/f0309110006.html
  8. ^ U.S. Department of Defense, Office of the Secretary of Defense, The Military Power of the People’s Republic of China, 2005, 2005, p. 28
  9. ^ The Federation of American Scientists & The Natural Resources Defense Council Chinese Nuclear Forces and U.S. Nuclear War Planning p. 36 [2]
  10. ^ China Military Power Report 2009
  11. ^ 中国人民解放軍第2砲兵部隊と対艦弾道ミサイルの脅威度 野木恵一 軍事研究2010年11月号 p68-78
  12. ^ The Federation of American Scientists & The Natural Resources Defense Council Chinese Nuclear Forces and U.S. Nuclear War Planning p. 202 [3]

外部リンク[編集]