R-73 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
R-73/AA-11 Archer
Sukhoi Su-27 2008 G6.jpg
種類 短距離空対空ミサイル
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ロシアの旗 ロシア
設計 ヴィーンペル科学製造連合
製造 KTRVロシア語版
性能諸元
ミサイル直径 170mm
ミサイル全長 2,900mm
ミサイル全幅 510mm
ミサイル重量 105kg
弾頭 HE破片効果(7.4kg)
射程 20km(R-73E)
30km(R-73M1)
40km(R-73M2)
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線ホーミング(IRH; R-73E/M1)
赤外線画像(IIR; R-73M2)
飛翔速度 マッハ2.5
テンプレートを表示

R-73ロシア語: Р-73エール・スィェーミヂスャト・トリー)は、ソビエト連邦機械設計局「ヴィーンペル」(現NPO ヴィーンペル)で開発された短距離空対空ミサイルである。現ロシア連邦における最も先進的な短距離ミサイルであり、現在の空中戦において最も有効な武器の一つだと考えられている。北大西洋条約機構(NATO)で用いられたNATOコードネームでは、AA-11「アーチャー」(Archer)と呼ばれた。

開発[編集]

R-73は、ソ連戦闘機に装備される短距離用ミサイルとして、前任のR-60(AA-8 エイフィド)を代替するために1973年に開発が始められ、1985年に最初のミサイルが就役した。

R-73は、前任のR-60と同様に赤外線ホーミング方式を採用しているが、シーカーの冷却方式は、ペルティエ素子による熱電効果を利用したものから、窒素によるジュール=トムソン効果を利用したものに変更された。搭載されるMk.80シーカーは、赤外線センサーアンチモンインジウム(InSb)素子を採用することで中赤外(MWIR)帯域に対応し、全方位交戦能力を実現している。また、視野角は中心線±45度とされたほか、機体側の赤外線捜索追跡システム(IRST)やヘッドマウントディスプレイ(HMD)とリンクすることが可能となっており、これによって実現されるオフボアサイト射撃能力は、非常に先進的なものであった。R-73はまた、極めて高い機動性を有することでも知られている。これは推力偏向制御(TVC)能力の導入によるもので、これにより、ミサイルは12Gの加速度で機動できる。

これらの特性から、R-73の性能は、同時期に西側諸国で使用されていた第3世代サイドワインダーに優越するものと信じられている。これはAIM-132 ASRAAMIRIS-TAIM-9Xのようなサイドワインダーの後継者の開発を促すことになった。

1994年より、R-73はR-73M2(R-74EMとも)に改良され、1997年に就役した。R-74EMは、AIM-9Xなどと同様のフォーカル・プレーン・アレー(FPA)型赤外線センサーを導入することで赤外線画像(IIR)誘導方式とされたほか、より長い射程、より広いシーカーアングル(60度)を持ち、IRCCM能力も強化されている。

R-73はMiG-23後期型、MiG-29Su-27Su-32Su-35に使われているが、改修を施したMiG-21Su-24Su-25中国J-10でもこれを運用することができる。また、Mi-24Mi-28Ka-50のような攻撃ヘリコプターにも装備可能である。

中国はロシア連邦から購入しているSu-27、Su-30MKKの武器パッケージの一部としてR-73を入手している。

派生型[編集]

R-73
基本型。
UZR-73
訓練用。推進剤を搭載しない代わりにアクティブシーカーを搭載する。
R-73E
R-73の改良型。飛行状況センサーが4つ追加されたほか、シーカー・推進装置が改良されている。射程20km。
R-73EL
搭載信管をレーザー信管としたR-73Eの輸出型。
R-73M(R-73M1)
R-73Eの改良型。射程30km。
R-73M2(R-74EM)
R-73Mの改良型。シーカーアングルが60度に拡大されたほか、誘導方式が赤外線画像(IIR)方式に変更され、IRCCM能力が向上している。また、燃料搭載量が増やされ射程が40kmに延長された。
R-74
R-73M2の改良型。シーカーアングルが75度に拡大された。
R-74M
従来型ではデータの書き換えや再プログラムを行う際にシーカーをメーカーに送り返さなければならず、非効率であったため、シーカー部のメモリー状況に応じて前線で再プログラム可能なものとした改良型。
9M100
個艦防空用の艦対空ミサイル型。

採用国[編集]

過去の運用国[編集]

画像[編集]

シェーマ
R-73(手前)
R-73E(左端)


脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]