QW-2 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
QW-2
Type 95 SPAAG - Beijing Museum 2.jpg
QW-2を4発装備した95式自走対空機関砲砲塔
種類 携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)
製造国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
性能諸元
ミサイル直径 72mm
ミサイル全長 1.423m
ミサイル重量 11.32kg
弾頭 HE破片効果弾頭(0.57kg)
射程 0.5-5km
射高 30m-4km
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線ホーミング(IRH)
飛翔速度 300m/s
テンプレートを表示

QW-2(前衛-2、前卫二号、QianWei-2、輸出名:Vanguard 2)は、中華人民共和国携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)(簡体字中国語: 便携式防空导弹)である。

概要[編集]

QW-1に続いて、瀋陽の119工廠で開発された。一般に公開されたのは、1998年ファーンボロー国際航空ショーが最初とされている[1]。これをパキスタンライセンス生産したものが、Anza Mk-3である。また、バングラデシュでもライセンス生産が行われている[2]

シーカーが2波式となっており、フレアなどに対して耐妨害性が高いとさる。また、ロシア9K310 イグラ-1との類似性が指摘されており、同等の性能であるとの推測も存在する[3]

中国人民解放軍陸軍では95式自走対空機関砲の兵装に採用されており、砲塔左右の機関砲架上に連装発射機(合計4発)が装備されている。

各型[編集]

QW-2
携行型。
CQW-2
車載型。

脚注[編集]

  1. ^ SinoDefence
  2. ^ BDMilitary.com
  3. ^ SinoDefence

関連項目[編集]

外部リンク[編集]