DF-21 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DF-21/CSS-5 Mod 1
DF-21A TEL - Chinese Military Museum Beijing.jpg
中国人民革命軍事博物館に展示されているDF-21Aと移動式発射装置
種類 MRBM/IRBM
原開発国 中華人民共和国の旗 中国
運用史
配備期間 1991年
配備先 第二砲兵部隊
開発史
製造業者 多分第4アカデミー?
値段  ?
諸元
重量 14,700キログラム (32,000 lb)
全長 10.7メートル (35 ft)
翼幅  ?
弾体直径 1.4メートル (4.6 ft)

弾頭 1, or 5-6 (増強型)[5] 200-300-500 KT[6]

エンジン 固体燃料
行動距離 2,150キロメートル (1,340 mi) (DF-21)[2]
2,700キロメートル (1,700 mi) (DF-21A)
1,700キロメートル (1,100 mi) (DF-21C)
3,000キロメートル (1,900 mi) (DF-21D ASBM)[3]
射高  ?
速度 マッハ10[1]
誘導方式 慣性誘導 + レーダー終末誘導 [4]
発射
プラットフォーム
移動式発射台または地下サイロ

DF-21: 東風-21Dong-Feng-21、アメリカ国防総省コード:CSS-5)は、中華人民共和国が開発した核弾頭搭載可能な準中距離弾道ミサイル (MRBM)。中国人民解放軍第二砲兵部隊にて運用されている。

概要[編集]

1979年頃よりJL-1潜水艦発射弾道ミサイル(巨浪-1)の本格開発が開始された。DF-21はJL-1の地上配備型である。 1985年頃に開発完了したが、配備が確認されたのは1990年代に入ってからである[7]。2000年代の配備数は60-80発、発射基数は70-90基と推測されている[8]1990年代中期に、射程と命中精度を高めた改良型のDF-21Aが開発されている。吉林省[9]遼寧省江西省安徽省雲南省青海省など[10]に配備されている。ミサイルはミサイルサイロのほか、TEL車両に搭載され道路移動方式でも配備されている。2000年代に入り、通常弾頭型のDF-21Cも開発中とされる[11]

また、派生型・DF-21Dとして対艦ミサイルに分類される対艦弾道ミサイル(ASBM)が開発中である。これは台湾有事の際におけるアメリカ軍などの介入を防ぐための接近阻止・領域拒否能力獲得の一環である。射程約1,500kmで西太平洋における航空母艦が攻撃対象になる可能性があるとアメリカ国防総省では推測している[12]

仕様[編集]

赤がDF-21の射程範囲
  • 射程 = 1,750 km以上[8]。DF-21A = 2,150 km以上[11]
  • 弾頭 = 500kT核弾頭1個
  • エンジン = 二段式固体燃料ロケット
  • 誘導システム = 慣性 + ターミナルレーダー誘導
  • CEP = 300-400m
  • 全長 = 10.7 m
  • 直径 = 1.4 m
  • 重量 = 14,700kg
  • ペイロード = 600 kg
  • 発射準備期間 = 10-15分

参照[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]